ヤーディ、新しいデータセンターをシンガポールに開設

安全でスケーラブルなデータ管理の世界的ネットワークに新たな施設が追加

シンガポール--()--(ビジネスワイヤ) -- ヤーディ® は、急増する東南アジアのお客さまのデータ・セキュリティーとインフラのニーズに対応するため、シンガポールに新たなデータセンターを開設します。

シンガポール・データセンターは、北米、カナダ、欧州、アジア、オーストラリアにある10カ所以上のセンターのネットワークに加わります。これらのデータセンターが、安全かつスケーラブルな費用効率的ソフトウエア・プロビジョニング/データ管理ソリューションであるヤーディ・クラウドを構成します。ヤーディ・クラウドを活用することで、お客さまはITインフラ、サポートサービス、セキュリティーを管理する責任から解放されます。

ヤーディのニール・ジマスマー国際部門担当バイスプレジデントは次のように述べています。「この新しい施設により、アジアのお客さまは、総合的バックオフィス/フロントオフィス・テクノロジー・ソリューションの基礎であるヤーディ・ボイジャーから最大限の価値を得ることができます。シンガポールのデータセンターは、拡大するアジアの顧客ベースに、ヤーディ・クラウドの迅速なベストプラクティスに基づくソリューションの実装、苦労のないアップグレードなどのサービスを提供し、諸経費と資本コストを削減します。」

ヤーディのデータセンターは、複数のファイヤーウォール、オンサイト型セキュリティー、ビデオ監視、生体計測スクリーニング、リアルタイムのオフサイト・レプリケーション、防火システムおよびその他の電子的・物理的保護装置で保護されています。

ヤーディについて

40年目に向って進むヤーディは、不動産投資管理と物件管理のソフトウエアの設計・開発・サポートに真剣な努力を傾けています。ヤーディ・ボイジャー(Yardi Voyager®)プラットフォームは、ヤーディ・コマーシャル・スイート(Yardi Commercial Suite)、ヤーディ・レジデンシャル・スイート(Yardi Residential Suite)、ヤーディ・インベストメント・スイート(Yardi Investment Suite)、ヤーディ・オリオン・ビジネス・インテリジェンス(Yardi Orion® Business Intelligence)とともに、完全な不動産管理ソリューションとなっており、ポートフォリオ全体にまたがるビジネスインテリジェンスとプラット フォーム全体のモビリティーを可能にする運用・会計機能、サービスを含みます。ヤーディはオーストラリア、アジア、中東、欧州、北米にオフィスを擁し、世 界の顧客にサービスを提供しています。詳細情報についてはwww.yardi.com/asiaをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Yardi
Press: Phyabae Leong – Marketing
+61 (2) 8227 2206
phyabae.leong@yardi.com
or
Writer: Joel Nelson – Senior Writer
+1 800-866-1144 x1255
joel.nelson@yardi.com

Contacts

Yardi
Press: Phyabae Leong – Marketing
+61 (2) 8227 2206
phyabae.leong@yardi.com
or
Writer: Joel Nelson – Senior Writer
+1 800-866-1144 x1255
joel.nelson@yardi.com