GSMAが2017年モバイル・ワールド・コングレス基調講演者の初回確定分を発表

AT&T、カスペルスキー、KT、ナイアンティック、ノキア、テレフォニカ、ヴィヴェンディのCEOがMWC基調講演プログラムで講演へ

ロンドン--()--(ビジネスワイヤ) -- GSMAは本日、2017年モバイル・ワールド・コングレスについて、カンファレンス基調講演者の初回確定分や新規のプログラム、イベント、スポンサーなど、最新情報を発表しました。モバイル・ワールド・コングレスはバルセロナのフィラ・グランビアで2017年2月27日から3月2日に開催し、フィラ・モンジュイックでもイベントを行います。

GSMAのマイケル・オハラ最高マーケティング責任者(CMO)は、次のように述べています。「私たちは一貫してモバイル・ワールド・コングレスの発展に傾注し、モバイルが世界中の個人・経済・社会に及ぼす変革的な影響を反映させるようにしています。こうした発展の一環として、私たちは本日発表する新たなWomen4Techプログラムや先月発表したユース・モバイル・フェスティバルなど、特定の参加者のニーズへの対応を向上させるために、狙いを定めたイニシアチブを立ち上げました。私たちはこれらの新プログラムに大きく期待しており、これらプログラムを通じて参加者とかかわっていきたいと思います。」

バルセロナで登壇するCEO

GSMAは本日、下記の通り、4日間のモバイル・ワールド・コングレス会議プログラムで最初に確定した基調講演者を発表しました。

  • ジョン・スタンキー、AT&Tサービシズ、AT&Tエンターテインメントグループ担当最高経営責任者(CEO)
  • マッツ・グランリド、GSMA、事務局長
  • ユージン・カスペルスキー、カスペルスキー・ラボ、会長兼CEO
  • 黄昌圭(ファン・チャンギュ)、KTコーポレーション、会長兼CEO
  • ジョン・ハンケ、ナイアンティック、設立者・CEO
  • ラジーブ・スリ、ノキア、社長兼CEO
  • ホセ・マリア・アルヴァレス=パレット・ロペス、テレフォニカ、会長兼CEO
  • アルノー・ド・ピュイフォンテーン、ヴィヴェンディ・グループ、CEO

会議プログラムの基調講演とトラックセッションでは、ネットワーク接続サービスを受けていない人々へのサービス提供、デジタル商取引、デジタルコンテンツ、破壊的技術、エンタープライズモビリティー、金融サービス、IoTとコネクテッドリビング、モバイルアイデンティー/プライバシー、次世代ネットワーク/セキュリティー、その他のトピックを検討します。会議の詳細情報についてはwww.mobileworldcongress.com/conference/をご覧ください。

モバイル・ワールド・コングレスにWomen4Techが登場

GSMAは本日、モバイル業界でいまだに残る男女格差への対応を意図した重要な新プログラムのWomen4Tech(W4T)を公表しました。4日間のモバイル・ワールド・コングレスで実施される一連のイベントと活動から成るWomen4Techでは、モバイル業界における女性の包摂を向上させる取り組みと、デジタル時代における女性リーダーシップに向けた最優良事例や業界行動の紹介に重点を置きます。Women4Techは国連の持続可能な開発目標、特にSDG 5(ジェンダー平等)を支えます。

本プログラムの中心を成す要素がWomen4Techサミットで、3月2日(木)に予定されており、4つの重要テーマとして、ジェンダー平等とキャリア開発を検討する「女性の力を高める技術」、メンタリングと若者教育を集中的に取り上げる「女性を励ます技術」、通信市場および垂直市場における女性に着目する「女性を変える技術」、起業家およびイノベーターとしての女性を考える「技術を革新する女性」を取り上げます。アクセンチュアがW4Tサミットのヘッドラインスポンサーとして確定しました。

W4Tプログラムはサミット以外にも、Women4Techスピードコーチング/ネットワーキングのセッション、「モバイル業界のリーダーシップにおける傑出した業績」を表彰するWomen4Tech Glomo賞、特別MWCツアー、モバイル・ワールド・ライブTVでのWomen4Techパネル、4YFNでのWomen4Techイニシアチブなどの活動があります。Women4Tech Glomo賞の応募の詳細を含め、詳細情報についてはwww.mobileworldcongress.com/events/women-for-tech/をご覧ください。

4YFNのテーマ分野

来年のフォー・イヤーズ・フロム・ナウ(4YFN)は本イベントの開催日ごとに異なるテーマを設定し、社会と人々の生活をモバイルが改善する方法を検討する「モバイルの破壊的影響」が1日目(2月27日)のテーマ、モバイルイノベーションとデータ分析を通じて企業の業績改善を支えるための「モノのインターネット」が2日目(2月28日)のテーマ、教育とコミュニケーションに着目する「デジタルメディア」が3日目(3月1日)のテーマとなります。4YFNでは、Starupbootcamp IoT & DataとNuma Barcelonaのアクセラレーションプログラムによるデモデー、テレフォニカ・オープン・フューチャーのためのオープンスペース、欧州アプリコンペ「EUモバイル・チャレンジ・ファイナル」などの一連の注目活動も行います。詳細情報についてはwww.mobileworldcongress.com/4yfn/をご覧ください。

新たなパートナーイベントと技術トレーニングイベント

GSMAはパートナーイベントとトレーニングセッションを引っ張る企業を新たに発表しました。パートナープログラムでは、PwCがまた「デジタル革命サミット」を主催します。このサミットでは、産業/技術分野の一流企業や大手通信事業者の代表者がモノのインターネットを検討し、ネットワークインフラから、セキュリティーと規制順守が守られたデータ収集までのトピックを集中的に取り上げます。技術トレーニングパートナーであるアワード・ソリューションズが5年目としてまたモバイル・ワールド・コングレスに登場し、仮想化ネットワークにおけるサービス、ネットワーク/リソースオーケストレーション、性能に加え、5Gへと導く技術の実現における前進について、技術研修セッションを提供します。詳細情報についてはwww.mobileworldcongress.com/events/partner-programmes/をご覧ください。

モバイル・ワールド・コングレスに対する力強い支援

GSMAはモバイル・ワールド・コングレスの新たなスポンサーとして数組織を発表しました。ジャナラリター・デ・カタルーニャがアプリ・プラネットの公式スポンサーとなり、アドビ、アンドロイド、シティバンク、EY、ペイパル、ツイッター、ザクシスの事業会社ライト・リアクション、ビザのすべてが、フィラ・グランビアでのネットワーキング・ガーデンのサポーティングスポンサーとして契約しました。ネットワーキング・ガーデンは、参加者が集い、即席ミーティングを開き、イベントの合間にくつろぐための屋外スペースを提供するものです。

2017年モバイル・ワールド・コングレスに参加しましょう

2017年モバイル・ワールド・コングレスの参加、出展、後援の方法など、詳細については、www.mobileworldcongress.comをご覧ください。モバイル・ワールド・コングレスの最新情報は、ツイッター(@GSMA、#MWC17)やリンクトインのモバイル・ワールド・コングレスのページ(https://www.linkedin.com/company/gsma-mobile-world-congress)、フェイスブック(https://www.facebook.com/mobileworldcongress/)をご利用ください。GSMAのソーシャル・チャンネルの追加情報は、www.mobileworldcongress.com/about/contact/social-media/で確認してください。

モバイル・ワールド・コングレスは、モバイル・ワールド・キャピタルに不可欠のイベントとして、バルセロナで2023年まで開催されます。モバイル・ワールド・キャピタルは、年間を通じてさまざまなプログラムや活動を開催し、バルセロナ、カタルーニャ州、スペインの市民だけでなく、世界中のモバイル業界にもメリットをもたらします。モバイル・ワールド・キャピタルの詳細については、www.mobileworldcapital.comをご覧ください。

-以上-

GSMAについて

GSMAは世界中のモバイル通信事業者を代表する団体で、モバイル事業約800社を結集しています。そのうち250社は携帯電話機および端末メーカー、ソフトウエア企業、機器プロバイダー、インターネット企業など、広範囲なモバイル・エコシステムを構成する企業であり、関連業界セクターの組織も参加しています。GSMAはモバイル・ワールド・コングレス、モバイル・ワールド・コングレス上海、モバイル360シリーズといった業界を主導するイベントの開催も行っています。

詳細情報については、GSMAのウェブサイトwww.gsma.comをご覧ください。GSMAをツイッターでフォローしてください:@GSMA

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

For the GSMA
Charlie Meredith-Hardy
+44 7917 298428
CMeredith-Hardy@webershandwick.com
or
Xavier Serra
+34 93 236 09 30
xserra@webershandwick.com
or
GSMA Press Office
pressoffice@gsma.com

Contacts

For the GSMA
Charlie Meredith-Hardy
+44 7917 298428
CMeredith-Hardy@webershandwick.com
or
Xavier Serra
+34 93 236 09 30
xserra@webershandwick.com
or
GSMA Press Office
pressoffice@gsma.com