フィボコムのFM150-NAがTモバイルに認定された初の5G無線モジュールに

Fibocom FM150-NA is the first 5G wireless module certified by T-Mobile (Photo: Fibocom)

中国・深セン--()--(ビジネスワイヤ) -- IoT(モノのインターネット)向けの無線ソリューションおよび無線通信モジュールを提供する世界一流企業のフィボコム(証券コード:300638)は本日、当社の5G無線通信モジュールFM150-NAがTモバイルの技術認定(TA)の取得に成功し、Tモバイルが認定する初の5G無線モジュールとなったことを発表します。

今回の認定はフィボコムのFM150-NA 5GモジュールがTモバイルのネットワークで無線接続サービスを提供できるようになったことを意味しており、本製品の米国市場への参入という重要な成果となります。

クアルコムのSDX55チップセットプラットフォームを基盤とするフィボコム製FM150-NAモジュールは、5G NR Sub-6帯をサポートしており、LTEおよびWCDMAというネットワーク規格との後方互換性があります。FM150-NAは、5Gのスタンドアローンネットワーク(SA)およびノンスタンドアローンネットワーク(NSA)の両アーキテクチャーをサポートしており、5G構築の初期段階における顧客の投資上の懸念を解消し、迅速なランディングという商業的要求に応えます。

USB 3.1/3.0/2.0、PCIe 3.0、GPIO、I2S、UIMなどの豊富な拡張インターフェースを備えたFM150-NAモジュールは、4K/8K HDライブストリーミング、ACPC、IIoT、C-V2X、スマートグリッド、スマートホーム、遠隔医療、UAV、AR/VRなど、幅広いIoTアプリケーションをシームレスに実現します。フィボコムのFM150-NAモジュールはこれまで、RoHs/HF/FCC/IC/PTCRBの認証を取得しています。

フィボコムの通信事業者認定部門ディレクターは、次のように述べています。「私たちは、当社のFM150-NAモジュールがTモバイルの技術認定を取得したことを誇りに思います。フィボコムは5G無線モジュール開発の先駆的企業として、eMBB、URLLC、mMTCの機能を搭載した5Gモジュールを提供しています。Tモバイルの認定を取得したことは、当社の5Gモジュールにとって重要な節目となる成果です。」

フィボコムがより多くの産業、より多くのデバイス、より多くのアプリケーションに5Gをもたらしている状況については、https://www.youtube.com/watch?v=mCID9H7HKRY&t=7sをご覧ください。

フィボコムについて

フィボコムは、IoT(モノのインターネット)分野における無線通信モジュール/ソリューションを提供する世界一流企業であり、中国の無線モジュール企業として初めて株式上場(証券コード:300638)を果たした企業でもあります。当社は電気通信事業者、IoT機器メーカー、IoTシステムインテグレーターのためのエンドツーエンドのIoT無線通信ソリューションを提供しています。20年以上にわたりM2MおよびIoTの通信技術にかかわり、その広範な専門性を持つ当社は、5G、LTE/LTE-A、NB-IoT/LTE-M、Android Smart、車載規格、WCDMA/HSPA(+)、GSM/GPRS、Wi-Fi、GNSSなどの高性能無線通信モジュールを独自に開発することができます。また、ほぼすべての業種向けに信頼性・利便性・安全性・インテリジェンス性を備えたIoT通信ソリューションを提供する以外にも、お客さまの特別な要求に応えて最善・最適なIoTモジュールやIoTソリューションをカスタマイズにより提供することにも対応可能です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Media

Ellie Cai
pr@fibocom.com
www.fibocom.com

Contacts

Media

Ellie Cai
pr@fibocom.com
www.fibocom.com