リテルヒューズによるTE CONNECTIVITY電路保護業務買収が完了

シカゴ--()--リテルヒューズ株式会社(NASDAQ:LFUS)は今日TE Connectivity有限会社(NYSE:TEL)の電路保護業務を現金3.5億ドルで成功に買収した旨を発表しました。 当該電路保護業務は高分子再設定可能な電路保護装置の業界では先導的な位置に立ち、自動車・バッテリー・工業・通信・移動計算市場には強いグローバル影響力を持っています。買収された業務はカリフォルニアMenlo Parkに運営し、日本筑波・中国上海、昆山に製造施設を持っています。

リテルヒューズは引き続き買収に含まれているPolySwitch設備、2Pro設備、PolyZen設備その他電路保護製品を製造・ 販売します。

リテルヒューズ社長、ゴードン・ハンター氏からのコメントがあります。「今日はリテルヒューズにとって素晴らしい日です。この買収に通じて、弊社の中核業務である電路保護業務を新しい製品および新しい市場で強化しました。この拡張された製品ラインおよび製造能力は将来に素晴らしい成長機会をもたらすと信じています。」

リテルヒューズについて

リテルヒューズは1927年に成立され、電路保護業界の世界一で、動力制御・感知領域に成長しているグローバルプラットフォームを持っています。リテルヒューズの中核業務は、電子・自動車・工業の三つの事業部を渡るヒューズ・半導体・ポリマー・セラミック・リレー・センサーを含んでいます。本部は米国イリノイ州シカゴにあり、米国・欧州・アジアに渡る35ヶ所以上の事務所に約9000人の社員を持っています。更なる情報が必要な場合、リテルヒューズのウェブサイトにアクセスしてください。 Littelfuse.com.

1995年私募証券訴訟改革法に基づくセーフハーバー声明

このプレスリリースに述べられ、歴史的な事実ではない陳述は、1995年「私募証券訴訟改革法」の免責条項による「将来の記述」を構成します。上記の陳述は、製品訴求・市場受容度、経済状況、競合製品・価格の影響、製品品質問題・製品回収、能力・供給困難または制限、採炭被曝準備金、環境責任に対する免責の失敗、為替レートの変動、商品価格の変動、会社経理方針の影響、労働関係紛争、予期以上の再構築コスト、予期以下の年金資産収益、統合および買収その他会社の証券取引委員会書類に挙げられる可能性がある他のリスクを含むが、それに限らないリスクおよび不確定要素に関連する可能性があります。一つまたは複数のリスク・不確定要素が実現され、または潜在的な仮設は不正確だと証明された場合、実際の結果および成果は「将来の記述」により指示・暗示されている結果・成果に著しく異なる可能性があります。このプレスリリースは、フォーム10-Kにある、2016年1月2日で終わる年度に対する弊社の年報にある財務諸表により提供されている情報と合わせて読む必要があります。会社リスク要素に対する更なる検討について、フォーム10-Kにある、2016年1月2日で終わる年度に対する弊社の年報の条項1A、「リスク要素」にご参照ください。

LFUS-A

Contacts

連絡先:Meenal Sethna, SVP, Finance (773) 628-0616

Contacts

連絡先:Meenal Sethna, SVP, Finance (773) 628-0616