インダストリアル・インターネット・コンソーシアムが会員組織200超を達成、2015~2016年の運営委員会を発表

世界の会員のニーズへの対応を向上させるべく国ごとにチームを結成

米マサチューセッツ州ニーダム--()--(ビジネスワイヤ)-- 産業用モノのインターネットの実現加速に向けて発足した世界的な官民組織のインダストリアル・インターネット・コンソーシアムは、コンソーシアム発足後18カ月で会員組織が200を超えました。当組織は、インダストリアル・インターネット・コンソーシアム会員の投票による2015~2016年の運営委員会選挙の結果も次のように発表しました。

  • ジャック・デュラン氏、富士通のスタンダード&エンジニアリング担当取締役
  • ダーク・スラマ氏、ボッシュの事業開発担当取締役
  • スタン・シュナイダー氏、リアルタイム・イノベーションズの最高経営責任者(CEO)
  • ロバート・マーティン氏、MITREコーポレーションのシニアプリンシパルエンジニア

この方々は、インダストリアル・インターネット・コンソーシアム設立会員5社(AT&T、シスコ、GE、IBM、インテル)の代表者と事務局長のリチャード・ソーリー博士に加わります。

昨年の運営委員会選挙以来、インダストリアル・インターネット・コンソーシアムの会員組織は68から26カ国の200以上に増えました。最近の成果は、6つのテストベッド、産業インターネットのリファレンス・アーキテクチャー用語文書の一般公開です。ますます世界的になる会員のニーズに応えられるよう、インダストリアル・インターネット・コンソーシアムは本日、ドイツに初のカントリーチームを設置し、中国、インド、日本でもその他のカントリーチームの組織を準備中であることも発表しました。カントリーチームは、地元のインダストリアル・インターネット・コンソーシアム会員で構成され、同じ方針・手順を順守します。これらのチームは、専門的な使用例とテストベッド、現地のマーケティング、国や地域の標準化団体との連絡確立に焦点を当てます。ドイツのカントリーチームは、インダストリアル・インターネット・コンソーシアム会員のSteinbeis Transfer Center Innovationsforum Industrie(STCII)が主導します。

新たに選出された運営委員は、9月14日にスペインのバルセロナで開かれるインダストリアル・インターネット・コンソーシアムの四半期会員総会で正式に就任します。テストベッドのライブデモを含め、産業インターネットの詳細に興味をお持ちの非会員の方は、9月16~18日に同時開催されるイベント「IoTソリューションズ・ワールド・コングレス」にご参加ください。

インダストリアル・インターネット・コンソーシアムについて

インダストリアル・インターネット・コンソーシアムは、機械や機器、インテリジェント・アナリティクス、職場の人々の相互接続性の開発、採用、使用拡大を促進するために結成された開かれた会員組織で、26カ国から200以上の組織が参加しています。2014年3月にAT&T、シスコ、ゼネラル・エレクトリック、IBM、インテルが設立したインダストリアル・インターネット・コンソーシアムは、優先事項を触媒・調整し、産業インターネットの技術を可能にします。インダストリアル・インターネット・コンソーシアムは、オブジェクト・マネジメント・グループ(OMG)によって運営されています。www.iiconsortium.orgをご覧ください。

編集者への注記:Industrial Internet ConsortiumはOMGの登録商標です。OMGの全商標リストについては、http://www.omg.org/legal/tm_list.htmをご覧ください。その他すべての商標は、それぞれの所有者の財産です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Industrial Internet Consortium
Julie Pike, +1 781-444-0404
pike@iiconsortium.org

Contacts

Industrial Internet Consortium
Julie Pike, +1 781-444-0404
pike@iiconsortium.org