イーエイシックが継続的な収益成長と記録的な利益を発表

5四半期連続で非GAAP利益を上げ、S1申請を取り下げ

米カリフォルニア州サンタクララ--()--(ビジネスワイヤ) -- eASICプラットフォームと標準ASICから成るカスタム集積回路(IC)ソリューションを提供するファブレス半導体企業のイーエイシック・コーポレーション(@easic)は本日、2015年9月30日締めの9カ月間の売上高が2014年同期比で18%成長したと発表しました。また当社は、2015年第3四半期に記録的な非GAAP利益を達成し、5四半期連続で非GAAP利益を上げたことも発表しました。

イーエイシック・コーポレーション社長兼最高経営責任者(CEO)のロニー・バシシュタは、次のように述べています。「当社の堅調な財務実績が継続していることは、顧客基盤が拡大し、当社のカスタムソリューションの採用が増えていることを反映しています。システムOEMの顧客の中では、自社製品を差別化するための付加価値の手段としてのカスタムICの利用に目を向けているところが増えています。これはイーエイシックの理念と大変よく一致するものです。一貫して売上高と非GAAP利益の成長を達成してきており、当社は2015年の技術分野の新規公開株の評価が低いため、フォームS-1申請の取り下げを決定しました。」

当社は記録的なデザインウィンの四半期を勝ち取り、多様な末端市場アプリケーション、例えば無線/有線インフラ、エンタープライズクラスストレージ、データセンターアクセラレーション、プロシューマーデバイスにおいて、価値を付加するための能力を実証することとなりました。

イーエイシックについて

イーエイシックは差別化ソリューションを提供する半導体企業です。このソリューションにより、短期間にコスト効率よくカスタムICを提供できるため、顧客のハードウエア/ソフトウエアシステムに付加価値が生まれます。当社のeASICソリューションは3つのコンポーネント、すなわち再利用可能で定義済みの多目的ベースアレーおよびカスタマイズ可能な単一マスクレイヤーを含む当社のeASICプラットフォーム、イーエイシックのeasicopyまたは標準 ASIC方式で実現されるASIC、そして当社専有的な設計ツールで構成されています。

この革新的技術により、イーエイシックは短い市場投入期間、高性能、低消費電力、低開発コスト、低単位原価という最適な組み合わせを顧客に提供します。イーエイシックは米カリフォルニア州サンタクララに本社を置いています。当社は、コスラ・ベンチャーズ、クレッシェンド・ ベンチャーズ、シーゲイト・テクノロジー、クライナー・パーキンス・コーフィールド・アンド・バイヤーズ(KPCB)、エバーグリーン・パートナーズから 出資を受けています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

eASIC Corporation
Brent Przybus, 408-855-9200
bprzybus@easic.com

Contacts

eASIC Corporation
Brent Przybus, 408-855-9200
bprzybus@easic.com