アンダーセン・タックス・アンド・リーガルが中南米で始動

サンフランシスコ--()--(ビジネスワイヤ) -- アンダーセン・グローバルは、メキシコの著名な会計事務所のNOVINT、Capin, Ibanez & Asociadosと法律事務所のMontes, Hernandez, Lopez y Del Castilloを迎えて、中南米に進出したことを発表します。

アンダーセン・タックスのマーク・フォアザッツ最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「中南米は当社の成長戦略の次なる重点地域であり、メキシコは業務拡大のハブとなります。当社は中南米全域に強固なプレゼンスを持つことができると考えており、メキシコはその重要な戦略的拠点です。」

上記の事務所は、メキシコ国内でアンダーセン・タックス・アンド・リーガルとして活動します。アンダーセン・タックス・アンド・リーガルに加わる上記事務所所属の弁護士と会計士は、アンダーセン・グローバルの中で最初にこの名称を使用することになります。アンダーセン・タックス・アンド・リーガルは、メキシコシティ、グアダラハラ、モンテレーにも拠点を構え、年内にさらに数カ所拠点を追加する予定です。

メキシコのアンダーセン・タックス・アンド・リーガルの一員として、100名を超える会計および法務の専門家がアンダーセン・グローバルに加わります。これには、国際税務、移転価格、企業税制、貿易など、様々な分野で専門的な税務サービスを提供するパートナーとして参加する6名の会計士と7名の弁護士も含まれます。法務部門は、税法や税務訴訟、税務計画、M&A、国際取引、資本市場および複雑な金融商品、行政法、商業・民事訴訟、ウェルスマネジメント規制、金融法、労働法などの分野で豊富な経験を有しています。公認会計士のヒル・アンドレス・ララ・モラレスと、弁護士のパブロ・ミゲル・イバニェス・マリエルがメキシコのアンダーセン・タックス・アンド・リーガルの責任者を務めます。

ヒル・アンドレス・ララ・モラレスは、次のように述べています。「アンダーセン・グローバルの一員となり、アーサー・アンダーセンで共に仕事をしていたかつての同僚と再び協力できることを大変うれしく思います。お客様のニーズはますます国際化しており、アンダーセン・グローバルへの統合により、お客様に最高のサービスを提供することができるようになります。」

パブロ・ミゲル・イバニェス・マリエルは、次のように述べています。「中南米での法務サービスの提供は、当社のお客様、当社、当社の従業員にとってまたとない機会をもたらします。アンダーセン・グローバルに加わることにより、私たちの法務サービスが一段と拡充されます。また、アーサー・アンダーセンで働いていたという歴史を共有する私たちのコア・バリューと顧客サービスへの取り組みは、完全に一致しています。」

メキシコシティ、グアダラハラ、モンテレーの拠点が追加されたことで、アンダーセン・グローバルは現在、世界37カ所に拠点を構え、世界各地に約1100人の専門家を擁しています。アンダーセン・グローバルは、2013年に米国においてアンダーセン・タックスにより設立されました。アンダーセン・タックスはかつてWTASとして知られていましたが、アンダーセンの名称使用権を取得して2014年9月に社名を変更しました。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Andersen Tax
Shereen A. Terrero, 213-593-2307
shereen.terrero@AndersenTax.com

Contacts

Andersen Tax
Shereen A. Terrero, 213-593-2307
shereen.terrero@AndersenTax.com