アーサー・D・リトル、フューチャー・オブ・モビリティ第3版とアーバンモビリティインデックスで世界100都市のモビリティシステムを評価

ブリュッセル--()--アーサー・D・リトルは本日、都市におけるモビリティシステムの成熟度、イノベーション、パフォーマンスに基づいて、世界100都市をランク付けしたアーバンモビリティインデックスの最新バージョンを含む、「フューチャー・オブ・モビリティ」第3版を発表しました。また、「モビリティ3.0の未来 - 混乱と創造の時代におけるモビリティの再活性化」を台北・UITPアジア太平洋フォーラムで開催しました。

アーバンモビリティインデックス(Urban Mobility Index)によると、分析対象都市の大部分は、モビリティにおける課題に対処するための改善の余地がまだあるとされており、100ポイント満点で平均42.3ポイントとなりました。シンガポール(59.3ポイント)が世界をリードしており、次いでストックホルム(57.1ポイント)、アムステルダム(56.7ポイント)、コペンハーゲン(54.6ポイント)、香港(54.2ポイント)が続き、50ポイント以上の都市は10都市のみで、うち、ヨーロッパとアジアの都市が8都市を占めました。

「モビリティシステムの改革は今日、世界が直面している重要な課題の1つです。」とアーサー・D・リトルのパートナーであり、フューチャーオブモビリティラボ所長でもあるフランソワ・ジョゼフ・ヴァン・オーデンホーブ(François-Joseph Van Audenhove)は言及しています。「短期的に競争力を維持し、長期的には関連性を維持するため、モビリティソリューションプロバイダは新しいトレンドを予測し、製品を革新し、差別化する必要があります。これを達成するためには、拡張されたエコシステムに参加し、変革の旅に出るべきです。」

アーサー・D・リトルは、パートナーである国際公共交通連合(UITP)の支援を得て、拡張されたモビリティエコシステムにおいて、短期的に競争力を維持し、長期的に関連性を維持したいとする場合、ビジョンと戦略を定義する際にモビリティソリューションプロバイダーが考慮すべき12の戦略的原則を設定しました。

モハメド・メズハニ(Mohamed Mezghani.)UITP事務局長は、「公共交通機関が成長拡大し、新たな機会がもたらされている今日はまた、デジタル経済による新しい主体や技術の登場により課題ももたらされています。」と発言しています。アーサー・D・リトルのフューチャー・オブ・モビリティ3.0は、これらの課題に取り組むセクターを支援するための有益な参考を提供します。

本研究のコピーはwww.adl.com/futuremobilitylabからダウンロードできます。

Contacts

Sue Glanville/Cate Bonthuys
+ 447715817589 / + 447746546773
Sue@catalystcomms.co.uk / cate@catalystcomms.co.uk

Contacts

Sue Glanville/Cate Bonthuys
+ 447715817589 / + 447746546773
Sue@catalystcomms.co.uk / cate@catalystcomms.co.uk