キャメロン、同意勧誘の完了を発表

ヒューストン--()--(ビジネスワイヤ) -- キャメロン・インターナショナル・コーポレーション(キャメロンまたは当社)は本日、以下の表に示した当社証券(総称して債券)に関し以前に発表した同意勧誘が完了したことを発表しました。この同意勧誘に伴い、当社は同債券を規定する信託証書について、2016年2月12日付けの同意勧誘趣意書(趣意書)に記された修正案を反映させるため、追補信託契約を結びました。

   
債券シリーズ 未償還元本総額
利率1.150% 2016年満期シニア債 2億5000万ドル
利率1.400% 2017年満期シニア債 2億5000万ドル
利率6.375% 2018年満期シニア債 4億5000万ドル
利率4.500% 2021年満期シニア債 2億5000万ドル
利率3.600% 2022年満期シニア債 2億5000万ドル
利率4.000% 2023年満期シニア債 2億5000万ドル
利率3.700% 2024年満期シニア債 2億5000万ドル
利率7.000% 2038年満期シニア債 3億ドル
利率5.950% 2041年満期シニア債 2億5000万ドル
利率5.125% 2043年満期シニア債 2億5000万ドル

同意勧誘は2016年2月24日午後5時00分(ニューヨーク市時間)(終了日)に終了し、撤回権は消滅しました。終了日時点で、当社は各債券シリーズの未償還元本総額の過半数を超える債券保有者の同意を得ました。趣意書で規定された諸条件に基づき、当社は、終了日まで(当日含む)に有効に同意し、同意を撤回していない適格債券保有者に対し、同債券保有者が有効に同意し、同意を撤回していない債券の元本1000ドル当たり2.50ドルの現金(同意手数料)を支払います。この同意手数料は2016年4月5日に同債券保有者に支払われる予定です。

同意勧誘の完了に伴い、発行された追補信託証書は、同意していない債券保有者を含み、全債券保有者を拘束します。しかし、終了日までに同意しなかった(または同意したが適切に撤回した)債券保有者は、同意手数料を受け取ることはできません。

同意勧誘に関する質問は、ドイツ証券(負債管理グループ宛:(866) 627-0391(通話料無料)または(212) 250-2955(コレクトコール))、J.P.モルガン証券((866) 834-4666(通話料無料)または(212) 834-2494(コレクトコール))、またはモルガン・スタンレー&カンパニー(負債管理グループ宛:(800) 624-1808(通話料無料)または(212) 761-1057 (コレクトコール))、あるいは情報、集計、支払代理機関については、D.F.キング&カンパニー((866) 796-7179(通話料無料)または(212) 269-5550(銀行・ブローカー)(コレクトコール))に直接お問い合わせください。

本発表は、いかなる証券の買付申出、買付申出の勧誘、同意の勧誘に当たるものではありません。同意勧誘は、同意勧誘趣意書によってのみ行われ、同趣意書で規定された諸条件に基づいています。

キャメロン・インターナショナル・コーポレーションについて

キャメロン・インターナショナル・コーポレーションは、フロー機器製品、システム、サービスを世界の石油・ガス業界に提供するトップ企業です。2016年4月1日シュルンベルジェ・ホールディングス・コーポレーション(SHC)の完全所有子会社とキャメロンは合併しました。キャメロンは存続会社として残り、SHCはキャメロンの全株式を取得しました(合併)。合併完了後、キャメロンは非公開会社となり、SHCの完全所有子会社となりました。詳細は、http://www.c-a-m.comをご覧ください。

シュルンベルジェ・ホールディングス・コーポレーションについて

SHCは、2010年に設立されたシュルンベルジェ・リミテッド(シュルンベルジェN.V.)(NYSE:SLB)の間接的完全所有米国子会社で、その前身企業は1928年より米国で事業を運営しています。SHCは子会社を介して米国でシュルンベルジェ・グループの活動を行っています。

シュルンベルジェ・リミテッドは、世界の石油・ガス産業で活動する顧客に技術、総合プロジェクト管理、情報ソリューションを提供する世界的大手企業です。140カ国以上の約9万5000人を雇用するシュルンベルジェ・リミテッドは85カ国以上で営業し、探鉱から生産まで、業界で最も幅広く商品とサービスを提供しています。シュルンベルジェ・リミテッドは主要なオフィスをパリ、ヒューストン、ロンドン、ハーグに置き、2015年の報告売上高は354億7000万ドルでした。詳細についてはwww.slb.comをご覧ください。

将来予想に関する記述についての注意事項

本書には、1933年証券法(修正を含む)第27条Aおよび1934年証券取引法(修正を含む)第21条Eの意味での「将来予想に関する記述」が含まれています。同意手数料の支払い予定には将来予想に関する記述が含まれます。シュルンベルジェ・リミテッドは、このような予想が正しいものになることを保証することはできません。これらの記述は、特に、シュルンベルジェ・リミテッドの直近のフォーム10-Kによる年次報告書、ならびにシュルンベルジェ・リミテッドが証券取引委員会(SEC)に提出した他の資料に記載された他のリスク要因の影響を受けます。これらの資料はSECのサイト(http://www.sec.gov)から入手できます。実際の結果は予想、推定、予測したものと大きく異なるものになる場合があります。将来予想に関する記述は、本リリースの発表時点でのものであり、シュルンベルジェ・リミテッドは、新たな情報や将来の出来事などを考慮してこれらの記述を更新または改訂し、公表する義務を負いません。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Schlumberger Limited
Simon Farrant – Schlumberger Limited, Vice President of Investor Relations
Joy V. Domingo – Schlumberger Limited, Manager of Investor Relations
Tel: +1 (713) 375-3535
investor-relations@slb.com

Contacts

Schlumberger Limited
Simon Farrant – Schlumberger Limited, Vice President of Investor Relations
Joy V. Domingo – Schlumberger Limited, Manager of Investor Relations
Tel: +1 (713) 375-3535
investor-relations@slb.com