ボストン・ストラテジクス: エーザイとのライセンス契約を発表

ボストン--()--(ビジネスワイヤ) -- 米国マサチューセッツ州ボストンに本社をおく臨床ステージの総合医薬品研究開発会社Boston Strategics CorporationBSC)は、日本のグローバル製薬会社であるエーザイ株式会社(エーザイ)と同社の抗がん剤E6201について独占的導入開発契約を締結したと発表しました。

E6201はFLT3/MEKの二重キナーゼ阻害剤で、Phase 1臨床試験を終了、抗腫瘍効果の兆候と良好な安全性プロファイルが確認されました。 テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンターで実施された最新の前臨床試験結果に支持された強力な科学的根拠に基づいて 、BSCはアンメットニーズの高い(新たな治療法が求められる)FLT3変異型急性骨髄性白血病(AML)患者を対象に年内にも米国で臨床有効性実証(PoC)試験を開始します。

エーザイとの契約において、BSCはE6201をすべてのがん適応症でワールドワイドに開発・販売する権利を取得しました。このコラボレーションは、BSCが“True” Open Innovation™プラットフォームを適用して患者さんのヘルスケアを著しく改善する可能性をもった有望な薬剤を開発するための最初の試みで、グローバル医薬品開発に対する新たな包括的アプローチを創造するためのBSCのビジョン達成に向けた第一歩となるものです。

「今回の導入契約は、BSCにとって非常に重要なマイルストーンであり、成功確率(PoS)を増し、主要な戦略的パートナーとリスクを共有することで医薬品開発プログラムを推進するという我々のコンセプトを確証するものです」と語るのは、BSCの北山英太社長。「エーザイは、このようなアプローチの真価を認め、この新たなプラットフォームを足場とするE6201のがん領域での開発をBSCに委ねました。BSCは、業界標準を凌駕するスピード、品質、投資形態により、我々のイノベ―ティブなアプローチが画期的な治療法の創出につながることを実証するために最善を尽くします。そして、その結果として、増大を続ける医薬品イノベーションと開発にかかるコストに歯止めをかけたいと考えています。」

Boston Strategics CorporationBSC)について:
BSCは、グローバル医薬品開発プログラムを後期探索研究段階からトランスレーショナル研究、Phase 1(First in Man)・臨床有効性実証(PoC)試験まで開発、管理、最適化する経験を有する総合医薬品研究開発会社です。BSCのミッションは、“True” Open Innovation™プラットフォームを使って医薬品開発のパラダイムを変革することで絶間なく患者さんのヘルスケアの改善に努めることです。

“True” Open Innovation™について:
「真の」オープンイノベーションは、既存インフラに依らず、各分野の主要な専門知識を外部から導入することで内部インフラに起因する限界を突破するための画期的ビジネス・コンセプトです。医薬品開発のように非常に専門性の高い産業では、大きな内部組織やチームの専門的能力の限界が致命的となります。「真の」オープンイノベーションは、大きな組織への依存を減らし、個々のプログラムの特性に応じて重要な医薬品開発の専門的能力を外部から導入することで、このような限界を乗り越えようとするものです。

テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンター(MDACC):
MDACCは、世界最大級のがんセンターで、2012年には約11.5万人のがん患者に治療を提供し、そのうち約8500人が臨床試験に参加しました。2013年7月、BSCは同センターと戦略的アライアンス契約を締結し、強力な臨床開発能力を確立しました。

Contacts

連絡先
Boston Strategics Corporation
Eita Kitayama, MSc(北山英太)
+1-781-258-9721 (cell)
Founder / President / Producer
Eita.Kitayama@BostonStrategics.com
www.BostonStrategics.com

Contacts

連絡先
Boston Strategics Corporation
Eita Kitayama, MSc(北山英太)
+1-781-258-9721 (cell)
Founder / President / Producer
Eita.Kitayama@BostonStrategics.com
www.BostonStrategics.com