アーサー・D・リトル、自動車・製造業部門の新グローバル・プラクティスリーダーに鈴木 裕人を任命

LONDON--()--アーサー・D・リトル(ADL)は本日、自動車・製造業プラクティスのグローバルリーダーに鈴木 裕人を任命したことを発表しました。世界的なプレゼンスの高まりとともに、さまざまな副次的産業へと多様化が進むなか、これまで9年間にわたり同プラクティスを順調に率い、重要な推進力の役割を果たしてきたジャンカルロ・アグレスティ(Giancarlo Agresti)の任務を、鈴木 裕人が引き継ぎます。

鈴木 裕人はこれまでADLの東京オフィスを拠点に、ADLの東南アジア(SEA)ビジネスの再開、「日本・欧州デスク」の立ち上げの責務を担い、中国や米国その他の市場とも密接に関与してきました。また、モビリティやマネジメントに関する書籍を数冊発行しており、日本の自動車・製造業界のオピニオンリーダーとしても知られています。

アーサー・D・リトル 会長兼CEO、イグナシオ・ガルシア・アルベス(Ignacio García Alves)のコメント:「当社の自動車・製造業部門にて大きな成果をあげられたジャンカルロ・アグレスティ氏に心から感謝の意を表したいと思います。また、当社内の重要な役割である本任務を鈴木 裕人氏が引き受けてくださることを喜ばしく思います。鈴木氏は自動車とモビリティの両分野に関する専門知識を持っておられます。両セクターが引き続き収束していくなか、鈴木氏は、この分野でADLがリーダーシップを確立するうえで適任であると考えています。鈴木 裕人氏が、両市場のリーダーやその他のADLプラクティスリーダーと密接に協働作業を行った経験を持つことも、自動車・製造業プラクティスにおける当社のビジョンを実現していくうえで大きな資産となることでしょう」

アーサー・D・リトル プラクティスリーダー、鈴木 裕人のコメント:「このやりがいのある任務に指名されたことを大変嬉しく思います。世界の自動車産業は、破壊的モバイル技術に後押しされ『世紀に一度の革命』の最中にあります。しかしながら、製造業セクターは、産業的側面と地理的側面の両方において依然として分断されたままです。とはいえ、収束に向かう多くの機会が存在すると私は考えています。当社のビジネスを引き続きグローバルに展開しつつ、これらさまざまな分野の開発に尽力していくつもりです」

鈴木 裕人は、東京大学大学院にて精密機械工学専攻を修了後、2001年にADLに入社。当初は、化学、エレクトロニクス、重工業の分野に取り組んでいました。その後、サプライヤー、プライベート・エクイティ、日本の商社や政府など幅広いセグメントの顧客をサポートしてきました。最近の取り組みでは、自動車・モビリティセクターに焦点を置いています。

Contacts

詳細の問い合わせ先
Cate Bonthuys
Catalyst Comms
+44 7746 546773
cate@catalystcomms.co.uk

Contacts

詳細の問い合わせ先
Cate Bonthuys
Catalyst Comms
+44 7746 546773
cate@catalystcomms.co.uk