HKTDC香港玩具&ゲーム・フェアを2023年1月に再び開催

世界から訪れるバイヤーへの便宜のため、検疫を撤廃

HKTDC香港玩具&ゲーム・フェアを2023年1月に再び開催(写真:ビジネスワイヤ)

香港--()--(ビジネスワイヤ) -- 香港貿易発展局(HKTDC)が主催する第49回目の香港玩具&ゲーム・フェアが、オンラインとオフラインのショーを統合したまったく新しいEXHIBITION+モデルの下で開催されます。物理的なフェアが2023年1月9~12日に香港会議展覧中心(HKCEC)で開催される一方で、オンラインの展示会が1月9~19日に開催され、世界中の売買担当者のビジネス機会獲得を対面とオンラインの両方で支援します。今年のフェアでは「遊ぶことで結びつく・家族とそれ以上」というテーマの下、昔ながらの玩具からハイテクのゲームまで、有名ブランドから新興ブランドまで、多種多様な製品を展示します。

世界から訪れるバイヤーへの便宜のため、検疫措置をさらに緩和

香港特別行政区政府は、2022年9月26日より、インバウンド旅行者の検疫措置をさらに緩めると発表しました。「0+3」スキームの下、インバウンド旅行者は飛行機搭乗前のPCR検査や指定ホテルでの検疫が不要となりました。3日間の医学観察措置の期間中で黄色コードの旅行者も、B2Bイベントに参加できます。Return2hkスキームとCome2hkスキームは中国本土とマカオの全地域に拡大され、1日当たり入境者数の上限もなくなります。インバウンド旅行者に対する最新の検疫措置は、香港玩具&ゲーム・フェアのほか、同時開催の香港ベビー用品フェアと香港国際文具フェアを訪れる世界中のバイヤーの便宜を図るためのものです。

多種多様な製品を展示

バイヤーが目当ての製品を見つけやすいように、このフェアではいくつかの製品ゾーンを設けます。例えばブランド・ネーム・ギャラリーでは、目を引くデザインや画期的機能のブランド製品を展示します。キッダルト・ワールドでは、大人向けの製品としてホビー用品、マジック用品、アクション・戦争ゲーム用品のほか、アート玩具、モデル、フィギュアを展示します。また今回のフェアでは、前回と同様にスマートテック・トイのゾーンも設けられ、AI、AR、VRなどの革新的技術を取り入れた玩具やゲームを展示します。またグリーン・トイも、業界で現在最もホットなトピックの1つとして大きく取り上げ、市場のニーズに応えます。

バイヤーの無料入場登録:https://bit.ly/3EAHJ6O

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Hong Kong Trade Development Council
Doris Cheng
Email: doris.py.cheng@hktdc.org
Tel: (852) 2240 4606

Contacts

Hong Kong Trade Development Council
Doris Cheng
Email: doris.py.cheng@hktdc.org
Tel: (852) 2240 4606