ドバイで開催された世界政府サミットで未来の交通について議論

テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)やウーバーのトラビス・カラニック最高経営責任者(CEO)らが講演

H.E. Mohammed Al-Gergawi, Minister of Cabinet Affairs and Future, UAE with Elon Musk at the World Government Summit, Dubai (Photo: ME NewsWire)

???pagination.previous??? ???pagination.next???

アラブ首長国連邦ドバイ--()--(ビジネスワイヤ) -- 特に自動運転車が間もなく登場するという状況で、未来の交通が第5回年次世界政府サミットの2日目の主要テーマの1つになりました。ドバイで開かれたこのサミットには、世界139カ国から4000人のリーダーが参加しました。

テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は無人走行車について、「非常に便利なもの」となる一方で、12~15%の雇用喪失につながると語りました。自動運転車の増産は「非常に急速に大きな変化をもたらす」ため、「私たちはそうした人々のために新しい役割を見つける必要があります。」

それに先立って行われたウーバー共同創業者のトラビス・カラニック最高経営責任者(CEO)との「モビリティーの未来」に関する対話の中で、カラニック氏はわずか5年で道路に自動運転車があふれ、交通渋滞は解消されると予測しました。また、毎年130万人が交通事故で死亡していることにも触れました。「自動運転車が普及すれば交通事故は起こりません。」

カラニック氏は、ウーバーは今後も進化を続けると述べました。「私たちは自動車業界と連携していきます。場所や時間を選ばず、効率的で迅速に安心感を持ちつつ、手頃な料金で完全に民主的に自動車を利用できるようにしたいと考えています。ボタンを押して、行きたいところへ行くのです。」(先月、ウーバーは自動運転車の製造に向けてダイムラーと提携したと発表しました。)

カラニック氏は、野心的な3年間のビジョンについて次のように語りました。「ウーバーはロボット技術企業へと変貌しつつあります。都市での移動が自律的になれば、ロボット技術に関するあらゆる種類の興味深い課題が生まれるでしょう。」

マスク氏は、技術が継続して効率を向上させる中で、各国政府に対して注意を促す発言もしています。将来は「多くの仕事をロボットのほうが上手にこなすようになる」ため、「世界的にベーシックインカム制度」が必要になるでしょう。

マスク氏とのセッションに先立ち、道路交通局のマタール・アル・タイヤ長官は、2017年7月までに人を運ぶドローンを公共交通システムの一部として導入予定であると発表しました。

この日は、気候変動と食糧安全保障も主要テーマとなりました。ブータンの首相は、「毎年、世界の食糧供給の3分の1(2兆6000億米ドル相当)が日常的に廃棄されている」と強調しました。ハヤ妃殿下は、国際的な人道危機や、国連の報告書で今後10年間に5000万人が砂漠化と気候変動により移住を余儀なくされると予測されていることについて語りました。

*配信元:ME NewsWire

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

World Government Summit
Wael Hayatli, +971-55-965-5728
whayatli@apcoworldwide.com

Contacts

World Government Summit
Wael Hayatli, +971-55-965-5728
whayatli@apcoworldwide.com