ルクセンブルクが国内に設立される比類のない「欧州宇宙資源イノベーション・センター」の創設に向けてESAと提携

Luxembourg Minister of the Economy Franz Fayot (copyright: Ministry of the Economy)

ルクセンブルク--()--(ビジネスワイヤ) -- ルクセンブルクは、「欧州宇宙資源イノベーション・センター」(略称ESRIC)の創設に向けて、欧州宇宙機関(ESA)と戦略的パートナーシップを締結しました。類例のない組織となるESRICは、人間とロボットによる探査および未来の宇宙経済のための宇宙資源利用に関連する科学的、技術的、商業的、経済的側面について、国際的に認められた専門機関となることを目指します。

ルクセンブルクに拠点を置くESRICは今後、同分野の官民の国際的プレイヤーと提携し、宇宙資源に関する欧州の中核的拠点を構築していきます。ESRICの創設は、宇宙資源の探査と利用に関連する活動の発展を支えるエコシステムの確立を目指して2016年にルクセンブルク政府が開始したSpaceResources.luイニシアチブの一環です。

ESRICは、卓越した公的研究と施設、そして民間セクターのイニシアチブや効率性を結びつけながら、宇宙資源の研究開発に焦点を当てた活動を担います。また、商業的イニシアチブやスタートアップ企業を支援してビジネス・インキュベーションの要素を提供すると同時に、宇宙産業と非宇宙産業の間の技術移転を可能にすることによって、経済成長に貢献していきます。

2020年11月18日にESRICでの協力活動に関する実施合意が、ルクセンブルク宇宙局(LSA)の監督機関である経済省、主要なミッション主導研究・技術機関のルクセンブルク科学技術研究所(LIST)、ESAの間で締結されました。ESRICはLIST内に設立され、LISTによって運営されます。ESAは、設備の提供やESRICでの研究活動の実施、ビジネス・インキュベーターへの技術・事業サポートの提供を行います。

合意への署名に際して、ルクセンブルクのフランツ・ファイヨ経済大臣は次のように述べています。「ESRICは宇宙にある資源の利用に全面的な焦点を当てた初の研究・ビジネス・イノベーション機関です。欧州随一のミッション主導型の研究と応用、最高クラスの人材と最先端の設備が成功への鍵となります。」

ESAのヤン・ヴェルナー長官は、次のように述べています。「宇宙資源分野の研究とイノベーションを担う唯一のセンターとしてのESRICの確立におけるESAとルクセンブルクの戦略的パートナーシップを心から歓迎します。私はルクセンブルクの宇宙資源に関するイニシアチブを開始当初より注視してきました。ESA加盟国が新しい取組みを進め、具体的な成果を上げていることをとてもうれしく思います。」

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

https://www.esric.lu/

Contacts

Paul Zenners
paul.zenners@eco.etat.lu
Tel.:(+352) 247-74126
Mobile:(+352) 621-409-141

Contacts

Paul Zenners
paul.zenners@eco.etat.lu
Tel.:(+352) 247-74126
Mobile:(+352) 621-409-141