台湾の桃園ランドアートフェスティバルで日本人アーティストが作品を展示

The artwork “Vertical Emptiness in DP” created by Japanese artist Yasuaki Onishi is on display at the 2019 Taoyuan Land Art Festival in Taiwan. (Photo: Business Wire)

台湾・台北--()--(ビジネスワイヤ) -- 新たな都市風景(New City-Scape)をテーマとした2019年桃園ランドアートフェスティバルが桃園市八徳区で9月6日から9月22日まで開催されます。展示エリアには大湳森林公園、桃園市児童美術館、八徳埤塘自然生態公園、およびそれらに付属する公園や池のエリアが含まれます。

「いまを守り、よりよい未来を目指す」というコンセプトに基づく今回のフェスティバルは、国内外のアーティストによる34点の作品だけでなく、ワークショップやアートの国際交流を含む200種類のアクティビティーが行われます。

さらに、日本の有名アーティストの大西康明氏がこの大規模な展覧会に参加し、自身の作品「Vertical Emptiness in DP」を出品します。大湳森林公園の在来植物を使って作品を制作した大西氏は、その禅の美学によって見る人を引き付けることでしょう。

自然と文化を要素とした台湾の多様な風景の推進を目指す桃園ランドアートフェスティバルは、地域の文化、歴史的記憶、そして生態環境に関する一連の活動を通じて桃園で自然と人類をつなぎます。来場者は、歴史を探り、未来を思い描くことになるでしょう。

イベントの詳細情報については、http://taoyuanlandart.com.tw/をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Chen Kuei-Chun, Taoyuan Museum of Fine Arts
TEL: 886-2-3393-9663
Mobile: +886-912-227-297
Email: tmofaps@gmail.com

Contacts

Chen Kuei-Chun, Taoyuan Museum of Fine Arts
TEL: 886-2-3393-9663
Mobile: +886-912-227-297
Email: tmofaps@gmail.com