シリン・ラボが初のブロックチェーンスマートフォン「フィニー」の製造でFIHモバイル(富士康国際控股有限公司)を選定

スイス・シャフハウゼン--()--(ビジネスワイヤ) -- シリン・ラボhttps://sirinlabs.com/)とFIHモバイル(富智康集団)は、世界初のブロックチェーンベースのスマートフォンとなるフィニー(FINNEY™)の設計および製造について発表します。

シリン・ラボは2017年12月、史上4番目の規模のクラウドセールを実施し、スマートフォンや一体型PCを含むことになるフィニー・ファミリーのコンシューマーデバイスの開発用に1億5780万ドルを調達しました。

フィニー・デバイスは最先端の超セキュアなコールドストレージ仮想通貨ウオレットが組み込まれており、これによりトークンのスムーズな自動変換が可能となり、種々の分散型アプリケーションに使用できます。交換の過程で異なる種類のトークンを取得するという煩わしさがなく、複雑なユーザー体験という問題を解決します。

今回の合意により、FIHモバイルは本スマートフォンの相手先ブランド設計製造を主導し、シリン・ラボはコールドストレージウオレットのハードウエアとSIRIN OS™の開発を主導します。

共同開発の後で、FIHモバイルはフィニー・デバイスを自社施設で製造していくことになります。

シリン・ラボのモシェ・ホゲグ共同最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「世界初のブロックチェーンベースのスマートフォンを市場投入するには、市場で最高の企業と提携することが必須となります。FIHモバイルはスマートフォン製造の定番企業であり、まさに当社にとって疑う余地もなくふさわしいパートナーです。」

シリン・ラボについて
シリン・ラボは超セキュアな携帯電話ソラリン(SOLARIN™)の開発元であり、現在では初のオープンソースのブロックチェーンスマートフォン/一体型PCとなるフィニー(FINNEY™)を開発中です。新技術の最前線で活躍して最も尊敬されている企業の一部からの多大な投資で支援されている当社の理念は、大衆市場とブロックチェーン経済のギャップを埋めることです。そのために使いやすく無償の超セキュアな規格を生み出して、現在のブロックチェーンの泣き所であるセキュリティーと貧弱なユーザー体験を解決します。詳細情報についてはsirinlabs.comをご覧ください。テレグラム(https://t.me/sirinlabs)で当社をフォローしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Company Media Contact:
Alona Stein
Blonde 2.0 for SIRIN LABS
alona@blonde20.com

Contacts

Company Media Contact:
Alona Stein
Blonde 2.0 for SIRIN LABS
alona@blonde20.com