モトローラとの特許侵害紛争で地方裁判所がLPKFに有利な判断

独ガープゼン 独ガープゼン--()--(ビジネスワイヤ) -- ガープゼンのレーザー専門企業のLPKFは本日、レーザー・ダイレクト・ストラクチャリング(LDS)に関する特許権侵害紛争で予備的勝利を得たと発表しました。2014年7月8日に、マンハイム地方裁判所は、モトローラ・ドイチラントおよびモトローラ・モビリティUSAに対して当該特許を侵害している携帯電話をドイツ内で販売することを止めることを命令し、モトローラ・ドイチラントに対して当該特許を侵害しているすべての携帯電話を商業顧客から回収することを命令しました。また、裁判所は、両被告が賠償金を支払う必要があると判断しました。この判断は、上訴されることがあります。

LPKFが特許権を取得しているLDSプロセスは、携帯電話とタブレットPCに使用する複雑なアンテナの生産に使用されることが増えています。2013年には、この特許は中華人民共和国で無効が宣言されました。LPKFはその後手続きを再開する申請を行い、中国の最高人民法院はその審査を受理しました。また、LPKFは模造したLDSコンポーネントを中国外で流通させている携帯電話メーカーに対して一貫した行動を取っています。

LPKF最高経営責任者(CEO)のIngo Bretthauer博士は、LDS特許を主張する戦いの中でモトローラの不当性を示す判断が出たことを正当だと考え、次のように述べています。「特許の魅力が高いほど、それを守るための仕事は厳しくなります。当社は中国で特許権を得る戦いを継続し、中国外での侵害に対して一貫した行動を取っていきます。これは、テクノロジー企業の日常業務の一環です。」

言語:英語
会社:LPKF Laser & Electronics AG
Osteriede 7 30827 Garbsen Germany
電話:+49 (0) 5131 7095-0
FAX:+49 (0) 5131 7095-95

電子メール:

investorrelations@lpkf.com

インターネット:www.lpkf.com

ISIN:DE0006450000
WKN:645000
上場:フランクフルトの規制市場(プライム・スタンダード)、ベルリン、デュッセルドルフ、ハンブルク、ミュンヘン、シュツットガルトの自由市場

Contacts

LPKF Laser & Electronics AG
Bettina Schäfer
Tel: +49 (0) 5131 7095-1382
bettina.schaefer@lpkf.com
or
katja.fischer@lpkf.com

Contacts

LPKF Laser & Electronics AG
Bettina Schäfer
Tel: +49 (0) 5131 7095-1382
bettina.schaefer@lpkf.com
or
katja.fischer@lpkf.com