シティ・プライベートバンクがファミリーオフィスに関する重要な洞察を共有

ニューヨーク--()--(ビジネスワイヤ) -- シティ・プライベートバンクは本日、世界の超富裕層のための財産管理ならびにその他の一族内の問題への対応でますます大きな役割を担うようになっているファミリーオフィス業界のエグゼクティブのために、新たなソートリーダーシップ・コンテンツを明らかにしました。

この新たなコンテンツには、ファミリーオフィスの機能に関する重要な知見や、プライベートバンクのグローバル・ファミリーオフィス部門による広範な調査を通じてまとめられたベストプラクティスなどが含まれます。

シティ・プライベートバンクのグローバルヘッドを務めるピーター・クライブ・チャリントンは、次のように述べています。「世界全体で総額数兆ドルの資産を管理するファミリーオフィス業界は不透明で、公式な情報がほとんどないことが通例です。こうした状況が、ファミリーオフィスのエグゼクティブにとって足かせとなることが少なくありません。当社の知見を公開することにより、ファミリーオフィスのエグゼクティブが、クライアントやその一族のニーズにより的確に応えることができるようになると考えます。」

シティ・プライベートバンクのグローバル・ファミリーオフィス・グループの会長を務めるスティーブン・キャンベルは、次のように述べています。「ファミリーオフィスは、一族に対して一段と高度で複雑なサービスを提供することを求められています。ファミリーオフィスの運営とプライベートバンキング・サービスの提供の双方に直接従事する当行のファミリーオフィス担当チームは、日々直面するニーズや問題を深く理解しています。このため、効果的な連携と、幅広いニーズに応えるためのオーダーメードのソリューションの構築が可能です。」

新たなソートリーダーシップ・コンテンツは、シティ・プライベートバンクのファミリーオフィス部門が抱える世界の1100の顧客との交流に基づいてまとめられました。

今後3カ月間にわたり、さまざまな記事や白書としてデジタル形式で提供されることになるこのコンテンツの主要なテーマは、以下の通りです:

  • 富裕層が必要とするサービスを提供できる優れたファミリーオフィスの立案
  • ファミリーオフィスの設立と運営にかかるコスト、および有効性評価
  • 理想的なファミリーオフィス・チームの確立にエグゼクティブの経験以上のものが必要である理由
  • ファミリーオフィスが最高水準の幹部人材を確保するために、金銭的なインセンティブにとどまらないことの多いオーダーメードの報酬パッケージがますます活用されるようになっている理由
  • 一族の財産が3世代以内で消失するリスクおよび縁故主義を排除することによりこのリスクを回避できる可能性
  • 一族の次世代のリーダーを育成することによって一族の財産を守り、一族内の不和に対処し、またそれを回避する方法
  • 投資リターンを追求しつつ社会に貢献したいという富裕層の願望に応えるためにエグゼクティブが知っておくべきこと
  • 一族の財産を管理するために外部のパートナーと連携することの有用性

シティ・プライベートバンクのグローバル・ファミリーオフィス・グループは、アジア、中東、欧州、米州に拠点を置くファミリーオフィス・サービスの専門家集団で、ファミリーオフィスに対してベストプラクティスに関する助言を提供するほか、シティ・プライベートバンクの投資、融資、銀行、信託、カストディ、コーポレート・アドバイザリーおよびファイナンスの各業務部門との橋渡し役を務めます。

シティ・プライベートバンクは、世界で最も急速に成長しているプライベートバンクの1つであり、富裕個人や一族のためのオーダーメードの国際的なプライベートバンキング・サービスの提供を専門としています。世界全体の運用資産残高はおよそ4600億ドルに達し、48カ所のオフィスを含む拠点を通じて世界116カ国のお客さまにサービスを提供しています。シティ・プライベートバンクは、お客さまの資産形成・維持、資産のための資金手当て、キャッシュの有効活用、財産維持を支援するとともに、客観的な助言と真のオープン・アーキテクチャの投資プラットフォームを通じて一族およびファミリービジネスのニーズに応えます。具体的には、資本市場、投資運用、ポートフォリオ運用、信託・相続計画、投資ファイナンス、銀行業務、航空機ファイナンスといった分野の商品・サービスのほか、美術やスポーツ関連の助言やファイナンス・サービスを提供しています。

シティについて

シティは、約2億の顧客口座を有し、世界の160以上の国・地域で事業を営む世界有数のグローバルな銀行です。個人向け銀行・クレジット業務、法人向け銀行業務、投資銀行業務、証券仲介、トランザクション・サービス、富裕層向け財産管理など、さまざまな金融商品・サービスを、消費者、企業、政府、各種機関向けに提供しています。

詳細については、www.citigroup.com | ツイッター:@Citi | ユーチューブ:www.youtube.com/citi | ブログ:http://blog.citigroup.com | フェイスブック:www.facebook.com/citi | リンクトイン:www.linkedin.com/company/citiをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Citi
Regional Media:
North America
Sophia Stewart, +1 212-816-7140
Global Public Affairs, Citi Private Bank Communications
sophia1.stewart@citi.com
or
Europe, the Middle East and Africa
Belinda Marks, +44 (0) 207 508 3082
Global Public Affairs, EMEA Communications
Belinda.marks@citi.com
or
Latin America
Alexandra Ravinet, +1 305-420-4292
Global Public Affairs, Latin America Communications
alexandra.ravinet@citi.com
or
Asia
Harsha Jethnani, +852 2868-7738
Global Public Affairs, Asia Pacific Communications
harsha.jethnani@citi.com
or
Richard Tesvich, +852 2868-7689
Global Public Affairs, Asia Pacific Communications
richard.tesvich@citi.com

Contacts

Citi
Regional Media:
North America
Sophia Stewart, +1 212-816-7140
Global Public Affairs, Citi Private Bank Communications
sophia1.stewart@citi.com
or
Europe, the Middle East and Africa
Belinda Marks, +44 (0) 207 508 3082
Global Public Affairs, EMEA Communications
Belinda.marks@citi.com
or
Latin America
Alexandra Ravinet, +1 305-420-4292
Global Public Affairs, Latin America Communications
alexandra.ravinet@citi.com
or
Asia
Harsha Jethnani, +852 2868-7738
Global Public Affairs, Asia Pacific Communications
harsha.jethnani@citi.com
or
Richard Tesvich, +852 2868-7689
Global Public Affairs, Asia Pacific Communications
richard.tesvich@citi.com