ダーファの技術が森林火災の防止にいかに役立っているか

中国・杭州--()--(ビジネスワイヤ) -- 木が成長するには何十年もかかりますが、火事になればわずか数分で燃えてしまいます。森林火災は突然の破壊を伴う自然災害で、制御が利かないことがよくあります。そのため、森林火災を防ぎ、天然資源や人々の財産、時には人命にまで被害を及ぼさないようにすることは、ダーファ・テクノロジー(大華技術)の優先事項です。

ダーファ・テクノロジーは長年にわたり、森林や草原の火災監視、デジタル・インテリジェンス技術による早期警報、予測、救助、災害後の評価といった包括的な技術支援に向けた能力を開発し、展開してきました。ダーファの技術は、映像知覚システムを空と地上の一体化した監視方法と完全に統合し、予防と、必要に応じた早期の決定的な介入を目的とした強力な「火災ネット」を形成します。

ヤルンツァンポ大峡谷は、地球上で最大かつ最深の峡谷です。この峡谷の森林地帯の地形は複雑で急勾配で深く、貴重で多様な植生生態資源があり、その保護は極めて困難です。ダーファ・テクノロジーは、スマートな森林火災防止監視システムの構築を支援し、デジタル技術によって森林を保護しています。このシステムは熱探知技術に基づいて、360°の長距離監視と24時間365日の無停止保護を実現し、広大な森林と緑豊かな山々を守っています。

湖北省赤壁市の官塘驛森林農場では、ダーファ・テクノロジーが統合的な森林火災防止システムを構築しました。このシステムでは、デュアル・スペクトルの赤外線画像を使用して火災をリアルタイムに検知し、ビデオ画像を指令センターにリンクし、消防隊員の携帯端末のアラームを上空から状況監視を行う6ローター無人機(UAV)に接続しています。このシステムは情報を途切れなく流すため、森林警備隊員がパトロール用端末を片手に対象地域に急行し、現場での指揮や火災対応の捜索・救助といった初期対応を行うことができます。

森林を守るためには、統合された能力を連携させる必要があり、ダーファのソリューションはそれを可能にします。ダーファの社員は、この使命に貢献することに特別な誇りを持っており、次のように述べています。「国内の多くの森林地帯を歩くといつも感慨深いだけでなく、責任を感じます。ダーファ・テクノロジーは、常に森林火災の防止に取り組んできました。当社は今後もテクノロジーを使用して生態系を保護し、情報を使用してグリーンな未来を守っていきます。」

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Media
Vivid Gu
18969121820
PR_Global@dahuatech.com

Contacts

Media
Vivid Gu
18969121820
PR_Global@dahuatech.com