カーリンクと日本の販売代理店GISupplyが健康・スマート農業市場向けの多様なLoRa通信IoTソリューションで提携

 建設作業員の熱中症対策からスマート農業、養殖までのアプリケーションを提供

仏トリニエフィヤール & 北海道--()--(ビジネスワイヤ)-- 本日、モノのインターネット(IoT)専用ソリューションを提供するカーリンク(AKLK - FR0013156007)と、その製品・サービスを日本で販売するGISupply(ジーアイサプライ)は、異なる業界向けのアプリケーションパッケージを発表しました。対象となるのは、建設作業員の健康と安全、スマート農業、スマート養殖です。

このパッケージは、LoRa通信ネットワーク向けのカーリンクのWirnetTM iStationsと、GISupplyやその他の企業のセンサーを組み合わせ、さまざまなアプリケーションに対応しています。GISupplyのクラウドアプリUshimiru and ezFinder BUSINESS Heat Stroke + に接続され、エンドユーザーがアクセスして分析できるようになっています。3つの対象分野は、下記の通りです。

  • 建設業界向けソリューション:平成30年度の熱中症死傷者数は1,178人で前年の544人より大幅に増加しました。また、平成30年までの5年間においては熱中症死傷者の約4割が県sつぎょうと製造業で占められていました。本ソリューションは、建設現場に設置したWBGT機による気象情報と、作業員が装着したウェアラブルLoRaトラッカーからのデーターにより、熱中症リスクを早期に検知・排除する為のシステムです。WBGTを使って、温度、湿度、可視光線および赤外線放射が人体に与える影響を推定します。産業衛生士、スポーツ選手、軍隊によって、高温への適切なばく露レベルを判断するために使用されています。カーリンクとGISupplyが熱中症対策向けにデザインしたezFinder BUSINESS Heat Stroke +(イージーファインダー・ビジネス熱中症プラス)は、作業員個々の体調と現場の気象データから熱中症リスクを表示し,管理者による適切な作業管理を支援します。
  • スマート農業向けソリューション:「うしみる」は、広大な牧草地で放牧され、草を食べ、草地を自然に肥やしている牛を、生産者がリモートで監視・追跡できるシステムです。放牧は、閉鎖された屋内での給餌よりも安価ですが、牛にとってはリスクが伴います。LoRa通信によるGISupplyの牛モニタリング首輪は、個々の牛の位置情報を地図上にリアルタイムに表示することにより、牛群の移動管理が出来ます。また、「うしみる」は、「ジオフェンスにより脱走した牛や、危険な場所にいる牛を早期に発見できます。
  • 日本は世界最大級の漁業経済国です。農林水産省は、2015年の養殖生産額が計44億ドル近くに達し、国内における漁業総生産量の24パーセントに相当すると推定しています。カーリンクとGISupplyのスマート養殖ソリューションは、国内市場と世界の養殖業を対象としており、LoRa通信による持続可能な養殖ビジネスモデルを提供します。両社のソリューションは、生産者が水質と水温を継続的にモニタリングできるようにすることで、養殖効率の向上を実現します。

GISupplyの代表取締役である北岡智は、次のように述べています。「カーリンクのWirnet iStationは導入が容易で、当社技術と簡単に統合できるため、その堅牢性と柔軟性はこれらの多様なソリューションを展開するにあたり、とても重要です。また、LoRaゲートウェイは設置場所を利用者が任意に決定できるため、地形や用途に応じたプライベートネットワークを容易に構築する事が出来ます。

カーリンク・ジャパンバイスプレジデントの多々良常夫は、次のように語っています。「カーリンクは、IoTの恩恵を幅広い事業や企業にもたらすことができるよう、斬新なアプリやソリューションを開発している革新的企業とのビジネスを追求しています。これらの3つの例が示すように、GISupplyは市場ニーズにマッチしたソリューションを継続的に開発・提供しているパートナーであり、カーリンクの日本市場でのさらなる成長に貢献頂けると確信しています。

カーリンクの詳細については、www.kerlink.comをご覧ください。

GISupplyの詳細については、https://www.gisup.com/をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

GISupply contact:
Satoshi Kitaoka
+81 166-73-3787
kitaoka@gisup.com
https://www.trackers.jp/

Kerlink:
Mahoney Lyle
Sarah-Lyle Dampoux
+33 (0) 6 74 93 23 47
sldampoux@mahoneylyle.com

Contacts

GISupply contact:
Satoshi Kitaoka
+81 166-73-3787
kitaoka@gisup.com
https://www.trackers.jp/

Kerlink:
Mahoney Lyle
Sarah-Lyle Dampoux
+33 (0) 6 74 93 23 47
sldampoux@mahoneylyle.com