R&Pと上海禾振化工貿易が中国にコンパウンド工場合弁事業を設立する了解覚書を締結

シンガポール--()--(ビジネスワイヤ) -- R&P (Pte.) Ltd.と上海禾振化工貿易は、アジア太平洋地域の自動車関連市場に向けて、熱可塑性ポリオレフィン(TPO)コンパウンドを国内外で製造・流通・販売するための中国での合弁事業設立を目的とした了解覚書を締結したことを発表します。

R&Pは認定トールコンパウンド製造企業として2008年9月から2014年10月までエクソンモービル・ケミカル(EMC)のExxtral™グレードを製造し、同期間に新製品の開発にも参加しました。製造と研究開発に優れた実績を持つR&Pは、2014年にエクソンモービル・ケミカルがTPO市場から撤退した際、自社のSTERLENE™グレードで自動車関連OEM企業と直接取引を続けるために、エクソンモービル・ケミカルから技術ライセンスの供与を受けました。

2011年10月から2014年10月までEMCのExxtral™グレードの販売代理店を務めた禾振化工貿易は、2014年12月にR&Pより、中国でSTERLENE™グレードを販売する主要代理店として指定されました。禾振化工貿易は2011年以来、中国のさまざまな世界的自動車関連OEM企業との間に強い関係を築き、Exxtral™とSTERLENE™で優れた販売実績を上げてきました。

両社は中国の合弁事業が互いの強みを兼ね備えることにより、大きな顧客基盤に対してさらに効率的で優れたサービスを提供できるだろうとの確信の下、了解覚書を締結しました。最終的な合意内容についてはまだ協議中ですが、合弁事業は設備容量15ktaで操業を始める見込みであり、製造開始から5年以内に50ktaまで拡大させることを目指します。

R&PのYK Tan会長は、次のように述べています。「現在の供給量の70%が中国の世界的自動車関連OEM企業に対するものであることから、中国で製造施設を持つことで、当地の顧客とのサプライチェーンを強化できると期待を寄せています。中国はいまだに、世界規模の魅力的で重要な自動車関連市場であり、それ故に禾振化工貿易との合弁提携は、明るい展望を持つと考えています。」

禾振化工貿易取締役のWayne Zhangは、次のように述べています。「R&Pとの合弁提携を通じて事業ポートフォリオを強化できる今回の機会をうれしく思います。この提携により、さらに多くのアジア太平洋地域のOEM企業により効率的なサービスを提供できるようになります。」

詳細については、sales@resinpts.comへEメールでお問い合わせいただくか、www.resinpts.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

R&P (Pte) Ltd
Ms Jacqueline Pillai, +65-63095843
Business Administrator
or
Shanghai Hop Zenith Chemical Trading Co., Ltd
Rocky Wang, +86-21-62260566
General Manager
rocky.wang@hopzenith.com.cn

Contacts

R&P (Pte) Ltd
Ms Jacqueline Pillai, +65-63095843
Business Administrator
or
Shanghai Hop Zenith Chemical Trading Co., Ltd
Rocky Wang, +86-21-62260566
General Manager
rocky.wang@hopzenith.com.cn