Hanshowがマイクロソフト・アジュール上で画期的な規模の小売業デジタル化を実現

北京--()--(ビジネスワイヤ) -- 従来、拡張性があって廉価なエンタープライズグレードのIoTアプリケーションを小売業界に導入することには、技術上の制約がありました。しかし、デジタル小売りソリューションのリーダー企業であるHanshowはこの度、このデジタル変革を加速させるSaaSソリューションを開発し、店舗の棚を小売業者、店舗経営者、顧客とかつてない規模で結び付け、欧州のアホールド・デレーズの広大な店舗ネットワークの1000万台を超えるIoTデバイスを管理できるようにしました。

アホールド・デレーズとHanshowは2018年に提携を開始し、欧州の一部店舗に電子棚札(ESL)やその他のデジタルソリューションを導入しました。後にこれが拡大し、店舗数は欧州で数百、ESLは1000万超に上り、同期と管理を行うデバイスは膨大な数に達しています。

ESLは小売業のデジタル化における構成要素であり、効率を最大化して、デジタルソリューションの新たな可能性を切り開く上で、ESLを接続するための効果的なソリューションが不可欠です。しかし、1つのクラウドベースのネットワークを通じて、何百もの店舗にある数千万台ものESLを遠隔管理する能力は、Hanshowがマイクロソフトと提携し、この膨大な量の統合に対処できるSaaSソリューションを開発するまで、実現していませんでした。

クラウドサービスとIoT技術によるソリューションの導入は、小売業界で急速に進んでいます。世界的な調査会社のガートナーは、「パブリッククラウドサービスに対する世界のエンドユーザー支出は、2020年の2575億ドルから18.4%増加して、2021年には3049億ドルに達する」と予測しています*。さらに、「サービス型ソフトウエア(SaaS)が依然として最大の市場区分で、2021年には1177億ドルに成長すると予測されるが、アプリケーションインフラサービス(PaaS)はそれよりも高い26.6%の成長が見込まれる」とつけ加えています*。

この提携は、そうしたサービスを採用することの利点を明確にしています。Hanshow SaaSソリューションは、ピーク時に必要なスタッフの急増、人件費、スペースの制約、全体的な生産性など、小売業者が抱える多数の課題に対処するものです。

これまでの利用条件では、小売業者がオンプレミスにサーバーとインフラの独自システムを設置して運用しなければならず、巨額の投資、設定のための膨大な時間、IT専門家からの多くの情報提供が必要でした。

Hanshow SaaSソリューションは、世界の小売業者にインテリジェントかつ導入が容易で使いやすく、分析主導型のプラットフォームを提供します。Hanshow SaaSは入手後ただちに利用可能で、時間と場所に関係なく即座にアクセスできます。データは地域をまたいで共有でき、遠隔からのモニタリングとアップデートもシームレスに行えます。価格の更新や、その他のESLとデジタルソリューションのアップデートを驚異的なスピードで行うことができ、300万台のESLをわずか80分で更新できます。そして、クラウドベースネットワークが必要とする高度なセキュリティーを重視して、Hanshowは世界一流のセキュリティー企業による第三者セキュリティー試験を実施し、マイクロソフト・アジュールが支えるHanshow SaaSのデータ安全性を証明しました。

マイクロソフト・アジアの小売・消費財担当地域リーダーのラジ・ラグニーサン氏は、次のように述べています。「小売り技術におけるこの規模と進歩は、マイクロソフトのSaaSとHanshowの革新的な管理ソフトウエアがもたらす安全性、安定性、拡張性、スピードによって実現しました。この取り組みで目にしているのは、IoTとSaaSで可能になることのほんの始まりに過ぎません。」

Hanshow SaaSには既に1000万台超のESLが統合されていますが、必要であればさらに多くのESLに対応できます。Hanshowの常勤会長兼最高経営責任者(CEO)のShiguo Houは、「小売業のデジタル化をSaaSに統合すれば、その可能性は無限大です。これが未来像です。当社は、こうした利点をさらに壮大な大規模でお客さまと小売業者に提供することを約束します」と語っています。

* ガートナーのプレスリリース、「世界のパブリッククラウドに対するエンドユーザー支出は2021年に18%増加するとガートナーが予測」、2020年11月17日、[https://www.gartner.com/en/newsroom/press-releases/2020-11-17-gartner-forecasts-worldwide-public-cloud-end-user-spending-to-grow-18-percent-in-2021]

Hanshowについて

Hanshow(漢朔科技股份有限公司)は、電子棚札とデジタルストアソリューションを開発・製造する世界的リーダーです。Hanshowは業界の革新的リーダーとして、世界中の顧客に一連の世界クラスのカスタマイズされたIoTタッチポイントとデジタルストアソリューションを提供することに専心しています。インテリジェンスによって実現するHanshowのプラットフォームとシステムは、顧客中心の洞察的知見を提供することで、小売業者による業務の合理化を支援するとともに、さまざまなソリューションの提供によって最適な価格設定戦略をサポートし、消費者により個別化された体験を提供できるようにしています。Hanshowは現在、50カ国以上で2万店舗以上にサービスを提供しています。詳細情報については、www.hanshow.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Media contact: Steve Blake steve.blake@hanshow.com (+86) 1861773244

Contacts

Media contact: Steve Blake steve.blake@hanshow.com (+86) 1861773244