ベロダイン・ライダーがCES 2020にて発表する新製品で運転手の安全性を向上

小型フォームファクターと高性能の特性により、ベロダイン・ライダーは歩行者を保護し、運転手を助け、命を守るADASにとって理想的な選択肢となる

米カリフォルニア州サンノゼ--()--(ビジネスワイヤ) -- ベロダイン・ライダーはラスベガス・コンベンション・センターで開催されるCES 2020で当社の画期的な新ライダーセンサー技術を発表し、そのデモを行います。ブースはノースホールの7520番です。ベロダインが大々的に紹介するライダー技術は、安全な操縦と衝突防止のためのハイレベルの先進運転支援システム(ADAS)をすべてコンパクトなフォームファクターで実現するものです。

ベロダインはブース内で1月7日(火)午前11:00(太平洋標準時刻)に記者会見を開き、画期的なライダーセンサーを発表します。このライダーセンサーはサイズ、多用途性、求めやすさ、刺激的で新しいADASソフトウエア、提携関係、顧客関係において新たな業界基準を打ち立てるものです。

ベロダインは、当社のライダーセンサーとVella™(ベラ)ソフトウエアの適用により、安全性を向上させるための充実機能のADASソリューション(歩行者や自転車との衝突回避、車線維持支援、自動ブレーキなど)を生み出すことができる様子をデモで紹介します。ライダーと高額でないカメラ数台を搭載して冗長性を確保することは安全性実現の革命的な手法であり、これにより車両は多様な環境条件や道路状況において物体を検知して回避することができます。自律走行技術の安全な導入を達成するに当たり、大半のリーダーはライダーとカメラをいずれも備え、冗長性のあるシステムが必須要素であることに同意しています。

ベロダイン・ライダーの最高技術責任者(CTO)を務めるアナンド・ゴパランは、次のように述べています。「自動車メーカーはベロダインのハードウエアとソフトウエアを各社のADASソリューションに導入することで、運転支援と安全機能の効果と効率を大きく改善できます。CESの参加者はベロダインのセンサーをコンシューマービヒクルに違和感なく搭載できること、当社のソリューションを使用して路上で安全性向上を達成できることを知っていただけます。また参加者はベロダインがライダーベースで運転手の安全を確保するための革新的技術の水準を一貫して高めていることもお分かりいただけるでしょう。」

ベロダインはCESにおいてADAS機能の用語を明確化・標準化するための評価制度として当社が提案した「ファイブ・ダイヤモンド」を発表します。この制度の狙いは、市場における透明性を促し、ADAS技術の最大限のプラス効果を宣伝することにあります。ベロダインは自動車の安全性を追求する諸組織と協力し、またSAEインターナショナルと連携しながら、業界対話を促進して本制度を改善・発展させ、運転手および歩行者の安全性を高めるという目標を目指します。

ベロダインの高性能センサー技術を展示

ベロダインがCESで実施するデモの対象製品には下記が含まれます。

Velodyne Alpha Prime™(ベロダイン・アルファ・プライム):ベロダインの特許取得済みサラウンドビュー技術を利用したこの次世代センサーは、自律的モビリティー業界向けに最高性能の仕様を組み合わせて1つのセンサーとして提供するものです。Alpha Primeは認知度、視野角、レンジの点で、運輸・トラック輸送・ロボット工学を含む自律製品市場向けの比類なきソリューションとなっています

Velodyne Velarray™(ベロダイン・ベラレイ):このパワフルなセンサーソリューションは自動化された安全性を大きく向上させます。組み込み可能な小型フォームファクターにより、スマートに車両へ搭載できます。Velarrayによって自動車メーカーは優れたADASを開発し、カーブの多い道路、路上のくぼみ、交差点、ランプへの入り口や出口、住宅街、不明瞭な車線区分など、現行アプローチのエッジケースに対処できます。

Velodyne VelaDome™(ベロダイン・ベラドーム):高解像度のクロスレンジセンシング向けに特別設計したVelaDomeの小型フォームファクターは多様な取り付け/スタイリングオプションにとって完璧です。この革命的センサーは業界有数の180°x180°の視野角を備え、0.1メートルほど近接した物体を検知でき、その近視野検知能と高密度画像は死角モニタリングなど、広範な車載アプリケーションに対応できます。

Velodyne Vella(ベロダイン・ベラ):この先進運転支援ソフトウエアは指向性ビュー型Velarrayセンサーを基盤としています。このソリューションは、カメラとレーダーのみを利用したADASアプローチと比べてはるかに優れており、車線維持支援、自動緊急ブレーキ、車間距離制御など、市販製品の先進運転支援機能に革命をもたらすものです。

Velodyne Puck 32MR™(ベロダイン・パック32MR):このライダーセンサーはノイズを最小限に抑えた高解像度の点群を生成し、120メートルの距離にある低反射率の物体を検知できます。高解像度の3D認知能と広い垂直視野角を兼備するPuck 32MRは、横断歩道、路肩、倉庫通路の障害物を正確に検知できるため、路上のほか、商業・産業環境で安全かつ効率的なナビゲーションを実現します。

顧客とパートナーによる最先端の自律ソリューション

ベロダインは、自動車、マッピング、オンデマンドモビリティー、ロボット工学、セキュリティー、無人航空機(UAV)など、広範な革新的ソリューションにライダー技術を利用している顧客とパートナーのネットワークが手掛ける製品を紹介し、これらによるプレゼンを提供します。

AGC:AGCは自動車/ディスプレー用フラットガラスに加え、化学製品、その他のハイテク材料/部品を供給する世界一流企業です。赤外線透過性の車載グレードガラスAGC Wideye™をVelodyne Velarrayと併用することで、シームレスデザインと安全性向上の認知機能をいずれも備えたADAS/自律ソリューションを提供できます。

オートノマスタッフ:オートノマスタッフは業界の最も先進的な組織にロボット工学と自律技術を実現、促進、導入するための最高の製品、ソフトウエア、エンジニアリングサービスを提供しています。顧客は最先端のモジュール式自動化ソフトウエアソリューション、エンジニアリングサービス、認知機能製品、コンピューティング製品、GNSS+INS、インターフェースコンポーネントを、博識の単一供給業者から見つけられる利便性を高く評価しています。

ディープマップ:ディープマップは世界最高の自律的マッピング/位置特定ソリューションを提供することで、安全な自律技術を発展させています。ディープマップは自律運転車が複雑で予測不能の環境を走行する上で必要な技術を実現します。同社は3つの重要要素、すなわち精密な高精細マッピング、超正確なリアルタイムの位置特定、大規模な地球測量を支えるサービングインフラを手掛けています。

Emesent:Emesentはインフラ/採鉱産業向けに革新的な自律/マッピングソリューションを開発しています。同社の有力なライダーマッピングソリューションHovermapにより、ドローンが地下鉱山などGPSが使えない困難な環境で自律的にマッピングと飛行を行えるようにすることで、画期的な効率、安全性、業務上の詳細な知見を顧客に提供しています。

GeoSLAM:GeoSLAMは3D地理空間ソリューションの世界的市場リーダー企業です。その独自の“go-anywhere”(どこでも)技術は、あらゆる環境、特に屋内、地下、アクセスが困難なスペースに適合し、GPS不要で正確な3Dマッピングを実現します。

Idriverplus:Idriverplusは中国でいち早く無人運転技術を商用化して、大量生産を実現した企業の1社です。道路清掃車、乗用車、物流輸送車など、さまざまな商用自律走行車にベロダインのライダーセンサーを使用しています。

インフィニット・コンピューター・ソリューションズ:インフィニットは顧客需要に応じて迅速に導入できるデジタル変革ソリューションを提供する有力技術企業です。この考え方を同社はPlatformization™(プラットフォーム化)と呼んでいます。Platformizationは革新の新たな文化であり、これにより医療、BFSI、メディア&出版、通信&技術、行政業務を含む多様な産業の企業向けに完全な技術ソリューションスイートを生み出すというものです。

ナイトスコープ:ナイトスコープはシリコンバレーを拠点とする高度セキュリティー技術企業です。同社は完全に自律的なセキュリティーロボットとして、防止・検知・報告の能力を備えたロボットを構築しており、現時点で15州と4つの時間帯に及ぶクライアントを抱え、365日24時間体制で業務に当っています。ナイトスコープの意欲的な長期目標は、アメリカ合衆国を世界一安全な国にすることです。

NVIDIA:10年以上に及ぶAI の専門性を活用したハードウエア/ソフトウエアプラットフォームのNVIDIA DRIVE™は、業界有数の性能をデータセンターや車両において実現することで、自動車メーカー、トラックメーカー、一次部品供給業者、新興企業が自律運転を実現することに貢献します。

パラコスム:オクシピタルの一部門であるパラコスムは屋内外の両スペース向けに携行型のライダースキャニング技術と視覚化ツールを開発しています。パラコスムは2013年にフロリダ州ゲインズビルで設立され、2017年にオクシピタルの傘下となりました。

Tacticaware:TacticawareのAccur8visionは拡張型境界セキュリティーシステムです。一般的に境界を監視するだけの従来システムとは異なり、A8Vは巡回スペースのエリア全体を監視します。侵入者が監視エリアに侵入すると、システムに通知が届きます。オペレーターは侵入者の正確な位置、大きさ、速度に基づく情報を得ることができます。侵入者の動きの軌跡さえも知られるところとなります。

詳細情報についてはベロダインのCES 2020ウェブページ(https://velodynelidar.com/ces-2020/)をご覧ください。ベロダインのニュースリリース、写真、ビデオをダウンロードするには、https://velodynelidar.com/newsroom/にアクセスしてください。報道関係者の方は、Landis Communications Inc.のRobin Carr(415-971-3991、velodyne@landispr.com)に連絡いただけば、幹部インタビューと製品デモを予約できます。

ベロダイン・ライダーについて

ベロダインは、自律性と運転支援のためのスマートで強力なライダーソリューションを提供しています。カリフォルニア州サンノゼに本社を構えるベロダインは、画期的なライダーセンサー技術のポートフォリオで世界的に知られています。ベロダインの創業者で最高経営責任者(CEO)のデビッド・ホールが2005年に、Velodyne Acoustics(ベロダイン・アコースティクス)の一部としてリアルタイム・サラウンドビュー・ライダー・システムを発明し、自動車、新しいモビリティー、マッピング、ロボット工学、セキュリティーなどの分野で認知と自律性の機能に革命をもたらしました。ベロダインの高性能製品ラインには、コスト効果の高いPuck™(パック)、汎用のUltra Puck™(ウルトラ・パック)、自律性を前進させるAlpha Prime™(アルファ・プライム)、ADAS向けに最適化されたVelarray™(ベラレイ)、画期的なドライバー支援ソフトウエアのVella™(ベラ)を含め、広範な検知ソリューションがあります。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Sean Dowdall
Landis Communications Inc. for Velodyne Lidar, Inc.
(415) 286-7121
velodyne@landispr.com

Contacts

Sean Dowdall
Landis Communications Inc. for Velodyne Lidar, Inc.
(415) 286-7121
velodyne@landispr.com