C3.ai、マイクロソフト、アドビがAIを活用したCRMの改革で協力

C3 AI CRMが顧客中心の業界向けAI使用事例の新カテゴリーと新しいエコシステムを実現

米カリフォルニア州レッドウッドシティ & ワシントン州レッドモンド & カリフォルニア州サンノゼ--()--(ビジネスワイヤ) -- C3.ai、マイクロソフト(NASDAQ:MSFT)、アドビ(NASDAQ:ADBE)は本日、Microsoft Dynamics 365を活用したC3 AI® CRMを発表しました。この初の企業クラスのAI優先顧客関係管理ソリューションは業界専用に構築され、Adobe Experience Cloudが統合されているほか、予測的ビジネス情報を用いて顧客対応業務を促進します。

パートナー企業は、以下のことに合意しました。

  • Microsoft Dynamics 365、Adobe Experience Cloud(Adobe Experience Platformを含む)、そしてC3.aiの業界専用データモデル、コネクター、AIモデルを統合し、マーケティング、販売、カスタマーサービスを含む業界専用のAI対応CRMソリューションを統合したスイートを提供できるように設計された、共同市場参入サービスを提供します。
  • 専任の営業チームを通じて、世界中の複数業界の顧客を対象に、業界専用のAI CRMサービスを販売するほか、代理店や業界パートナーを通じた販売を行います。
  • 当初は、金融サービス、石油・ガス、公益、製造、電気通信、公共部門、ヘルスケア、防衛、インテリジェンス、自動車、航空宇宙などの業界をターゲットとします。
  • 共同ブランドのサービスをグローバルに販売し、顧客の成功に向けて真剣に取り組みます。

C3.ai最高経営責任者(CEO)のトーマス・M・シーベルは、次のように述べています。「マイクロソフト、アドビ、C3.aiは、シーベル・システムズが25年以上前に生み出した市場を作り変えています。市場のダイナミクスとデジタル変革を余儀なくされていることから、CRM市場の要件が大幅に変わりました。汎用的なCRMの記録システムでは、もはや不十分です。現在のお客さまは、AIを活用して売上高予測、製品予測、顧客の解約、次善の製品、次善のオファー、購入につながる要因を提供できる業界専用の完全AI対応ソリューションを求めています。」

マイクロソフトのサティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)は、次のように語っています。「デジタル技術によって強化された企業は、私たちが経験しているような劇的な変化に直面した際に、より回復力を発揮でき、変革する能力を備えていることが、今年明らかになりました。当社はC3.aiとアドビと共に、Dynamics 365を活用した新タイプの業界専用AIソリューションを市場にもたらし、組織が業務のデジタル化を行い、事業全体でリアルタイムの洞察を引き出せるようにします。」

アドビのシャンタヌ・ナラヤン社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように語っています。「デジタル顧客エンゲージメントにおける急務を推進するために、C3.aiおよびマイクロソフトと提携することを誇りに思います。顧客体験向けの業界有数のソリューションであるAdobe Experience Cloud、そしてC3 AI SuiteおよびMicrosoft Dynamics 365という独自の組み合わせにより、ブランド企業はビジネスの成長を後押しする充実した経験を実現できるようになるでしょう。」

ベイカー・ヒューズの会長兼最高経営責任者(CEO)のロレンツォ・シモネリ氏は、次のように述べています。「これはエンタープライズAIの進歩におけるエキサイティングな展開です。C3.ai、マイクロソフト、アドビによる提携は、特別でパワフルな新しいCRMを市場にもたらすでしょう。当社はC3.aiとの提携を通じて、社内の複数のアプリケーションと、お客さま向けの新しいサービスや製品にAIを導入しています。当社のお客さまにC3 AI CRMを提供し、社内でその機能の恩恵を受けることが楽しみです。」

市場有数のCRMソフトウエアであるMicrosoft Dynamics 365をアドビの優れた顧客体験管理ソリューション・スイート、そしてC3.aiのエンタープライズAI機能と組み合わせたC3 AI CRMは、世界初のAI駆動型・業界特化型CRMで、最新のAI優先アーキテクチャーによって構築されています。C3 AI CRMは、企業や社外ソースからの膨大な量の構造化データと非構造化データを一元化された連合イメージに統合・統一し、連絡先から現金まで、収益サプライチェーン全体において、リアルタイムの予測的知見を促進します。C3 AI CRMは、AI駆動型の業界専用ワークフローを組み込み、チームが以下のことを実行できるように支援します。

  • 収益を正確に予測
  • 製品需要を正確に予測
  • 顧客解約の特定および削減
  • 質の高い見込み客の特定
  • 次善のオファー、次善の製品
  • AI駆動型のセグメンテーション、マーケティング、ターゲティング

ブランド企業はC3 AI CRMによって、自社のリアルタイムの顧客プロファイルを活用して、クロスチャネルの取り組みを調整できます。この共同ソリューションは、Azure、Microsoft 365、Microsoft Power Platformとの統合されたエコシステムにより、顧客が優れたCRM機能を活用できるようにする統合エコシステムを提供します。C3 AI CRMは、金融サービス、ヘルスケア、電気通信、石油・ガス、製造、公益、航空宇宙、自動車、公共部門、防衛、インテリジェンスなどの業界向けに構築・構成されているため、顧客はC3 AI CRMとその業界専用の機械学習モデルを迅速に導入・運用できます。さらにC3 AI CRMは、オープン・データ・イニシアチブ(ODI)の共通データモデルを活用し、企業全体の異なる顧客データを容易にまとめられるようにしています。

C3 AI CRMは直ちに利用可能で、Adobe Experience Cloudは別売りとなります。Dynamics 365を活用したC3 AI CRMは、C3.ai、アドビ、マイクロソフトがMicrosoft Dynamics 365マーケットプレイスを通じて提供します。詳細については、sales@c3.aiにお問い合わせください。

C3.aiについて

C3.aiは、先進的なエンタープライズAIソフトウエア・プロバイダーとしてデジタル変革を加速しています。C3.aiは、大規模AI、予測分析、IoTアプリケーションの開発・導入・運用向けのC3 AI Suiteのほか、拡大し続けるターンキーAIアプリケーションのポートフォリオを提供しています。C3.aiのソリューションの中核には、革命的なモデル駆動型のAIアーキテクチャーがあり、データ科学とアプリケーション開発を飛躍的に強化しています。

マイクロソフトについて

マイクロソフト(Nasdaq:MSFT、@microsoft)は、インテリジェント・クラウドとインテリジェント・エッジの時代に向けてデジタル変革を実現します。当社の使命は、地球上のすべての人々とすべての組織が、より多くのことを達成できるように支援することです。

アドビについて

アドビはデジタル体験を通じて世界を変えています。詳細情報については、www.adobe.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

C3.ai Public Relations:
April Marks
(917) 574-5512
pr@c3.ai

Microsoft Media Relations:
WE Communications for Microsoft
(425) 638-7777
rrt@we-worldwide.com

Adobe Comms:
Ashley Levine
(408) 666-5888
aslevine@adobe.com

Contacts

C3.ai Public Relations:
April Marks
(917) 574-5512
pr@c3.ai

Microsoft Media Relations:
WE Communications for Microsoft
(425) 638-7777
rrt@we-worldwide.com

Adobe Comms:
Ashley Levine
(408) 666-5888
aslevine@adobe.com