NOC:クロス・カントリーの優れた人材を世界からノルウェーに招待

ノルウェー・スキー連盟は、9カ国、90人の優れたクロス・カントリー・スキー選手を訓練と将来設計のヒントを得る機会としてオスロとリレハンメルに招待しました。このトレーニング合宿は、8月8日から15日まで行われます。

オスロ--()--(ビジネスワイヤ) -- クロス・カントリーはノルウェーで最も人気の高いスポーツであり、過去何年間もノルウェーの名高いオリンピック選手の多数がクロス・カントリーから出ています。現在、ノルウェーは世界のクロス・カントリーのトップを歩んでおり、ノルウェーのクロス・カントリーは豊富な人材と十分な体制によって今後も発展が可能です。

- クロス・カントリーの代表チームの成果は私たちの誇りであり、ノルウェーのスポーツの最高のモデル、すなわち努力、協力、熱意を表しています。ノルウェーがトップの地位にあるということは、クロス・カントリーがノルウェーほどの地位を得ていない他国の関係者に対して義務があることを意味します。またもちろん、他国の選手から学ぶべきことも多くあります。ノルウェーに若い有能なスキー選手を招待するのはそれが理由ですと、ノルウェー・スキー連盟のErik Røste会長は述べています。

オスロとリレハンメルでの充実した1週間に、選手は毎日2回のトレーニングを受けます。ノルウェーで最も名高いクロス・カントリー選手による啓発セッションも行われます。知識を共有することの重要性は、トレーニング合宿の重要な構成要素です。

- 私たちは、国家レベルと国際レベルでスポーツを発展させる最良の方法は関係者や競争相手と知識を共有して洞察を得ることだと確信しています。ノルウェーは国内の多様なスポーツの選手やコーチの間で知識を共有してきた大きな伝統を持っています。ノルウェー・スキー連盟によるこのイニシアチブは、知識共有というこの精神を国際レベルに高めるものです。私たちは、2016年にリレハンメルで行われるユースオリンピック冬季大会で世界から集まる若いウィンター・スポーツの選手とさらにスポーツの知識を共有することを目指しています。また、世界から集まる関係者から私たちも多くのことを学ぶことができると確信していますと、ノルウェー・オリンピック&パラリンピック委員会・スポーツ連盟のインゲ・アンデルセン事務局長は語っています。

この国際的なユース・キャンプは、ノルウェー・スキー連盟とスタトイルとの「未来のヒーロー」事業の一部です。

- 人材育成は、努力と訓練時間だけの問題ではありません。他の国や文化から刺激や視点を得ることも成功の鍵ですと、スタトイルのリーダー・スポンサーシップ執行&戦略のMarius Rosenberg Amundsenは語っています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

For more information, please contact
Norwegian Olympic and Paralympic Committee and Confederation of Sports
Magnus Sverdrup
mobile: +47 996 45 856
Special Adviser
E-mail: magnus.sverdrup@idrettsforbundet.no

Contacts

For more information, please contact
Norwegian Olympic and Paralympic Committee and Confederation of Sports
Magnus Sverdrup
mobile: +47 996 45 856
Special Adviser
E-mail: magnus.sverdrup@idrettsforbundet.no