FAWグループとモービルアイ、自動運転における戦略的パートナーシップを結ぶ

FAWグループは、最初に紅旗ブランドの車両に「Mobileye SuperVision™」および「Mobileye Chauffeur™」テクノロジーを搭載し、より深い技術提携を築くことを目指す

(Graphic: Business Wire)

中国長春・エルサレム--()--(ビジネスワイヤ) -- 中国最大級の自動車メーカーFAWグループ(第一汽車集団)と自動運転ソリューションで世界をリードするモービルアイ(Nasdaq: MBLY)は、ソフトウェア、ハードウェア、テクノロジー製品における両社の業界優位性を活用する新たな戦略的パートナーシップを結ぶと発表しました。両社は協力して、「Mobileye SuperVision™」および「Mobileye Chauffeur™」プラットフォームをベースにした新製品を作り出し、安全で快適な運転体験をお客様に提供します。

FAWグループの取締役会長および党委書記である邱現東とモービルアイの代表取締役社長であるアムノン・シャシュア教授は9月13日に長春で調印式を行いました。両社はFAWの紅旗ブランドの車両で共同作業を開始し、モービルアイの先進運転支援プラットフォームであるSuperVisionを紅旗ブランドの主力車種に搭載します。その後、両社は特定領域向けのMobileye Chauffeur「アイズオフ、ハンドオフ」の運転技術を待望のE701車両に統合するための作業を密接に行います。Mobileye SuperVision計画は2024年末までの導入を目指し、Mobileye Chauffeur計画は2025年末までの立ち上げを目指しています。

一方、FAWグループの他のブランドは、モービルアイのプラットフォーム・ソリューションを使用して徐々にその後に続きます。また、両社は協力をさらに深めていくために実行可能な計画について包括的な議論を行う予定です。

FAWグループは中国の自動車産業の先駆けとして、消費者が求める世界トップクラスのグリーンでインテリジェントなモビリティサービス会社をつくることに常に尽力してきました。70年間の発展を通して、技術革新とサービス・アップグレードによってユーザーエクスペリエンスを常に更新してきました。

Mobileye SuperVisionは、FAWグループの先進運転支援プラットフォームの不可欠な一部となり、その領域で他にはない運転体験を提供します。その統合を契機にMobileye Chauffeurは、特定環境ではハンドオフ、アイオフの自動運転を、他の環境ではSuperVisionカメラおよび前面ライダーをMobileye撮像レーダーと組み合わせることで適応アイオン運転を可能にします。どちらのシステムも、モービルアイのEyeQ™6 SoC、RSS™をベースにした自動運転ポリシー、包括的な360度カメラシステム、精密なマッピングを使用します。

「それぞれの業界のリーダーであるFAWグループとモービルアイの協力の目標は、中国市場で最先端の先進運転支援システムおよび自動運転車ソリューションを提供することです。この協力により、両社のパートナーシップと提携が深まります。モービルアイの製品は最初に紅旗ブランドに搭載され、その後FAWグループ内の他のブランドに拡大されます」と、FAWグループの取締役会長および党委書記である邱現東は述べています。

「FAWグループがこの事業のためにモービルアイを選択したことは、この協力の重要さを浮き彫りにしています」と、モービルアイの代表取締役社長であるアムノン・シャシュア教授は述べています。「この提携は、FAWグループが過去70年間に築いてきた規模や専門知識と、当社の世界最高の技術を使用して、地域内外の自動運転の未来を形作る可能性があります。当社の技術を世界中の1億5,000万台以上の車両に搭載した豊富な経験を生かすことで、自動運転が何百万人もの人々のために交通安全、利便性、アクセシビリティを向上させる未来が見られます」。

プロジェクトの詳細情報は、今後数か月以内に発表される予定です。

モービルアイについて

モービルアイ(Nasdaq: MBLY)は、自動運転および運転支援技術でモビリティ革命をリードし、コンピュータービジョン、人工知能、マッピング、データ分析における世界的に名高い専門知識を活かしています。1999年の創業以来、地図生成システム「REM™」、センシングシステム「True Redundancy™」、責任感知型安全(RSS)などの画期的な技術を開拓してきました。これらの技術は、自動運転車両とモビリティソリューションを可能にし、業界をリードする先進運転支援システムを駆動し、モビリティ・インフラストラクチャを最適化するための貴重な情報を与えることにより、先進運転支援システムと自動運転車の業界をモビリティの未来に向けて推進しています。現在までに、世界中で1億5,000万台以上の車両がモービルアイのテクノロジーを搭載して製造されています。2022年にモービルアイはインテル(Nasdaq:INTC)とは別の独立企業として上場し、インテルはその株式の過半数を保持しています。詳細情報については、https://www.mobileye.comをご覧ください。

FAWグループについて

FAWグループ(中国第一汽車集団)は、国営の大手自動車企業であり、「第1次5か年計画」の主要な建設プロジェクトの1つです。1953年に基盤が築かれた後、1956年に正式に運営を開始し、中国初のトラック(解放)を製造しました。1958年、中国初のミニバン(東風ブランド)と最初の高級セダン(紅旗ブランド)を製造しました。

70年間の発展を経て、FAWグループは、中国北東部、北部、東部、南部、南西部に5つの生産拠点を設立して年間512万台の車両生産能力を備えています。グローバル化した研究開発活動を行い、紅旗、解放、奔騰などの自社ブランドおよびフォルクスワーゲン(アウディ)、トヨタなどの合弁事業のブランドを保有しています。8月末現在、累積5,600万台を超える車両を生産および販売しており、中国の自動車業界において販売台数が一貫して第1位にランクされています。中国の自動車産業においては、当社の販売台数が常に第1位にランクされています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

聯絡人

Press contact: media@mobileye.com

聯絡人

Press contact: media@mobileye.com