シエラ・ワイヤレスが世界の4G LTEネットワーク向けに次世代のエアリンク・ゲートウェイを発表

より広範なLTE周波数帯に対応したモバイルゲートウェイのエアリンクGX450とエンタープライズゲートウェイのエアリンクES450が、LTEネットワークの拡大に応じて世界規模の適合性と最適な性能を提供

加ブリティッシュコロンビア州バンクーバー--()----(ビジネスワイヤ)-- シエラ・ワイヤレス(NASDAQ:SWIR)(TSX:SW)は本日、シエラ・ワイヤレス・エアリンク(AirLink®)ゲートウェイ製品の次世代版のリリースを発表しました。4GモバイルゲートウェイのエアリンクGX450と、4GエンタープライズゲートウェイのエアリンクES450は、より広範なLTE周波数帯をサポートして、世界中のネットワークとの適合性を提供します。

シエラ・ワイヤレスのエンタープライズソリューション担当シニアバイスプレジデントのEmmanuel Walckenaerは、次のように述べています。「当社の次世代版エアリンク・ゲートウェイのリリースで、顧客は各国で導入できる単独ソリューションを購入して、調達と管理を簡素化できるようになります。また、LTEネットワークが拡大して、増大するトラフィックを伝送するため異なる周波数帯を採用する際に、顧客はLTEネットワークの拡大する容量を活用できます。」

次世代4GモバイルゲートウェイのエアリンクGX450は堅牢な専用モバイルゲートウェイで、自動車に導入されるすべての機器とアプリケーションにブロードバンド接続機能を提供し、それらをリモートモニタリング/管理できるようにします。エアリンクGXシリーズは北米のモバイルゲートウェイ市場をリードしており、自動車内の接続と重要情報へのアクセスにおいて、法の執行、緊急サービス、公益事業、現場サービスに携わるプロフェッショナルから広く頼りにされています。

4GエンタープライズゲートウェイのエアリンクES450は、シンプルかつ安全な手段として、ワイヤレスでビジネス取引を管理し、PCI準拠システムを導入できるようにします。エアリンクES450は、取引処理を有線接続から無線接続に自動的に切り替えられるほか、障害発生時にIT担当者に通知したり、ネットワーク機器のリモートトラブルシューティングを行ったりして、通常営業に復旧させることができます。LTE周波数帯のサポートを拡大したエアリンクES450は、オーストラリアとアジアのほか、既存チャネルを通じて北米と欧州で、既に提供可能です。

詳細情報:

新しいエアリンクGX450とエアリンクES450が対応可能なすべてのLTE周波数帯は、ベライゾンXLTEに対するサポートを含め、http://www.sierrawireless.com/AirLinkでご確認いただけます。シエラ・ワイヤレスの販売窓口へのお問合せは、+1 (604) 232-1488までお電話いただくか、http://www.sierrawireless.com/salesをご覧ください。

編集者への注記:

シエラ・ワイヤレス製品の画像を閲覧・ダウンロードするには、http://www.sierrawireless.com/newsroom/productimages.aspxにアクセスしてください。

シエラ・ワイヤレスについて

シエラ・ワイヤレス(NASDAQ:SWIR)(TSX:SW)は、機器間 (M2M) 通信デバイスとクラウドサービスで世界をリードし、ネットワーク接続された世界を簡素化するインテリジェントな無線ソリューションを提供しています。当社は業界で最も包括的な2G、3G、4Gの組み込みモジュールとゲートウェイのポートフォリオを提供しており、これらの製品は当社のセキュアなM2Mクラウドサービスとシームレスに統合できます。OEM、企業、モバイルネットワーク事業者を含む世界の顧客は、ネットワーク接続した製品やサービスを市場に素早く投入するために、当社の革新的ソリューションに信頼を寄せています。シエラ・ワイヤレスは世界各地に900人以上の従業員を抱え、北米、欧州、アジアに研究開発センターを有しています。詳しい情報については、www.sierrawireless.comをご覧ください。

AirLinkとAirVantageはシエラ・ワイヤレスの商標です。本リリースで言及するその他の製品とサービス名は、それぞれの所有者の商標である可能性があります。

将来見通しに関する記述

本プレスリリースには将来見通しに関する記述が含まれ、それらの記述にはリスクおよび不確定要素が含まれています。そうした将来見通しに関する記述に関連した内容として、特に当社のサービスや製品の導入および機能強化に関する計画や時期、将来の市場状況、供給状況、流通経路やエンドユーザーからの需要状況、売上高、粗利益率、営業費用、利益、その他の予想事項、意向、計画など、このプレスリリースには含まれながら歴史的事実ではない事項があります。将来の売上高と利益に関する当社の予想は、当社の能力として、現在のところ当社が製造しておらず、規定された仕様を満たす製品を当社が首尾よく開発・製造・供給する能力に一部依存しています。このプレスリリースの中で、「計画する」、「予想する」、「考える」、その他類似の表現が使われた場合、それらの表現は通常、将来見通しに関する記述を表しています。それらの記述は当社の現在の予想を反映しています。それらの記述は、技術の変化やワイヤレスデータ通信市場の変化など、多くのリスクや不確定要素の影響を受けますが、これらに限定されるわけではありません。ワイヤレスデータ通信市場を取り巻く多くのリスクや不確定要素を踏まえ、このプレスリリースに含まれる将来見通しに関する記述が現実化すると、当社が確約できないことを読者は理解する必要があります。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Sierra Wireless
Sharlene Myers, +1 (604) 232 1445
smyers@sierrawireless.com

Contacts

Sierra Wireless
Sharlene Myers, +1 (604) 232 1445
smyers@sierrawireless.com