ノースリーフ、確固とした基盤を有するグローバル・セカンダリー部門の統括と拡大を目的にシェーン・フィーニーを任命

CPPインベストメンツでプライベート・エクイティ部門のグローバルヘッドを務めていたフィーニーがノースリーフに加わる

トロント--()--(ビジネスワイヤ) -- ノースリーフ・キャピタル・パートナーズ(ノースリーフ)は本日、シェーン・フィーニーがセカンダリー部門のグローバルヘッドとして入社したと発表しました。フィーニーはトロントを拠点とします。

フィーニーは、ノースリーフのセカンダリー業務全般を統括し、グローバルなセカンダリー投資において大きな成功を収めてきた当社の18年間の実績を礎に、セカンダリー・マーケットの急速な拡大が続く中、既存のチームの能力をさらに強化します。

直近ではフィーニーは、2021年3月31日現在の運用資産残高が4972億ドルに達する世界最大の機関投資家の一つであるCPPインベストメンツのシニア・マネジングディレクター兼プライベート・エクイティ部門グローバルヘッドを務めていました。同社ではフィーニーは、ダイレクト・プライベート・エクイティ、アジアのプライベート・エクイティ、プライベート・エクイティ・ファンドおよびセカンダリー投資を担当するチームを率いました。フィーニーの指揮の下、CPPインベストメンツのプライベート・エクイティ・プログラムの運用資産残高はおよそ736億ドル増加しました。CPPインベストメンツのプライベート・エクイティ・プログラムの2021年度の純投資収益率は36.3%でした。

ノースリーフのマネジング・パートナーで共同創業者のスチュアート・ウォーは、次のように述べています。「フィーニーを当チームに迎えることができ、期待に胸を膨らませています。フィーニーは、当社のセカンダリー部門の継続的な成長と進化、さらに当社のグローバルなプライベート・マーケット投資プラットフォーム全般に対してすぐさま大きな影響力を発揮するでしょう。プリンシパル投資で優れた実績を有し、グローバルなプライベート・エクイティ・チームおよび投資プログラムの構築で成果を上げてきた経験豊富なリーダーを得られたことを大変うれしく思います。私たちはフィーニーをよく知っています。フィーニーは、当社の戦略、チーム、カルチャーに見事にフィットします。」

これまでにノースリーフは、グローバルなプライベート・マーケット・プラットフォームならびに長期にわたるプライベート・エクイティのスポンサー関係を生かして独自案件のフロー、デューデリジェンス情報および洞察を確保し、あらゆる種類のセカンダリー・マーケット取引に30億ドル以上の資金を投資しています。

フィーニーは、次のように述べています。「ノースリーフは世界クラスのプライベート・マーケット投資運用会社であり、セカンダリー・マーケットに幅広い経験を有し、特にパワー・コーポレーションの関連会社のマッケンジー・ファイナンシャルおよびグレートウエスト・ライフコとの最近の戦略的提携により、高い成長性を示しています。ノースリーフの皆さまと力を合わせ、世界中の投資家のための革新的なプライベート・エクイティおよびセカンダリー・ソリューションの開発におけるノースリーフの長期にわたる実績をさらに高めていくことを楽しみにしています。」

フィーニーは、ノースリーフのグローバルなプライベート・エクイティ・プログラムを統括するマネジングディレクターで共同創業者のマイケル・フラッドの直属となります。

フラッドは、次のように述べています。「フィーニーの任命は、当社にとって重要なリーダーが加わることを意味し、当社の総合的なプライベート・エクイティ・チームの現在の能力とスキルがさらに強化されることになります。GP主導の継続ビークル、単一企業のセカンダリー、その他のストラクチャード取引が広義のセカンダリー・マーケットで一段と大きな役割を果たすようになる中、プリンシパル投資におけるフィーニーの専門的知見とリーダーシップは、当社の既存のダイレクト・プライベート・エクイティ戦略およびチームを補完することになります。当社は以前から、セカンダリー・マーケットの進化が続く中、GP主導のセカンダリー取引、特に単一資産取得で成功を収めるためには差別化された投資スキルが不可欠であることを認識していました。」

フィーニーは、2010年にロンドンのブリッジポイント・キャピタルからCPPインベストメンツに移りました。ブリッジポイントの前には、フィーニーはヘルメス・プライベート・エクイティのダイレクト投資部門にパートナーおよび創業メンバーとして在籍しており、2009年に同社はブリッジポイントに移行しました。それ以前には、フィーニーはロンドンのモルガン・グレンフェル・プライベート・エクイティのアソシエート・ディレクターを務めており、さらにリビングストン・インターナショナル、99センツ・オンリー・ストアーズ、ゲイツ・コーポレーション、エアー・ディストリビューション・テクノロジーズの取締役を務めた経験があります。フィーニーはダートマス大学で経済学士号、INSEADでMBAを取得しました。

ノースリーフは20年を超える実績を有する世界的な大手プライベート・エクイティ投資会社であり、プールド・ファンドと個別勘定を通じて90億ドルを超えるプライベート・エクイティ・コミットメントを運用し、戦略はセカンダリー、ダイレクト、ソリューションの3つの戦略にわたっています。ノースリーフのセカンダリー・プログラムは2003年に導入され、あらゆる種類のプライベート・マーケット・セカンダリー取引に30億ドル強を投資しています。ノースリーフのダイレクト・プライベート・エクイティ戦略を指揮するのは、ニューヨークに拠点を置くダイレクト・プライベート・エクイティ部門グローバルヘッドのマット・シェーファーで、有力プライベート・エクイティ・スポンサー、プライベート・エクイティ支援企業のためのストラクチャード・キャピタル・ソリューション、単一企業のセカンダリー投資と並行して経営権を伴わないダイレクト投資に10億ドルを投じています。ノースリーフのソリューション・プログラムは2001年の導入以来40億ドル以上の資金を集めており、投資家にあらゆるプライベート・エクイティ戦略、セクター、地域へのアクセスを提供する柔軟な投資プログラムの構築を専門としています。

ノースリーフ・キャピタル・パートナーズについて

ノースリーフ・キャピタル・パートナーズはグローバルなプライベート・マーケット投資会社で、公的年金、企業年金、複数事業主年金制度、基金、財団、金融機関、ファミリーオフィスに代わってプライベート・エクイティ、プライベートクレジット、インフラストラクチャー・コミットメントに対して160億米ドルを投資しています。トロント、モントリオール、ロンドン、ニューヨーク、シカゴ、メンローパーク、メルボルンに拠点を置くノースリーフ・キャピタル・パートナーズの総勢150名のチームは、グローバルなプライベート・マーケット投資の発掘、評価、運用に注力しています。ノースリーフの投資ポートフォリオは40カ国における400件を超えるアクティブ運用資産で構成され、特にミッドマーケット企業および資産に重点を置いています。ノースリーフの詳細情報については、www.northleafcapital.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Media Relations:
Wojtek Dabrowski
Provident Communications
t: 647.825.5009
e: wojtek@providentcomms.com

Investor Relations:
Nadine Cannata
Director, Communications
t: 416.477.6623
e: nadine.cannata@northleafcapital.com

Contacts

Media Relations:
Wojtek Dabrowski
Provident Communications
t: 647.825.5009
e: wojtek@providentcomms.com

Investor Relations:
Nadine Cannata
Director, Communications
t: 416.477.6623
e: nadine.cannata@northleafcapital.com