ZTE、4G LTEプロジェクトが成長を牽引して上半期の純利益が43%増加すると予測

新しいスマートシティーの展開に加えて、FDD-LTEと有線システムの堅調な受注の結果、上半期の売上高が21.9%増加して459億4,000万人民元になると予測

中国・深セン--()--(ビジネスワイヤ) -- モバイルインターネットのための通信技術と企業・個人向け技術ソリューションを提供する国際企業であるZTEコーポレーション(香港H株:0763.HK、深センA株:000063.SZ)は、4G LTEネットワークシステムの販売が堅調さを増した結果、上半期の純利益が43%増加する予定です。

ZTEが公表した予備的な業績発表によれば、普通株式保有者に帰属する上半期の純利益は16億1,000万人民元(2億6,000万米ドル)と予測されています。上半期の営業収益は、前年比で21.9%増加して459億4,000万人民元になると予測されています。上半期の営業利益は132%成長する見込みです。

上半期には、ZTEは有線スイッチ/アクセスシステムに加えて、FDD-LTEネットワークシステムの販売から売上を増加させつつ、契約の収益性を向上させました。企業・政府向けICTソリューション部門の売上高も、新しいスマートシティーの展開と鉄道事業者に対する販売増に牽引されて成長を実現しています。上半期の総利益は増加しました。

当期の営業収益に占める当グループの経費の割合は、前年同期と比較してほぼ横ばいでした。営業収益に占める研究開発費の割合の増加は主に、長期的な発展の支援に向けたLTE、ベアラーネットワーク、SDN、GPONなどの製品に対する当グループの研究開発投資の継続的増加によるものです。一方で、営業収益に占める販売・流通コストと管理費の割合は、当グループによるコスト管理の強化を受けて前年比で減少しました。

ZTEについて

ZTEは先進的な通信システム、モバイル機器、企業向け技術ソリューションを個人、通信事業者、企業、公共部門の顧客に提供しています。ZTEは、M- ICT戦略の一環として、通信分野と情報技術分野の融合が進む中で顧客に卓越性と価値をもたらすべく、エンドツーエンドの統合型革新技術の提供に取り組ん でいます。当社株式は香港証券取引所と深セン証券取引所に上場され(香港H株:0763.HK、深センA株:000063.SZ)、当社の製品とサービス は160カ国以上の500社を超える通信事業者に販売されています。ZTEは年間売上高の10%を研究開発に投入し、国際的な規格策定組織で主導的役割を果たしています。ZTEは企業の社会的責任(CSR)を重視し、国連グローバル・コンパクトのメンバーとなっています。詳細についてはwww.zte.com.cnをご覧ください。

Contacts

ZTE Corporation
Margrete Ma, +86 755 26775207
ma.gaili@zte.com.cn
または
Edelman PR
Mark Lee, +852 2837 4756 / +852 2837 4753
mark.lee@edelman.com

Contacts

ZTE Corporation
Margrete Ma, +86 755 26775207
ma.gaili@zte.com.cn
または
Edelman PR
Mark Lee, +852 2837 4756 / +852 2837 4753
mark.lee@edelman.com