GIGABYTE MWCでエッジ技術を紹介し、5G導入への道を開く

台北--()--(ビジネスワイヤ) -- コンピューター技術の世界的リーダー企業GIGABYTEは、MWC(モバイル・ワールド・コングレス)に参加して、エッジコンピューティングに関連する製品と洞察的知見についてプレゼンテーションを行い、今後の5Gの導入と6Gの計画を形作るイノベーターや意思決定者と共に議論します。

GIGABYTEプレゼンテーションで取り上げるサーバーシリーズは、奥行きが短く取り扱いやすいものであり、x86ないしアームのプラットフォームで提供され、多様なアプリケーションをサポートします。これらのエッジサーバーは、電気通信分野の導入でより多くの環境に適合するよう、奥行きがわずか400~600mmに短縮されているだけでなく、ユーザーのアプリケーションにより近い場所でAIとデータ処理の困難な作業負荷に対処するためのHPCとして機能する準備が整っています。

  • E152-ZE0 - 第3世代のAMD EPYC 7003/7002プロセッサーをサポートし、奥行きが400mmと非常に短く、8個のDIMMスロットを備え、2個のU.2 NVMe SSDをサポートします。デュアルスロットGPU用のE152チャンバーは、Gen4×16で動作する2枚のシングルスロットカードと、2つのフロント用薄型拡張スロットにも使用でき、ユーザーに強力なパフォーマンスと実装の柔軟性をもたらします。
  • E162-220 - 第3世代のインテルXeonスケーラブルプロセッサー用に設計されており、業界標準の8チャンネルメモリー用に16個のDIMMを備え、2個のU.2 SSDと3個のM.2コネクターをGen4 PCIe伝送と共にサポートします。すべてのI/Oが同じ方向に設計されているため、データセンターへの設置に適しているだけでなく、基地局に導入して5G MECやエッジコンピューティングのサービスを提供する場合にも適しています。
  • E251-U70 - 第2世代のインテルXeonスケーラブルプロセッサー用に設計されたGIGABYTEの最初のエッジサーバーで、正面左側で6個の2.5インチSATA/SASベイを、正面右側でデュアルスロットGPUとFHFLシングルスロットカードをサポートしています。このサーバーで特に注目すべき点は、NVIDIAエアリアル・デベロッパー・キットでvRANスタックの開発・導入用に選択されたことです。NEBS設計に対応したSKUバリアントのE251-U71は、高い温度、湿度、高度などの極端な条件に合わせて設計されています。
  • E252-P30 – このサーバーは、アームのアーキテクチャーに基づく作業負荷向けに構築されており、最大80コアのアンペア製Altra(アルトラ)プロセッサーを採用し、クラウドでの豊富な可能性を実現できるようにと16個のDIMMを搭載しているため、TCOを考慮すれば実行可能な選択肢です。薄型アクセラレーター、ストレージ、ネットワーキングに使用する6個のSSDベイと多数の拡張スロットを装備しています。

5G導入の成功には高密度かつインテリジェントに結ばれたMECネットワークの普及が必要であるため、GIGABYTEのエッジサーバーのシャーシの「奥行きの短かさ」とそのパフォーマンス機能の「取り扱いやすさ」は、電気通信において不可欠な資産であることが今後判明するでしょう。

GIGABYTEは、技術業界におけるエンジニア、ビジョナリー、リーダーとして、ハードウエアの専門性、特許取得済みの革新成果、業界リーダーシップを活用することで、創造をもたらし、元気を与え、進歩を達成しています。称賛に値する活動経験を30年以上にわたって持つGIGABYTEは、ITインフラのバックボーンであること、そして科学技術の飛躍的進歩を加速させることができるデータセンターの専門知識と最先端のサーバー製品を業界に提供できることをうれしく思います。

https://www.mwcbarcelona.com/exhibitors/gigabyte-technology
他のプレゼンテーションを見る:https://www.gigabyte.com/Tech-Tune-In?MWC21

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Media Contact: Michael Pao brand@gigabyte.com

Contacts

Media Contact: Michael Pao brand@gigabyte.com