GSMAの新たな調査によれば、2020年までに10億人が新たなユニークモバイル加入者に

2015年モバイル・エコノミー・レポートでは、世界的規模でモバイルブロードバンドネットワークへ急速に移行し、世界のGDP、公的資金、雇用に対するモバイル産業の貢献度が増大すると予測

Mobile World Congress 2015
Mobile World Congress 2015:GSMA

スペイン・バルセロナ--()--(ビジネスワイヤ) -- GSMAがモバイル・ワールド・コングレスで本日発表した新しい大型報告書によれば、今後5年間に10億人が新たなモバイル加入者となる見込みです。この新しい報告書「モバイル・エコノミー2015」(The Mobile Economy: 2015)では、ユニークモバイル加入者の数1は2014年末の36億人から2020年までに46億人に増加し、この間に年平均成長率(CAGR)4パーセントで増加すると予測しています。2020年までに、世界人口の約60パーセントがモバイルサービスに加入すると見込まれ、この数字は2014年末に予測された世界人口の半数という数字から上昇しています。

またこの調査では、3G/4Gモバイルブロードバンドネットワークへの急速な移行とスマートフォンの普及拡大も浮き彫りにしており、その結果としてモバイルデータの新しいサービスやアプリケーションを後押ししていると指摘しています。モバイルエコシステムのリーチや規模の拡大が今後も続くため、世界のGDPや公的資金、雇用のほか、世界の何十億人もの人々の生活改善に対するモバイル産業の貢献度も増大すると見込まれます。

GSMAのアン・ブーベロ事務局長は、次のように語っています。「10年前には、モバイル加入者は世界人口の5人に1人にすぎませんでした。今や50パーセントの大台を超え、今後5年間に10億人の新しい加入者をネットワークに接続できると期待できます。モバイルは新しいエコシステムの核心としてデジタルの世界と物理的な世界とを結び付け、経済成長に力を与えています。同時に、モバイル通信事業者は世界のあらゆる場所へのネットワーク展開を続けており、ネットワークに接続されていなかった人々をネットワークに接続しつつ、デジタル包摂や金融包摂、ヘルスケア、教育などの領域で社会経済的難題に対応しています。」

モバイルの普及率は世界の地域によって大きく異なります。欧州では、2014年末で人口の80パーセント近くがモバイル加入者でしたが、サハラ以南のアフリカでは、その数字は39パーセントにすぎません。従って、今後5年間における世界の加入者増加は主に発展途上国に集中すると見込まれています。これはモバイルデバイス/サービスの低価格化、モバイル通信エリアの急速な拡大によるものであり、これらにより現在ネットワーク接続サービスを利用できない人々、特に地方の人々も、今後は利用できると思われます。

世界のSIM接続の件数2(M2M接続を除く)は2014年の71億件から、2020年までには90億件に伸びると予測されています。これはつまり、今後の5年間も各ユニークモバイル加入者が平均で約1.8枚のSIMカードを持つことを意味しています。セルラーM2Mの接続件数は2020年までに10億件に達すると予測され、その時点でモバイル接続の総件数は100億件に達するとみられています。

モバイルブロードバンドとスマートフォンへの急速な移行

2020年までの間、3G/4Gネットワークの可用性と低価格化の加速から、モバイルブロードバンド技術への移行が急速に進むと思われます。モバイルブロードバンドは2014年にSIM接続件数の40パーセントでしたが、モバイル加入者が2Gのネットワークやデバイスからの移行を進めるにつれ、2020年までに総件数の約70パーセントに増加すると見込まれます。3G/4Gの通信エリアが拡大することの要因に加え、この傾向はスマートフォン接続の増加でけん引されるものです3。スマートフォンは2014年にSIM接続件数の37パーセントを占めましたが、この数字は2020年までに65パーセントに上昇するとみられています。

先進国ではスマートフォンの普及率が既に60パーセントに達していますが、欧州ではSIM接続件数の51パーセントをスマートフォンが占めるのに対して北米では70パーセントとなっており、ばらつきがあります。スマートフォン平均販売価格の低下が続くことから、今後5年間は発展途上国がスマートフォン普及をリードし、2020年までにスマートフォン接続件数が29億件増加すると思われます。

投資で成長を支援

モバイルブロードバンド対応のスマートフォンの使用増加により、モバイルデータトラフィックが爆発的に増加しています。シスコによれば4、世界のモバイルデータの量は2019年まで57パーセント(CAGR)で増加し、その時点で月当たり2万4314ペタバイトに達すると予測されていますが、これはモバイルデバイスによるオンデマンドビデオの利用が増えるとみられるためです。

容量ニーズへの対応と通信エリアの拡大に向け、モバイル通信事業者は次世代のモバイルネットワークに多額の投資を行っています。2014年にモバイル通信事業者は約2160億米ドルの設備投資を行っており、これは前年比で9パーセントの増加となっています。投資の規模は2015年から2020年までの6年間に累計1兆4000億米ドルに達すると見込まれています。

世界経済への貢献増大

モバイル産業は世界経済の要となっています。2014年にモバイル産業が世界経済に貢献した額は3兆米ドルに達し、これは世界の国内総生産(GDP)の3.8パーセントに相当します5。2020年までに、モバイル産業による貢献額は3兆9000億米ドルに増加すると見込まれ、これはその時点に予想される世界のGDPの4.2パーセントに当たります。

モバイル産業は2014年に世界で1280万人を直接雇用し、さらに1180万件の職を間接的に支えており、合計では2460万件となります。この数字は2020年までに2870万件に達し、1530万人の男性・女性がモバイル産業に直接雇用されると予測されます。昨年、世界で140億米ドル超の政府収入を生み出した周波数利用料を除外したとしても、モバイル産業は税金や社会保険料を通じて公的財政に4110億米ドルの貢献をしたと考えられます。この公的財政への貢献は2020年までに4650億米ドルに増加すると見込まれます。

ブーベロ事務局長は、次のように語っています。「通信事業者にとって、モバイルブロードバンドネットワーク、スマートフォン、その他のコネクテッドデバイスを基に、このように構築されつつある新デジタルエコシステムを実現するために、それを支援する規制枠組みが必要です。本日発表した新しい報告書では、モバイルが牽引するデジタル経済での投資・競争・革新を活発化するために政策立案者が取りうるステップを数多く提案しています。例えば、市場主導の再編に対する制約の軽減、通信事業者に対する十分な周波数の提供、維持可能な形で地方にモバイルネットワークの通信エリアを拡大するための通信事業者への支援などを提案しています。」

報告書全文と関連の情報画像については、http://gsmamobileeconomy.com/をご覧ください。

GSMAについて

GSMAは世界中のモバイル通信事業者を代表する団体で、モバイル事業約800社を結集しています。そのうち250社は携帯電話機および端末メーカー、ソフトウエア企業、機器プロバイダー、インターネット企業など、広範囲なモバイル・エコシステムを構成する企業であり、関連業界セクターの組織も参加しています。GSMAはモバイル・ワールド・コングレス、モバイル・ワールド・コングレス上海、モバイル360シリーズといった業界を主導するイベントの開催も 行っています。

詳細情報については、GSMAのウェブサイトwww.gsma.comをご覧ください。GSMAをツイッターでフォローしてください:@GSMA

1 ユニークモバイル加入者は1人の個人ですが、複数のモバイル接続にカウントされる場合があります。

2 接続数はモバイルネットワークに登録される1枚のSIMカードとして定義されています。

3 スマートフォンによる接続は1つのスマートフォンに登録・使用される1つのSIMカードで定義されています。販売・出荷されたスマートフォンの数を表すわけではありません。

4 シスコ・ビジュアル・ネットワーキング・インデックス:世界のモバイルデータトラフィックに関する最新予測(2014年~2019年)(Cisco Visual Networking Index: Global Mobile Data Traffic Forecast Update, 2014–2019)

5 2014年の総GDPに影響する直接・間接の貢献要因には、モバイル通信事業者(1.0%)、関連業者(機器メーカーやインフラベンダーなど)(0.4%)、一般的な経済的影響(0.3%)、生産性改善(2.2%)が含まれています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

For the GSMA
Charlie Meredith-Hardy, +44 7917 298428
CMeredith-Hardy@webershandwick.com
or
GSMA Press Office
pressoffice@gsma.com

Contacts

For the GSMA
Charlie Meredith-Hardy, +44 7917 298428
CMeredith-Hardy@webershandwick.com
or
GSMA Press Office
pressoffice@gsma.com