HelenとSumitomo SHI FW(SFW)が協力:SFW CFBボイラ技術をVuosaariバイオエネルギー・プラントで活用

SFWは、新たなVuosaariバイオエネルギー・プラントのための循環流動層(CFB)ボイラの供給でHelenから選ばれたことを誇りをもって発表いたします。このプラントは、2035年までにカーボン・ニュートラルを達成するというHelenの目標の一助となるものです。

フィンランド・エスポー--()--(ビジネスワイヤ) -- SFWは本日、フィンランド・ヘルシンキの新たなVuosaari Cプラントのための循環流動層(CFB)ボイラに関して、Helen Oyから契約を獲得したことを発表します。このバイオエネルギー熱プラントは、燃料入熱が220MWで、森林バイオマスを主燃料として使用します。

SFWは、CFBボイラアイランドのほか、煙道ガス清掃、補助機器、ボイラハウスの設計、供給、設置を行います。この新しいバイオエネルギー・プラントは、VuosaariにあるHelenの既存の発電所に隣接して設けられます。新プラントによる熱生産は、2022-2023年の暖房シーズンに開始されます。

Sumitomo SHI FW最高経営責任者(CEO)のTomas Harju-Jeantyは、このように述べています。

「SFWは、Helenと共にカーボン・フリーな未来の構築に参加する熱意を持っています。私たちは、当社の革新的なCFBボイラ技術が石炭燃焼の使用を段階的に廃止するというHelenの目標に向けた一段階として選ばれたことを誇りに思います。

Vuosaariバイオエネルギー熱プラントで使用される当社のCFBボイラ技術は、既にほぼ20カ国で100箇所を超えるプラントで使用され、これには、フィンランド、スウェーデン、韓国、日本で最近稼働したものも含まれます。SFWが提供する再生可能エネルギーのソリューションは、化石燃料からの排出二酸化炭素を毎年3000万トン以上減らしています。」

編集者への注記:

Sumitomo SHI FWwww.shi-fw.com)は、燃焼およびボイラ技術において世界をリードしています。これまでに全世界で510缶以上のCFB蒸気発生ユニットを納入しており、電力会社、IPPや産業分野のお客様に価値の高い技術を提供してきました。当社は、高効率、燃料多様性、高い環境性能を実現する優れた設計を積み重ね、CFBボイラ燃焼のリーディングカンパニーとしての立場を確立してきました。流動層技術にとどまらず、排ガス処理装置や廃熱ボイラなどの製品から多岐にわたるアフターサービスまで、様々な発電ソリューションを提供しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Sumitomo SHI FW
Jan Rogers, +1-908-713-3288

Contacts

Sumitomo SHI FW
Jan Rogers, +1-908-713-3288