AI対応SaaSヘルスケアインサイト企業のドクターエビデンス(DRE)が業界専門家を活用、ジョセフ・A・ボイスタックを取締役会会長に、アミート・ナスワミ医師を新設の医療戦略諮問委員会会長に任命

DREが戦略的な指導と助言を得るためにさらなる専門力を補充し、DOC Label™、DOC Search™、DOC Analytics™の採用を加速へ

米カリフォルニア州サンタモニカ--()--(ビジネスワイヤ) -- DREはジョー・ボイスタックを取締役会会長として、アミート・ナスワミ医師(MD)を新設の医療戦略諮問委員会(MSAB)会長として迎えます。当社によるこれらの補充は、医療におけるAI対応の専門技術と臨床情報の急激な増加が融合するという、この未曾有の時代に、鋭い指導を求めるニーズが拡大していることを反映したものです。DREは先進的AIによる高度なデータサイエンスを適用することで、規制水準の科学/臨床インサイトをより迅速に深く、微妙な差異を逃さずに生成し、患者転帰の改善を実現することに専心しています。

ボイスタックは、医療分野の経験豊富なベンチャーキャピタリストにして医療分野のベテラン投資銀行家であり、Health2047 Capital Partnersの創設マネジングパートナー、ジェフェリーズのGlobal Life Sciencesの創設マネジングパートナーを務めてきました。ボイスタックはブライトウオーター・キャピタルの最高経営責任者(CEO)で、生物医学、医療技術、医療情報技術、人工知能の企業を対象に次々と共同設立者や投資家として活躍し、UCLA、ジョンズ・ホプキンス大学、ハーバード/マサチューセッツ総合病院、メモリアル・スローン・ケタリングがんセンターなどからのスピンアウト企業を誕生させています。またボイスタックは、自身が共同設立して当初の会長を務めた企業のブルーイン・バイオメトリクスが開発したファーストインクラスの医療技術で、5件の登録特許(米国、EU)の共同発明者に名を連ねています。十数もの企業の取締役会や非営利団体の理事会に仕えてきており、現在ではジョンズ・ホプキンス大学ブルームバーグ公衆衛生大学院と南カリフォルニア生物医学評議会の理事として仕えています。

ボイスタックは、次のように述べています。「私はDREの取締役会に会長として参加できることを光栄に思います。DREの業界有数のSaaSプラットフォームは、製薬企業とライフサイエンス企業がAI駆使型の創薬技術を急速に採用している中で、この技術を促進させるものです。当社のSaaSプラットフォームにより、研究者や医薬品開発者などは医薬品デザインを最適化し、臨床試験の効果を高め、化合物リパーパシングの追求を早め、FDAの添付文書戦略を改良し、製品ライフサイクル管理を改善することができ、これにより当社のお客さまのために大きなROIを生み出します。」

アミート・ナスワミ医師(MD)は新設のMSABの会長を務めます。MSABは当初、業界、専門医療学会、規制当局、データサイエンス分野、患者擁護団体を代表する5人で構成されることになります。ナスワミ医師は直近でサノフィのエグゼクティブバイスプレジデント、最高医学責任者、最高デジタル責任者を務めており、こうした立場はMSABが臨床ケアの戦略、規制要件、研究開発、技術についてDREに指針を与える上で、素晴らしい仕組みをもたらします。

アミート・ナスワミ医師は、次のように述べています。「DRE MSAB会長への任命は名誉なことです。科学データの量と複雑さが急激に増大している時期に、AI駆使型のDRE製プラットフォームは極めて重要な科学データのデコンボリューションが可能な能力を医療組織に与える最先端ツールとなります。このアジャイル手法は実臨床データについての厳格・迅速な意思判断を行なうためのものですが、これは躍動感あふれる生物学の世紀において革新を行なう上で決定的に重要です。MSABは本プラットフォームを活用した多くの科学アプリケーションや医療アプリケーションの強化についてDREに助言を行い、広範なパートナーをこの上なく支えることになりますが、これが最終的には医師と患者さんの利益になります。」

Bob Battista(MBA、FRCPH、FRCP Edin)は、次のように述べています。「DOC Analytics™の投入を含め、当社の拡張したSaaSプラットフォームにより、臨床研究や実臨床データの高度な分析を研究者が誰でも実施できるようにするという当社の使命の達成にずっと近づきました。当社が次なる成長段階に乗り出すに当たり、確固とした投資家グループやボイスタック率いる取締役会の支えを受けるという幸運に恵まれてきました。私たちは同様に、ナスワミ医師に新設のMSABを率いていただくという名誉に浴しています。ナスワミ医師は専門分野の深い知識とDREのSaaSプラットフォームにかける情熱を持っており、これは当社の医療戦略を導く上で素晴らしい土台となります。」

ジョー・ボイスタックとアミート・ナスワミ医師はDRE取締役会の取締役で構成される特別グループに参加します。DRE取締役会を構成するのは、Marc Rapaport(DREの前会長、シダーズ・サイナイ医療センター(ロサンゼルス)の前取締役会会長、プライベートエクイティ投資家、ドレクセル・バーナム・ランバートとジェフェリーズの元シニアバイスプレジデントと資本市場担当共同ヘッド)、Vivek Garipalli(クローバー・ヘルスのCEO・共同設立者、ケアポイント・ヘルスの共同設立者、フラットアイアン・ヘルスの創設投資家など早期段階医療企業を対象とする活発な投資家)、Ted Meisel(医療と技術の分野におけるシリアルアントレプナー、AVIAのエグゼクティブファウンダー、ワイザーケアの常勤会長、ネクストエクイティ・パートナーズのシニアアドバイザー、メディケア・メディケイド・サービスセンター(CMS)の元シニアアドバイザー、ヤフーの元サーチ担当プレジデント、オーバーチュア(ヤフーが買収)の元CEO)、Ananth Bhogaraju(セブン・ヒルズ・ヘルスケ・アドバイザーズの設立者・マネジングディレクター、ドイツ銀行の元米大陸医療投資銀行業務担当バイスチェアマン)、Larry Burstein(医療専門ファミリーオフィスのキャリアファンドマネジャー)、Bob Battista(DREの共同設立者・CEO、医療と技術の分野におけるシリアルアントレプナー、史上初の特殊薬局TheraComの元エグゼクティブバイスプレジデント)、Todd Feinman(MD)(DREの共同設立者・最高医学責任者、シダーズ・サイナイ医療センター(ロサンゼルス)の総合医、大規模な開業医協会の会長)です。

DREについて

DREはAI対応医療技術市場における有力企業として、複雑な臨床データを識別・合成・分析して実用的なインサイトに転換するための最先端ソリューションを運用しています。DREは製薬企業、バイオテクノロジー企業、ライフサイエンス企業、医療技術企業の極めて重要な機能を対象に、即時の連続的な調査・データ分析機能を提供することで、各社の臨床プログラムを最適化しています。当社の技術プラットフォームにより、DREのお客さまはサービス型ソフトウエア(SaaS)のインサイトエンジンを手にし、ラボから患者まで、意思決定を向上できるよう自社の力を高めています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Chris Yu
pr@doctorevidence.com
+1 (310) 595-1265

Contacts

Chris Yu
pr@doctorevidence.com
+1 (310) 595-1265