第4回国際学校アラビア語弁論大会でトルコのチームが優勝

Turkish team – Her Excellency Sheikha Hind bint Hamad Al Thani - Mrs. Machaille Al-Naimi (Photo: AETOSWire)

カタール・ドーハ--()--(ビジネスワイヤ) -- カタール教育・科学・地域開発財団(カタール財団)副議長兼最高経営責任者(CEO)のシェイカ・ヒンド・ビント・ハマド内親王殿下の後援と臨席の下、第4回国際学校アラビア語弁論大会が2018年4月11日に閉幕しました。このイベントは、4月7~11日にカタール・ナショナル・コンベンション・センターで行われ、アラブおよび非アラブ諸国の50カ国が参加しました。

閉会式には、シェイカ・ヒンド・ビント・ハマド内親王殿下、カタール財団地域開発担当プレジデントのMachaille Al-Naimi氏、カタールディベート・センターのエグゼクティブディレクターを務めるハヤト・マーラフィ博士のほか、多数の貴賓、カタール駐在のアラブ大使と外国大使、公式スポンサーの代表者、参加者、そして社会のあらゆる領域からの来賓が列席しました。

第4回国際学校アラビア語弁論大会の決勝戦で、トルコのチームが優勝しました。優勝チームには、トルコ共和国のレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領から優勝を讃えるお祝いの電話があり、トルコの学生が大会で発揮したスキルの高さを賞賛しました。

大会ではほかにレバノンのチームが2位に、オマーンのチームが3位に入賞しました。

ハヤト・マーラフィ博士はコメントで、カタールディベート・センターを次のように賞賛しています。「カタールディベート・センターは、教育および研修を提供する組織として、アラブ地域と世界でディベートと対話の概念を普及させています。このセンターは、文化の光、そして知的創造と文化的交流の中心であるカタールで生まれました。」

マーラフィ博士は閉会式の挨拶で、次のようにつけ加えています。「私たちは本日、愛すべきカタールにも、支援者としての栄誉を授けたいと思います。カタールは自由思想の普及に貢献し、大勢の大会参加者を迎え、皆さまのような知的なエリートを引きつけて啓発しています。」マーラフィ博士は、このようなエリートはいつまでも存続し、成長し、繁栄する財産だと指摘しています。

マーラフィ博士は挨拶を締めくくるにあたり、イベントに参加して成功を支援したすべての組織に加え、シェイカ・モーザ殿下が代表するカタール財団の幹部に、そしてイベントの主催と閉会式への出席に対してシェイカ・ヒンド・ビント・ハマド内親王殿下に、カタールディベート・センターへの信頼に対してカタール財団地域開発担当プレジデントのMachaille Al-Naimi夫人に、感謝を伝えました。

またマーラフィ博士は、大会のスポンサーであるカタール・プライマリー・マテリアルズ・カンパニー、国際メディア・パートナーのアルジャジーラ・メディア・ネットワーク、公式エアライン・パートナーのカタール航空にも感謝の意を表しました。

その一方でMohammed al Lakhn al Marri氏は、次のように述べました。「この大会は知性を高め、さまざまな視点を引き合わせ、内容を端的に伝える場となりました。私たちは、意見の相違があふれるこの時代に、ディベート術を広める決意と献身を再確認すべく毎年参集し、ディベートをより容認できる魅力的なものにすることを目指しています。」

*配信元:AETOSWire

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

QatarDebate Center
Khalid Khamis Al Ibrahim, 0097444542844
Communications Specialist
kibrahim@qf.org.qa

Contacts

QatarDebate Center
Khalid Khamis Al Ibrahim, 0097444542844
Communications Specialist
kibrahim@qf.org.qa