シェイク・ムハンマドがドバイの未来博物館で「気候変動の再認識」展示をスタート

"AutoFarm", a fully automated robotic urban farm that fills empty parking garages and neighborhood warehouses with food, once self-driving cars make garages obsolete (Photo: ME NewsWire)

???pagination.previous??? ???pagination.next???

アラブ首長国連邦ドバイ--()--(ビジネスワイヤ) -- UAE副大統領兼首相でドバイ首長のシェイク・ムハンマド・ビン・ラシード・アル・マクトゥーム殿下は本日、2017年2月12~14日にドバイで開催される第5回年次世界政府サミットで未来博物館の展示の開始を宣言しました。

この展示では、気候変動の結果への各国の対処法に関する3つのアイデアを提案しています。UAE経済省は、地元で持続可能な食糧源が提供されなければ、食糧の輸入コストは2025年までにGDPの60%(現在の4倍)に達すると予測しています。OECDは、世界の飲料水供給は減少して2030年までに世界需要に対して40%不足するまでになると予測しています。海面上昇により、今世紀末までに2億5000万人以上が移住を余儀なくされ、ほとんどの沿岸都市は居住不可能となる可能性があります。

この未来博物館の展示はユニークな4D体験で、食糧安全保障、水供給、自給自足の都市に関する3つの大胆なコンセプトを提案しています。

1. 「自動農場」 - 自動運転車により駐車場が使われなくなった時に、空いた駐車場や近所の倉庫を食糧で満たす完全に自動化されたロボット都市農場

2. 「淡水クラゲ」 - クラゲの遺伝子とマングローブの根を組み合わせ、主要都市の沖合に生きた巨大な淡水工場を創設

3. 「都市キット」 - バイオ技術とロボット技術を用いて数週間で100%自給自足の都市を建設する「自己建築ビル」ソリューション

UAE副大統領兼首相でドバイ首長のシェイク・ムハンマド・ビン・ラシード・アル・マクトゥーム殿下は、次のように述べています。「私たちは本日の機会を利用して、すべての可能な機会を探索する一方で、私たちの将来ビジョンや気候変動への対処に向けて私たちが提案するソリューションを共有します。未来博物館は、有数の専門家が将来の最も顕著な科学技術動向を特定できる世界的なプラットフォームです。これは未来予測・研究活動のための触媒であり、世界の政府が未来技術とその可能性からメリットを得られるようにする政策と戦略を設定する上で極めて重要な役割を果たしています。」

未来博物館はドバイの常設展示施設で、未来の発明や技術を展示しています。大胆なアイデアや実用的なソリューションを実験する専用の世界的プラットフォームで、実世界の技術革新のインキュベーターとして機能しています。

*配信元:ME NewsWire

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

World Government Summit
Wael Hayatli, +971-55-9655-728
whayatli@apcoworldwide.com

Contacts

World Government Summit
Wael Hayatli, +971-55-9655-728
whayatli@apcoworldwide.com