ヤング・ハリウッドがApple TVで独占放送を開始

ヤング・ハリウッドがApple TVのみで視聴できる新しい有料長尺番組数本の制作をスタート

ロサンゼルス--()--(ビジネスワイヤ) -- ヤング・ハリウッドは本日、有名人に焦点を当てたApple TV向けの有料番組の制作を開始すると発表しました。ミレニアル世代向けに設立された当ネットワークはApple TVのみで視聴でき、有名人とライフスタイルを取り上げる独自の番組の新しい視聴体験を世界中のApple TVユーザーに提供します。

Young Hollywood on Apple TVチャンネルでは、30分構成のオリジナル番組7シリーズ、合計100エピソード以上が今月初公開されます。ヤング・ハリウッドでは最初のシリーズ公開後も引き続き、新しい主力の週刊エンタメ・ニュースショー「ヤング・ハリウッド・ナウ」を開始するなど、Apple TVで定期的に新シリーズを発表していきます。

ヤング・ハリウッドでは、有名人へのインタビューという形式にこだわらずにブランドを拡大する予定であり、ミレニアル世代をターゲット視聴者とするリアリティー番組、シリーズもののドラマ、アニメ、特別番組、ドキュメンタリーなど、複数のジャンルでオリジナル番組を制作していきます。ニュース、娯楽、音楽からスポーツ、美容・ファッション、食べ物、ライフスタイルまで、幅広い好みや関心事を扱う番組ラインアップが、オンデマンド・コンテンツとして簡単にアクセスできるようになります。

ヤング・ハリウッド設立者のRJウィリアムズ最高経営責任者(CEO)は、次のように語っています。「Apple TVに独自の番組を配信できることを大変うれしく思います。Apple TVでの独占的デビューは、当社の成長の新たな段階となります。クラス最高の配信プラットフォームであるApple TVを介して、当社はコンテンツの価値を最大化する予定です。」

ヤング・ハリウッドでは、長尺番組の第一段を初公開するだけでなく、2500時間以上ある有名人へのインタビューの膨大なライブラリーの中からオンデマンド・コンテンツを提供していきます。インタビューは、ロサンゼルスのフォーシーズンズホテル内にあるヤング・ハリウッド・スタジオや、世界中で繰り広げられる数々の宣伝イベントや有名人関連の事件などの場で定期的に続けられます。

マーケティングおよびブランド戦略担当上席副社長のトレーシー・ベールは、次のように語っています。「Young Hollywood on Apple TVは、何百万人ものユーザーにまったく新しい上質の映像視聴体験を提供します。視聴者は自分が個人的に関心を持てるトピックを独自の視点で取り上げる上質のデジタル・コンテンツを熱望しています。私たちは、ミレニアル世代の行きつく先として、Apple TVでヤング・ハリウッドを視聴するという方法が主流なると考えています。」

ヤング・ハリウッドは、有名人とライフスタイルを取り上げるオリジナル番組を制作し、モバイル、デスクトップ、タブレット、テレビ、そして今後はコネクテッドTVも含めたあらゆるデバイスで何百万人ものユーザーに配信していきます。

ヤング・ハリウッドについて

2007年にR・J・ウィリアムズが設立したヤング・ハリウッドは、世界をリードする次世代型エンターテインメント・スタジオの1つとして、ミレニアル世代に番組を提供しています。有名人とライフスタイルを取り上げる年間500時間以上に及ぶオリジナル番組の資金調達、制作、配給のほか、当社では複数の主要エンターテインメント・デジタル・プラットフォームの所有・運用、世界中の幅広い消費者向けの製品およびサービスを対象とするYoung Hollywoodの商標の使用許諾などの業務を展開しています。

Young Hollywood on Apple TVは、当ネットワークのデジタル分野への幅広い成長の一歩です。

詳細については、www.yhworldwide.comをご覧ください。また、ツイッターでYH(@Younghollywood)をフォローしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

PMK*BNC
Chris DiIorio, 310-854-4866
chris.diiorio@pmkbnc.com

Contacts

PMK*BNC
Chris DiIorio, 310-854-4866
chris.diiorio@pmkbnc.com