ZTE、ドイツのガブリエル副首相と中国の馬副首相にM-ICT技術革新を紹介

ドイツと中国の高官が今週ハノーバーで開催されたCeBITカンファレンスで電気自動車用無線充電や空対地4Gを含むZTEの新たなソリューションを視察

CeBIT 2015

独ハノーバー--()--(ビジネスワイヤ) -- モバイルインターネットのための通信技術と企業・個人向け技術ソリューションを提供する国際企業であるZTEコーポレーション(香港H株:0763.HK、深センA株:000063.SZ)は、今週ハノーバーで開催されるCeBITカンファレンスの期間中にドイツ連邦共和国のジグマール・ガブリエル(Sigmar Gabriel)副首相と中華人民共和国の馬凱副首相を当社の展示にお迎えしました。

ガブリエル副首相(経済・エネルギー相も兼務)と馬副首相は、ドイツと中国の高官を率いてCeBITのZTEの展示を視察し、電気自動車用無線充電や4G空対地ブロードバンドを含む世界をリードするZTEのソリューションの紹介を受けました。

ZTE総裁の史立栄(シー・リーロン/Shi Lirong)は、CeBITの中独起業家対話で基調講演を行い、電気自動車や代替エネルギーを含む分野での両国企業間のより深い協力の可能性を強調しました。馬副首相とドイツのヴォルフガング・ショイブレ(Wolfgang Schaeuble)財務相は、中国とドイツのビジネスリーダーが出席した中独起業家対話イベントを主宰しました。

史立栄総裁は、基調講演の中で次のように述べました。「ドイツと中国の企業間の連携は過去10年間に活発になり、さらなる成長への可能性は未だ大きなものがあります。ドイツでの当社の事業が継続して急成長を経験する中で、ZTEはドイツのパートナーとより強力な関係を構築しています。」

2014年にZTEはアルカテル・ルーセント・ネットワーク・サービシズの買収を完了し、ドイツの通信サービス能力を強化しました。ZTEの世界をリードする通信ソリューションは、ドイツテレコムやO2ドイツを含むドイツの事業者に導入されています。

中国は、CeBIT 2015の公式パートナー国です。中国の李克強首相は、この会議に向けたビデオ演説の中で、CeBIT 2015のモットー「d!conomy」は技術革新に関して中国とドイツの間で高まる協力関係にふさわしいと語りました。

2014年に、モバイル接続の急増から新たな機会をとらえて価値を生み出すために、ZTEは技術革新を加速して顧客に力を与えるM-ICT戦略を発表しました。

ZTEについて

ZTEは先進的な通信システム、モバイル機器、企業向け技術ソリューションを個人、通信事業者、企業、公共部門の顧客に提供しています。ZTEは、M- ICT戦略の一環として、通信分野と情報技術分野の融合が進む中で顧客に卓越性と価値をもたらすべく、エンドツーエンドの統合型革新技術の提供に取り組ん でいます。当社株式は香港証券取引所と深セン証券取引所に上場され(香港H株:0763.HK、深センA株:000063.SZ)、当社の製品とサービス は160カ国以上の500社を超える通信事業者に販売されています。ZTEは年間売上高の10%を研究開発に投入し、国際的な規格策定組織で主導的役割を 果たしています。ZTEは企業の社会的責任(CSR)を重視し、国連グローバル・コンパクトのメンバーとなっています。詳細についてはwww.zte.com.cnをご覧ください。

Contacts

ZTE Corporation
Margrete Ma, +86 755 26775207
ma.gaili@zte.com.cn
または
Edelman PR
Mark Lee, +852 2837 4756
mark.lee@edelman.com
Annie Yeung, +852 2837 4753
annie.yeung@edelman.com

Contacts

ZTE Corporation
Margrete Ma, +86 755 26775207
ma.gaili@zte.com.cn
または
Edelman PR
Mark Lee, +852 2837 4756
mark.lee@edelman.com
Annie Yeung, +852 2837 4753
annie.yeung@edelman.com