タイガーリスクが、再保険ソリューション、資本管理、戦略的アドバイスのダイナミックなブランドを掲げて中国市場に参入

香港--()--(ビジネスワイヤ) --虎がやって来る.........

中国では数千年の間、虎が歩き回り、その勇敢さ、獰猛さ、美しさで畏敬の念を抱かせてきました。そして、今度は新しい虎が中国にやって来ます。

タイガーリスク・パートナーズ(タイガーリスク)は、子会社のタイガーリスク・チャイナ・パートナーズの香港オフィスを開設し、初めてアジアに参入することを発表します。タイガーリスク・チャイナ・パートナーズは、7月30日付けで香港保険ブローカー協会の会員になりました。

2008年に設立されたタイガーリスク・パートナーズは、米国を本拠とする再保険・資本管理・戦略アドバイザーです。今年4月、当社はタイガーリスク・キャピタル・マーケッツ・アンド・アドバイザリーを設立し、投資銀行、M&A、資本市場アドバイザリーの専門業務を追加しました。タイガーリスクは米コネチカット州スタムフォードを本拠とし、ニューヨーク、ロンドン、ミネアポリス、シカゴ、ローリー、ダラス、バーミューダにオフィスを構え、今回香港にオフィスを開設しました。

タイガーリスクのロッド・フォックス最高経営責任者(CEO)は次のように述べています。「経済発展において21世紀はアジアの時代です。そして、この発展の最も強力な原動力は中国です。そのため当社は、アジアでの業務を中国から開始することにしました。」

タイガーリスクのトニー・アルサノ社長はさらに次のように述べています。「私たちは、中国の保険市場の発展において重要な役割を果たしたいと思っています。当社はこれを、北米および欧州で培ってきた分析、技術、製品開発およびアドバイザリー技能によって実現します。私たちは、香港で、非常に優秀で経験豊富なチームを得られたことをうれしく思っています。」

タイガーリスクの香港チームは朱厚勤博士が主導します。博士は保険および再保険事業で非常に豊富な経験を有するベテランです。朱博士は中国の著名保険グループの1社で再保険バイヤーとしてキャリアをスタートさせました。その後シンガポールに移り、アメリカン・リおよびQBEリで再保険契約引受査定者を務めました。数年間引受査定者を務めた後、博士は職務を専門的再保険ブローカーに絞り、ウィリス・リの中国事業を主導しました。朱博士をサポートするのは、マイケル・ファン、レイモンド・チェンなどの経験豊かなベテランを含む、博士自らが選んだ経験豊富な専門家です。このチームは、タイガーリスクの米国、ロンドンおよびバーミューダ・オフィスの分析、技術、資本市場アドバイザリー担当者から全面的にサポートを受けます。

朱博士は次のように述べています。「中国と米国は、資本を評価し、自然の脅威による大災害のリスクからこれを守る上で非常に多くの共通した課題を抱えています。タイガーリスクは大災害のリスクおよびこれらのリスクの世界的な広がりを評価、管理、緩和する革新的アプローチを共有し、紹介できることを楽しみにしています。」

創立から7年でタイガーリスクは、独自の分析アプローチ、創造的なストラクチャリング・コンセプト、お客さまに競争上の利点をもたらす革新的ソリューションを提供することで、一流の顧客リストを作り上げてきました。これにはお客さまの利益性を向上させる資本市場商品や独自のツールの開発が含まれます。タイガーリスクは香港チームを通して、すべての適切なツールと技能を中国市場で利用できるようにします。

詳細についてはTigerRisk.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

U.S. Media:
Signals & Strategies
Ansi Vallens, (518) 392-4238

Contacts

U.S. Media:
Signals & Strategies
Ansi Vallens, (518) 392-4238