プロジェクトマネジメント協会、大規模な市民開発の採用加速に向けた業界初の一連のプラットフォーム汎用リソースの第一弾製品を発表

市民開発の力を解き放ち、従業員がリアルタイムでアプリケーションを作成できるようにすることで、組織の生産性向上とコスト削減を実現

Download

Loading media player...

With citizen development, the speed at which you can take an idea and design, build, test and deploy apps enables teams and organizations to deliver projects and bring products and services to market faster than ever before.

フィラデルフィア--()--(ビジネスワイヤ) -- プロジェクト管理専門職のための世界有数の組織であるプロジェクトマネジメント協会(PMI)は本日、市民開発の実践の導入と拡大を目指す組織に向けた業界初のプラットフォーム汎用教育リソースを発表しました。計画されている一連の製品のうち、最初の2製品が利用可能となっています。

  • PMI Citizen Development Body(CDBOK™)は、個人や企業に対して、組織内での大規模な市民開発の実施に向けた最優良事例の理解をサポートする一元化されたリソースです。
  • 基礎訓練コースは市民開発の入門講座を提供し、市民開発の方法論における最優良事例を概説するeラーニング訓練プログラムです。

市民開発プラットフォームは直観的な「ローコード」と「ノーコード」のツールを使用し、専門家でない非技術系の従業員でもコーディングを学ぶ必要なく、アプリやソフトウエア・ソリューション、さらには企業向けレベルのアプリケーションを作ることができます。市民開発の出現によって、アプリケーションとソフトウエアの開発にかかる時間とコストが大幅に削減されると同時に価値の提供が加速され、組織が迅速に成果を達成できるようになることで、企業の生産性が向上することが見込まれます。

PMIのプレジデント兼最高経営責任者のスニル・プラシャラは次のように述べています。「PMIは市民開発の採用を促進するために理想的な立場にあります。プロジェクト管理専門職のための世界有数の非営利団体として、私たちは過去50年間、変化と事業価値を生み出せるよう最適なスキルとリソースをステークホルダーに提供して組織の成功をサポートしてきました。市民開発のための適切なツールを確実に提供するために、私たちは同分野の第一級の専門家を選び、世界中でプロジェクトマネジャーのための国際基準と資格認定訓練を策定してきた私たちの豊富な経験に、その知識と専門的知見を結びつけました。世界のほぼ全ての国に60万人のメンバーと合計150万人の資格保持者を数える私たちは、市民開発のツールと方法論を綿密に自信を持って適用することを目指す組織と個人のための客観的なリソースとしての役割を果たすことができます。」

市民開発が次のビジネス変革の波への道を開く一要素に

市民開発は、事業部門からの増大するサポート要請に必死で応えようとしているIT部門の負担を軽減することが期待されます。フォレスター・リサーチは、アメリカでは2024年までに50万人のソフトウエア開発者が不足すると見積もっています。

「市民開発は、ビジネス変革の次の波を形成するでしょう。AIなどのテクノロジーの進歩によって、ソフトウエア開発に伴う複雑さの大半が取り除かれ、専門家以外の人々が自分たちのソリューションを創り出し、過去にない速さで市場に新しい製品とサービスを投入できるようになりました。これによってソフトウエア開発が民主化され、デジタル変革の取組みが加速していきます。」とプラシャラは述べています。

市民開発によって「ハイパー・アジャイル」な仕事の仕方が可能になり、コストと開発の時間を大きく削減することができます。市民開発を採用すれば、アイデアを取り上げてからアプリケーションの設計、構築、テスト、展開までのスピードによって、チームや組織はこれまでにない速さでプロジェクトを実行し、製品とサービスを市場に投入することができます。

PMIと共に市民開発を安全かつ安心に企業レベルへと拡大

ガートナーは、アクティブな市民開発者の数が2023年までにプロの開発者の4倍になると推定しています。PMIの新しい一連の製品によって、組織は計画的かつ安全な形で従業員による市民開発を推進することが可能になり、この移行が促進されることが見込まれます。

ガートナーによれば、ビジネスリーダーの41%が現在市民開発のイニシアチブを進行中であり、20%が市民開発の取組みの評価またはその開始を計画していると述べています。一方で、市民開発のもたらす利益を最大限引き出すためには、組織はそれを事業全体に拡大し、組織のオペレーティング・システムを整備する必要があります。プラシャラは、変革の取組みを進めるためにはこのレベルの拡張性を可能にすることが急務であり、それがPMI新製品の開発の裏にある原動力となったと述べています。

プラシャラは次のように述べています。「PMIは、市民開発が個人や組織に力を与える上で果たす重要な役割を理解しています。組織は自分たちのデジタル変革プログラムにおいて市民開発を活用しようとしていますが、包括的な方法論とフレームワークの欠如や市民開発者が成功するための適切な訓練の不足といった避けるべき落とし穴は数多くあります。PMIはベンダーにとらわれないフレームワークを提供してこのギャップを埋め、基礎と最優良事例を学びたいというプロフェッショナルたちのニーズを支えると同時に、ITガバナンスとセキュリティーを順守しながら市民開発の可能性を解き放つという組織のニーズにも応えています。これによってIT部門は市民開発を企業全体に拡大する自信を得て、組織の変革の取組みを加速させることができるでしょう。」

PMIが開発中の市民開発者に向けた製品と体験

第一弾の製品が現在利用可能になりましたが、PMIは今後数カ月以内に、特定の役割に合わせたコースと資格認定を付け加えるための追加のPMIシチズン・ディベロッパー製品と、市民開発の情報とソートリーダーシップを共有するためのコミュニティー・ポータルを発表する予定です。PMI Citizen Development Body(CDBOK™)に続き、特定のケーススタディとリーダーシップの視点に焦点を当て、市民開発の最優良事例をまとめた幹部向けの書籍も予定されています。

ご自身の組織で市民開発の可能性を解き放つ方法を知るためには、pmi.org/citizen-developerをご覧ください。

プロジェクトマネジメント協会(PMI)について

プロジェクトマネジメント協会(PMI)は、プロジェクト/プログラム/ポートフォリオ管理を専門職とする人々のための世界有数の協会です。世界的な提唱、協力、教育、調査を通して、世界の300万人以上の専門職がプロジェクト・エコノミーに対応できるよう協力しています。これは、仕事、そして個人が、プロジェクト、製品、プログラム、バリューストリームを中心に編成される新しいエコノミーです。創立50周年を迎えて発展中のPMIは、世界のほぼすべての国で活動し、世界的に認められた基準、資格認定、コミュニティー、リソース、ツール、学術研究、刊行物、専門職開発コース、ネットワーキングの機会を通して、キャリアを強化し、組織的成功を向上させ、プロジェクト管理の専門職をさらに成熟させています。PMIファミリー傘下のProjectManagement.com®インタラクティブ・ウェブサイトは、より多くのリソース、優れたツール、大きなネットワーク、幅広い視点を提供するオンラインの世界的コミュニティーを形成しています。www.PMI.orgwww.projectmanagement.comwww.facebook.com/PMInstitute、ツイッター(@PMInstitute)をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Rachael Ballard
Rachael.ballard@pmi.org
443-618-7014

 

Contacts

Rachael Ballard
Rachael.ballard@pmi.org
443-618-7014