イーエイシックがASOCSの完全仮想化RAN(vRAN)ソリューションのためにリアルタイム・ハードウエア・アクセラレーション性能を改善

第3世代ハードウエア・アクセラレーション・プラットフォームで第2世代ピュアFPGAシステムよりも高い性能と低消費電力性を達成するため、ASOCSがイーエイシックのNextreme-3を使用

米カリフォルニア州サンタクララ--()--(ビジネスワイヤ) -- カスタム集積回路(IC)プラットフォーム(eASICプラットフォーム)を提供するファブレス半導体企業のイーエイシック・コーポレーション(@easic)と仮想基地局(vBS)ソリューション提供企業のASOCSは本日、第3世代モデム処理ユニット(MPU)ハードウエア・アクセラレーション(HWA)の性能を大幅に高めるためにASOCSがeASIC Nextreme-3プラットフォームを採用したと発表しました。eASIC Nextreme-3プラットフォームの提供は、eASIC Nextreme-3プラットフォームを使用した次世代ネットワーク仮想化のアクセラレーションのためのカスタム半導体デバイスを開発する正式契約の一部です。ASOCSのユニークなアーキテクチャーにより、基地局のあらゆるレイヤーのソフトウエアと機能は仮想マシン上で動かすことができます。標準的なCOTSモデルのIntel® Xeonプロセッサー・ベース高容量ITサーバーを利用し、イーエイシックのプラットフォームをベースにしたマルチRATハードウエア・アクセラレーション・デバイスをネットワークに接続して稼働させることができます。

イーエイシックの世界営業・マーケティング担当バイスプレジデントのJasbinder Bhootは、このように述べています。「ASOCSアーキテクチャーに基づいた最初のハードウエア・アクセラレーターを提供できることだけでなく、ASOCSの厳しい性能要件を満たすことができたことをうれしく思います。当社のeASICプラットフォームは、演算や処理にこれまでにない負荷がかかるアプリケーションに最適であり、同時にFPGAで達成できないレベルで消費電力を削減することができます。ASOCSのアーキテクチャーはモデム処理ユニット(MPU)とモデム・プログラミング言語(MPL)ソフトウエア・アブストラクション・レイヤーから構成され、vBS L1 PHYで完全な仮想化とソフトウエア抽象化を実現できます。」

ASOCSの研究開発担当バイスプレジデントのGaby Guriは、次のように述べています。「eASIC Nextreme-3デバイスを構成するために使用されるシングル・マスクの価値は実に大きなものです。そのおかげで、アクセラレーションの目標を性能面だけでなく消費電力面でもすべて満たすことができ、半導体製造までの厳しいスケジュールにも対応できます。イーエイシックとの関係を続けていくことを楽しみにしています。」

ASOCSは、今週モバイル・ワールド・コングレス(バルセロナ)で完全仮想化基地局(vBS)ソリューションを実演します。場所は、IMAパビリオン、ホール2、ブース2E46です。

イーエイシックについて

イーエイシックは差別化ソリューションを提供する半導体企業です。このソリューションにより、短期間でコスト効率よくカスタムICを提供できるため、顧客のハードウエア/ソフトウエアシステムに付加価値が生まれます。当社のeASICソリューションは、再利用可能で定義済みの多目的ベースアレーおよびカスタマイズ可能な単一マスクレイヤーを含む当社のeASICプラットフォーム、当社のeasicopyまたは標準 ASIC方式で実現されるASIC、そして当社専有的な設計ツールで構成されています。

この革新的技術により、イーエイシックは短い市場投入期間、高性能、低消費電力、低開発コスト、低単位原価という最適な組み合わせを顧客に提供できると当社は考えています。イーエイシック・コーポレーションは米カリフォルニア州サンタクララに本社を置いています。当社は、コスラ・ベンチャーズ、クレッシェンド・ ベンチャーズ、シーゲイト・テクノロジー、クライナー・パーキンス・コーフィールド・アンド・バイヤーズ(KPCB)、エバーグリーン・パートナーズから 出資を受けています。

ASOCSについて

ASOCSは、仮想基地局(vBS)ソリューションの開発における先駆的企業です。現在と将来のマルチ無線アクセス技術(マルチRAT)に対応できるように設計されたモデム処理ユニット(MPU)を有するASOCSは、次世代ネットワーク・トポロジーのための可能な限り大容量のベースバンド・ソリューションを実現できます。クラウド無線アクセス・ネットワーク(クラウドRAN)や、小型からマクロなどまで、その他の無線インフラ・セルに対応します。詳細情報については、www.asocsnetworks.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

eASIC Corporation
Brent Przybus, 408-855-9200
bprzybus@easic.com
または
ASOCS Ltd.
Paz Saad, +972-3-901-2090
paz@asocsnetworks.com

Contacts

eASIC Corporation
Brent Przybus, 408-855-9200
bprzybus@easic.com
または
ASOCS Ltd.
Paz Saad, +972-3-901-2090
paz@asocsnetworks.com