ディジセル・パシフィックによるO3bネットワークス容量のアップグレードは3年未満で3倍の増加

高性能で求めやすい料金の接続機能がスマートフォンの普及とデータプランの加入を促進

ジャージー島セントヘリア--()--(ビジネスワイヤ) -- O3bネットワークスは本日、通信事業者として最大の当社顧客であるディジセル・パシフィックがパプアニューギニアで容量を大幅にアップグレードし、ナウルとサモアの両方でより小規模な容量アップグレードを行う契約を締結したと発表しました。本契約は太平洋地域の市場でディジセルが契約している総容量の300%以上の増加となります。ディジセル・パシフィックは太平洋地域の6カ国における一流の通信事業者であり、2013年7月からパプアニューギニア、ナウル、サモアでO3bと協力してきました。ディジセルはO3bの高スループット・低遅延の接続機能を備えた3G/4Gモバイルネットワークをアップグレードして強化したため、これらの国々でインターネット利用が大幅に増えており、今回のアップグレードはこうした利用拡大に直接的に対応するものです。

O3bの協力でアップグレードしたことにより、ディジセル・パシフィックはO3bネットワークスの中軌道(MEO)衛生ネットワークをさらに活用して、さらに求めやすい料金の新データパッケージを顧客に提供することができています。2016年4月5日にこれらの新パッケージを発売して以来、同社では既にデータ使用のためログオンするパプアニューギニアの顧客が顕著に増加しています。

太平洋地域におけるデータ使用の増大は、小企業の成長、遠隔医療、eラーニング、観光、電子政府サービス、消費者通信にとって機会の拡大を意味しており、ディジセルにとって戦略的な重要性を持っています。新データプランの仕組みに加え、同社はスマートフォンの普及率を高め、現地のデジタルインフラを構築して、現地にコンテンツ/オンラインコミュニティーを創出することで、データ使用を一貫して促進していく計画です。

O3bネットワークスのスティーブ・カラー最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「今回の契約はO3b、ディジセル、その太平洋地域における顧客にとって心躍るものです。こうしたアップグレードに対するニーズは、消費者が求めやすい料金と質の高い接続をいかに渇望しているかを示しています。当地域の健全な経済成長の表れというだけでなく、その他の遠隔地に対して、同様の経済発展を約束するものでもあります。」

ディジセル・パシフィックのマイケル・マーフィーCEOは、次のように述べています。「ディジセルは今後2年間でデータ使用の促進を目指しており、攻勢的なデータプランを提供して、こうした計画を実現するための高性能の接続機能を提供することが絶対的に必要不可欠です。パプアニューギニアの既存顧客でデータサービスを使用していなかった方々にはO3bで実現した新たなデータパッケージが求めやすい料金であることをお分かりいただいており、データ使用が既に大幅に伸びています。」

O3bネットワークスについて

O3bネットワークスは、新興市場の通信事業者、インターネットサービスプロバイダー、企業顧客や政府機関のために次世代の衛星ネットワークを構築する世界的な衛星サービスプロバイダーです。O3bのシステムは、世界をカバーする衛星と高速光ファイバーネットワークを組み合わせ、約180カ国の何十億の消費者や事業者に対し、安価で高速、低遅延のインターネット接続およびモバイル接続を提供しています。O3bネットワークスに投資している企業には、SES、グーグル、リバティ・グローバル、HSBCプリンシパル・インベストメンツ、ノースブリッジ・ベンチャー・パートナーズ、アレン・アンド・カンパニー、南アフリカ開発銀行、ソフィナ、サティヤ・キャピタル、ルクセンパートがあります。O3bネットワークスは、チャンネル諸島ジャージー島セントヘリアに本社を置いています。

ディジセル・グループについて

ディジセル・グループ・リミテッド(ディジセル)はカリブ海地域および南太平洋地域の31市場に通信サービスを提供している一流企業で、これらの地域で当社は包括的なモバイル通信、ビジネスソリューション、ケーブルTV&ブロードバンド、その他の関連製品・サービスを小売業、企業(中小企業を含む)、政府関係の顧客に提供しています。

ディジセルはHSPA+やロングタームエボルーション(LTE)のモバイル技術(4G)を30市場で提供しており、21市場のモバイル分野で首位にあります。社内データによれば、モバイル加入者の市場シェアは20市場で50%を超えています。

ディジセルは2001年に初の市場であるジャマイカでモバイルサービスを発売し、発売から15カ月を経たずに同国で市場リーダーの地位を獲得しましたが、その土台になった戦略はディジセルがそれ以来ほかの数カ国の市場でも採用して成功を収めたものです。ディジセルのモバイル加入者基盤は2002年3月31日時点の40万人から2015年3月31日時点の1360万人へと拡大しており、年平均成長率は32.3%となっています。

ディジセルはその市場で地域社会を基盤とした数多くのイニシアチブを運営しており、ジャマイカ、ハイチ、パプアニューギニア、トリニダード・トバゴでディジセル・ファンデーションを設立し、教育/文化/社会開発プログラムに傾注しています。ディジセルはカリブ海地域、中央アメリカ、太平洋地域のスポーツチームおよび個人のリードスポンサーとなっており、世界最速の男のウサイン・ボルトやこれら地域のスペシャルオリンピックス・チームなどを支えています。ディジセルは西インド諸島クリケットチームのスポンサーでもあります。

詳細情報についてはwww.digicelgroup.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

O3b Networks
Jason Wauer
pr@o3bnetworks.com
or
SpeakerBox Communications for O3b
Kate Nesbitt, +1 703-287-7814
knesbitt@speakerboxpr.com

Contacts

O3b Networks
Jason Wauer
pr@o3bnetworks.com
or
SpeakerBox Communications for O3b
Kate Nesbitt, +1 703-287-7814
knesbitt@speakerboxpr.com