ヘンリー&パートナーズ:戦略的投資家は欧州の不動産関連投資移住プログラムを通じて長期的な資産保全を模索

ロンドン--()--(ビジネスワイヤ) -- COVID-19の世界的大流行に起因する世界の前例のない非常に不安定な状況により、富裕層は安全な投資価値の概念と将来の衝撃から家族と資産を守る最善策を再評価するようになりました。

このウイルスは、貧しい開発途上国から世界の大国までを例外なく次々と襲っています。予測される大幅な不安定を背景に、先見の明ある投資家は既にパンデミック後の計画に着手し、資産ポートフォリオを再評価して不動産関連投資移住プログラムを通じた分散を選択しています。

世界的大手投資市民権・居住権助言企業のヘンリー&パートナーズは、COVID-19の大流行がパンデミックであるとWHOが発表する前から、ポルトガルで人気のゴールデン在留許可プログラムへの申請が増加していたと述べています。2020年第1四半期には、当プログラムへの関心が25%増加し、申請実績は2019年同期比で約50%増加しました。ポルトガル政府の最新データによれば、ゴールデン在留許可プログラムの申請者の95%が資金を不動産に投資し、過去8年間に同国経済に約50億ユーロが投入されています。

ヘンリー&パートナーズ最高経営責任者(CEO)のJuerg Steffen博士は、別の住居や市民権を取得することで、富裕層は確実な投資ソリューションを通じてポートフォリオを多様化できると同時に、そのプログラムを提供する国の経済的福祉に大きく貢献できると語っています。「投資移住は、世界の投資家と主権国家の双方にとってメリットのあるソリューションです。富裕層は、不動産からの複数の収益を含むユニークなハイブリッド投資機会を提供する欧州の不動産関連プログラムを好みます。こうしたプログラムでは、従来のすべての利点に加えて、必要になれば移住も可能な代替住居や市民権も得ることができます。」

最近公表されたヘンリー・パスポート・インデックスQ2アップデートでは、フューチャーマップ創業者のパラグ・カンナ博士が、このパンデミックにより多くの人が世界の移動の選択肢を再考するようになると予測しています。「COVID-19パンデミックが公衆衛生、世界経済、社会行動に及ぼす影響の組み合わせにより、人間の居住地と世界的分布に深い変化が生まれる可能性があります。パンデミックが収まれば、人々は統治が不十分で準備不足の場所から、強靭で優れた医療環境が整備されている国への移住を考えるでしょう。」

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Media
Paddy Blewer
Group PR Director
paddy.blewer@henleyglobal.com
Mobile: +44 774 190 9957

Contacts

Media
Paddy Blewer
Group PR Director
paddy.blewer@henleyglobal.com
Mobile: +44 774 190 9957