ルーミス・セイレス、新興国市場チームの投資ストラテジストを増員

ボストン & ロンドン--()--(ビジネスワイヤ) -- ルーミス・セイレスは本日、エスティ・ドゥウェックを新興国市場チームのグローバル・ストラテジストとして採用したと発表しました。ドゥウェックは、新興国市場責任者のピーター・マーバーおよびルーミス・セイレスのロンドン・オフィス共同マネジング・ディレクターのクリスティーン・ケニーの下、ルーミス・セイレスのロンドン・オフィスで勤務します。

この新設されたポストで、ドゥウェックは新興国市場の動向の分析、ならびに新興国の国別配分と資産配分に関する推奨を担当します。新興国チームの一員として、ドゥウェックはセルサイドのアナリスト、コンサルタント、見込み顧客および既存の顧客と共に働きます。

ピーター・マーバーは、次のように述べています。「ドゥウェックがチームに加わったことを大変うれしく思います。ドゥウェックとは一緒に仕事をしたことがありますが、ドゥウェックは思慮深く有能な投資家であり、意思疎通もスムーズです。」

クリスティーン・ケニーは、次のように述べています。「ドゥウェックがロンドンのチームに加わることで、欧州の資産運用・投資業界における当社の業務範囲が広がり、グローバルな運用会社としての当社のサービスと能力が強化されます。」

ルーミス・セイレスは、過去20年以上にわたって新興国資産の運用に従事しています。2014年12月31日時点の当社の新興国資産の運用額は162億ドルで、このうち約83億ドルが外貨建て、79億ドルが現地通貨建てです。

2014年、ルーミス・セイレスは新興国市場のポートフォリオ・マネジャーとして新たに3名を任命しました。ジョシュア・デマシとマイケル・マクドノーが7月に新興国株式ポートフォリオ・マネジャーに任命され、4月にはエリザベス・コレランが新興国債券ポートフォリオ・マネジャーとして加わりました。

ルーミス・セイレス入社前、ドゥウェックはロンドンで6年近くにわたってHSBCのプライベートバンク部門の投資ストラテジストを務めていました。それ以前、ドゥウェックはロンドン、ジュネーブ、ニューヨーク、シンガポールでHSBCプライベートバンクのグラジュエート・プログラムに参加しました。プリンストン大学で学士号を取得しており、CISI(英国証券投資研究所)認定資格を保有しています。

ルーミス・セイレスについて

1926年以来、ルーミス・セイレス・アンド・カンパニーは機関投資家とミューチュアル・ファンドのクライアントの投資ニーズに応えてきました。特別な機会を追求する成果重視の投資会社として、ルーミス・セイレスはファンダメンタルズのリサーチ、システマティックなリスク評価、経験に基づくポートフォリオ運用を組み合わせたアクティブ運用を採用しています。このような豊かな伝統により、ルーミス・セイレスは世界各地のクライアントの信頼と尊敬を獲得し、2014年12月31日時点での運用資産は2302億ドルを超えています。

MALR021819

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Loomis, Sayles & Company
Erin Heard, 617-960-2029
eheard@loomissayles.com

Contacts

Loomis, Sayles & Company
Erin Heard, 617-960-2029
eheard@loomissayles.com