見つかる!儲かる!助かる! 経営者の味方 WizBiz(ウィズビズ)

Powered by Business Wire

クリエイティブ・アーティスツ・エージェンシーがスティーブ・ハスカー氏をCAAグローバルの最高経営責任者に任命

ロサンゼルス--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- エンターテインメントおよびスポーツ分野の大手エージェンシーのクリエイティブ・アーティスツ・エージェンシー(CAA)は本日、業界のベテランであるスティーブ・ハスカー氏を先日設立されたCAAグローバルの最高経営責任者(CEO)に任命したと発表しました。ハスカー氏は当社の成長プラットフォームと継続中の戦略的イニシアチブを組み合わせ、市場をリードするCAAの代理ビジネスと高成長ビジネスおよび投資との接点を統括します。またCAAの取締役会にも加わり、当社の戦略立案、合併・買収、プリンシパル投資、企業発展活動、ならびに当社のデータ戦略を監督します。

「CAAは、大規模なテクノロジーによる破壊的イノベーションと消費者行動の変化を生かすことのできる優位な地位にあります。長らく業界のリーダーシップをとり、飽くなきイノベーションの追求に努めてきたCAAの歴史を礎に、新たな世界的事業を築き、クライアントと当社に新しい機会をもたらせることを楽しみにしています。」

最近では、ハスカー氏はニールセンホールディングスのグローバルプレジデント兼最高執行責任者(COO)を務め、メディア事業と消費者事業に関わるニールセンの商業、データ、商品関連の活動を統括しました。CAAには2018年1月に入社します。

CAA社長のリチャード・ロベットは、次のように述べています。「CAAグローバルは、CAAが継続的な成長と多角化を進める上で期待を込めた次のステップです。ハスカー氏は業界に変化を起こし、素晴らしい実績を築いてきた辣腕家です。徹底的な候補者探しの末に、協働による成功を優先する当社の文化にも心から賛同してくださる方に出会えたことを、とても嬉しく思います。CAAグローバルはハスカー氏のリーダーシップの下、CAAの優位な位置付けを生かし、世界市場にまたがる人材、コンテンツ、テクノロジー、ブランドのネットワークを活用して、CAAと当社顧客の成長とイノベーションを推進することができると確信しています。」

CAAグローバルは、CAAの12年に及ぶ急成長市場での成功を基にしたCMCキャピタル・パートナーズとの合弁事業のCAAチャイナ、CAAが2008年に設立した商業銀行で、何十億ドルもの合併・買収案件に助言を行い、5億ドルのメディア、テクノロジー、消費者ブランドの投資ビークルを管理するエボリューション・メディア、45のポートフォリオ企業を持つ初期段階ベンチャーキャピタル・ファンドのCAAベンチャーズ、バンクーバーを拠点とし、消費者向けテクノロジー企業と次世代のメディアとエンターテインメント体験を生み出すクリエイティブ・ラボなどの資産を有します。

ハスカー氏は、次のように述べています。「CAAは、大規模なテクノロジーによる破壊的イノベーションと消費者行動の変化を生かすことのできる優位な地位にあります。長らく業界のリーダーシップをとり、飽くなきイノベーションの追求に努めてきたCAAの歴史を礎に、新たな世界的事業を築き、クライアントと当社に新しい機会をもたらせることを楽しみにしています。」

CAAは長きにわたり、世界の優れたアーティストやアスリート、一流ブランドとの卓越したネットワークを持ち、テレビと映画コンテンツ、ライブ体験をパッケージで提供するこのカテゴリーにおけるリーダー企業として認められてきました。また、スポーツビジネスの開始、投資銀行の創設、ベンチャーファンドの設立、テクノロジー・スタートアップ企業の開拓、中国でのプレゼンス確立、プライベートエクイティ・ビークルの設立などを業界で初めて手がけ、業界の進歩を率先してきたエージェントです。

CAAの過半数株主である世界的投資企業TPGの共同創設者のジェームス・クルターは、次のように述べています。「CAAの経営幹部チームはメディアとエンターテインメント業界の進歩を促す能力を発揮しています。CAAへの最初の投資以来、CAAは莫大な可能性を捉えるために拡大と多角化を続けてきました。CAAグローバルはこうした試みの成功を体現する存在です。成長をさらに進められる確かな実績を持つ、熟練した指導者であるハスカー氏が最高経営責任者に就任すれば、CAAが今後も人々の心を躍らせるものを生み出し続けられることは間違いありません。」

2009年のニールセン入社以前には、ハスカー氏はマッキンゼー・アンド・カンパニーのパートナーとしてグローバルメディア/エンターテインメント/インフォメーション部門に従事し、テレビ、データ、フィルム・エンターテインメント、スポーツ、デジタル広告分野の戦略、成長、イノベーションに取り組みました。マッキンゼー入社以前には米国、ロシア、オーストラリアで数々の財務職を務めました。

コロンビア大学とニューヨーク大学の講師を務めるハスカー氏の研究成果は、ハーバード・ビジネス・レビュー誌で発表されています。氏はメルボルン大学を卒業後、コロンビア大学で経営学修士号(MBA)と国際問題の修士号(どちらも優等)を取得しています。

クリエイティブ・アーティスツ・エージェンシーについて

エンターテインメントとスポーツ分野の大手エージェンシーのクリエイティブ・アーティスツ・エージェンシー(CAA)は、映画、テレビ、音楽、演劇、ビデオゲーム、スポーツ、デジタルコンテンツ業界で働き、大きな成功を収めている多くの専門家の代理を務め、企業クライアントにはさまざまな戦略的マーケティングおよびコンサルティングのサービスを提供しています。CAAはスポーツ分野のリーダーであり、フットボール、野球、バスケットボール、ホッケー、サッカー、テニス、ゴルフの世界トップアスリート1000人以上の代理を務め、放送権、企業マーケティング活動、ライセンシング、スポーツ関連不動産の販売・スポンサー機会の分野で事業を行っています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Creative Artists Agency (CAA)
Beth McClinton, 424.288.2247
Beth.McClinton@caa.com