レイジャントとベロダイン・ライダーが、DPワールド最大の港でDGワールドの港湾全体自律性をサポート

DGワールドによるジュベルアリ港の自動化で、M2M無線とライダー技術が不可欠な役割を果たす

Velodyne’s Puck(TM) 3D lidar sensors and Rajant's M2M Kinetic Mesh BreadCrumb(R) wireless nodes are vital to enable DGWorld to deliver and integrate autonomous technology into the existing internal terminal vehicle fleet at DP World's Jebel Ali Port. (Photo: Business Wire)

米カリフォルニア州サンノゼ--()--(ビジネスワイヤ) -- Kinetic Mesh®無線ネットワークを提供するレイジャント・コーポレーションとライダー技術の市場リーダーのベロダイン・ライダーは、DPワールドUAEリージョンと自律車両、ロボティクス、人工知能(AI)専門企業DGワールドとの契約締結で、重要な役割を果たしています。この契約により、世界で9番目に多忙な海港であるDPワールドのジュベルアリ港に、DGワールドの自律型ターミナル構内車両(AITV)フリートが配備され、既存の業務プロセスとインフラに統合されます。この配備は、将来性のある海港のデジタル化を行い、港湾業務、サプライチェーン、貿易の新たな標準を確立するというDPワールドの先見性のある戦略を支えます。

レイジャントの完全モバイル型M2M Kinetic Mesh BreadCrumb®無線ノードと、ベロダインのPuck™(パック)3Dライダーセンサーは、DGワールドが自律技術を既存のITVフリートに段階的に導入・統合する上で極めて重要です。DGワールドの目標は、ターミナルの業務効率を一段と高めて、現在使用されているフリートの全体的規模を縮小することです。

ベロダインのPuckセンサーは、豊富なコンピューター知覚データを提供し、複雑で混雑したDPワールドUAEリージョンの港でAITVをナビゲートして誘導する最も安全な進路を判断するために役立てられます。レイジャントの無線メッシュネットワークは継続的な通信インフラを提供し、AITV同士が常に相互接続されて確実に連携できるようにします。

DGワールドのゼネラルマネジャーのマティアス・クラウス氏は、次のように述べています。「レイジャントと出会う前に、最新の5Gを含めて他の無線技術を試してみました。しかし、どれも無線が大型の金属製コンテナスタックを通過できないという共通の物理的限界がありました。レイジャントのKinetic Mesh M2M技術は車両同士の通信を可能にし、これはコンテナスタックの間で車両の方向を伝える上で非常に重要です。ベロダイン・ライダーは、同社のセンサーが比類のないデータを提供し、過酷な環境でも問題なく対処できることを実証したため、当然の選択でした。ベロダインとレイジャントは現地でサポートを提供し、プロジェクトを確実に成功へと導きました。私たちは過去数年間、両社のプロ意識と追加的なサポートに感銘を受けてきました。」

ベロダイン・ライダーの欧州担当エグゼクティブディレクターのエリック・シュミットは、次のように述べています。「ベロダインは、中東有数の港であるジェベルアリ港で、ターミナル車両の完全自動化を支援するために選定されたことを光栄に思います。この期待のかかるイニシアチブでは、港湾ターミナル車両が多忙な混雑した環境でドライバーなしで完全に自律走行できるようになります。ベロダインの3Dライダーセンサーを自動搬送車(AGV)に搭載することで、この地域とその他の港湾ターミナルの自動化を飛躍的に改善できるというビジョンを示していただいた当社の大切なパートナーのDGワールドに感謝したいと思います。」

レイジャントの販売およびマーケティング担当エグゼクティブバイスプレジデントのジェフ・スミス氏は、次のように語っています。「レイジャントのKinetic MeshがDGワールドとDPワールドのジェベルアリ港のバックボーンとして選択されたことは、レイジャントのM2M InstaMesh技術と、Wi-Fi、4G、5Gの違いを正に浮き彫りにしています。AITVフリートの配備を実現するために選ばれたことを、うれしく思います。レイジャントが唯一、モバイル機器間(M2M)通信向けの産業無線ネットワークを提供しており、大型の金属製コンテナによるRF信号の遮断や、船舶、レーダー、近隣の港からの信号干渉を克服できます。」

ベロダイン・ライダーについて

ベロダインは、自律性と運転支援のためのスマートで強力なライダーソリューションを提供しています。カリフォルニア州サンノゼに本社を構えるベロダインは、画期的なライダーセンサー技術のポートフォリオで世界的に知られています。ベロダインの創業者のデビッド・ホールが2005年に、Velodyne Acoustics(ベロダイン・アコースティクス)の一部としてリアルタイム・サラウンドビュー・ライダー・システムを発明し、自動車、新しいモビリティー、マッピング、ロボット工学、セキュリティーなどの分野で認知と自律性の機能に革命をもたらしました。ベロダインの高性能製品ラインには、コスト効果の高いPuck™(パック)、汎用のUltra Puck™(ウルトラ・パック)、自律性を前進させるAlpha Puck™(アルファ・パック)、ADAS向けに最適化されたVelarray™(ベラレイ)、画期的なドライバー支援ソフトウエアのVella™(ベラ)を含め、広範な検知ソリューションがあります。

レイジャント・コーポレーションについて

レイジャント・コーポレーションは、特許取得済みのKinetic Mesh®ネットワーク、BreadCrumb®無線ノード、InstaMesh®ネットワーキングソフトウエアを活用したプライベート無線ネットワークを独占的に提供しています。顧客はレイジャントの製品により、適応性と拡張性に優れたネットワークを迅速に展開し、リアルタイムデータの力を活用して、オンデマンドのミッションクリティカルなビジネスインテリジェンスを提供できます。レイジャントのKinetic Meshネットワークは、さまざまなデータ、音声、ビデオ、自律アプリケーション向けの低遅延かつ高スループットの安全なソリューションです。産業分野の顧客に完全なモビリティーを提供し、自社のプライベートネットワークのアプリケーションやデータをどこにでももたらすことを可能にしています。55カ国以上の軍事、鉱業、港湾、鉄道、石油・ガス、石油化学プラント、地方自治体、農業分野の顧客が、導入して成果を上げています。レイジャントはペンシルベニア州マルバーンに本社を置き、アリゾナ州、ケンタッキー州、アラバマ州にも施設やオフィスを有しています。詳しい情報については、Rajant.comをご覧いただくか、レイジャントをリンクトインとツイッターでフォローしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Sean Dowdall, Landis Communications Inc. for Velodyne Lidar
415-286-7121
velodyne@landispr.com

Alice DiSanto, AVP of Marketing for Rajant Corporation
914-582-8464
ADiSanto@rajant.com

Contacts

Sean Dowdall, Landis Communications Inc. for Velodyne Lidar
415-286-7121
velodyne@landispr.com

Alice DiSanto, AVP of Marketing for Rajant Corporation
914-582-8464
ADiSanto@rajant.com