東芝: 記憶容量2TBを実現した2.5型クライアント向けHDDの出荷開始について

東芝: 記憶容量2TBを実現した2.5型クライアント向けHDD「MQ04ABD200」 (写真:ビジネスワイヤ)

東京--()--(ビジネスワイヤ) -- 東芝デバイス&ストレージ株式会社は、ノートPC、デスクトップPCなどの大容量で小型のストレージを必要とする機器向けの2.5型HDDとして、記憶容量2TB[注1] を実現したHDD「MQ04ABD200」をラインアップに追加し、本日から順次出荷します。

ノートPCをはじめとするクライアント向けHDDの市場では、高解像・高画質データの記録、動画を作成・編集するなど、より高性能で大容量のストレージが求められています。

新製品の「MQ04ABD200」は、従来品の1TB「MQ01ABD100」に比べ、ディスクの磁気記録層とヘッドの機能向上により記録の高密度化を図ることで記憶容量は2倍の2TB、転送速度は34%向上、電力消費効率[注2]は50%向上しました。これらの大容量化と高性能化により、ノートPC等の製品の性能改善に貢献します。

東芝グループでは、HDDを注力製品の一つとして位置付けており、モバイル向けからデータセンター向けまで信頼性の高い製品を幅広く展開することで、顧客ニーズに応えていきます。

[注1] 記憶容量: 1TB(1テラバイト)=1,000,000,000,000(10の12乗)バイトによる算出値です。1TB=1,099,511,627,776 (2の40乗)バイトによる算出値をドライブ容量として用いるコンピューターオペレーティングシステムでは、記載よりも少ない容量がドライブ容量として表示されます。ドライブ容量は、ファイルサイズ、フォーマット、セッティング、ソフトウェア、オペレーティングシステムおよびその他の要因で変わります。
[注2] 電力消費効率ローパワーアイドル時の消費電力を記憶容量で除した値。

*本資料に掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

*本資料に記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

新製品のさらに詳しい仕様については下記ページをご覧ください。
https://toshiba.semicon-storage.com/jp/product/storage-products/client-hdd/mq04abfxxx.html

東芝HDDラインアップについては下記ページをご覧ください。
https://toshiba.semicon-storage.com/jp/product/storage-products.html

お客様からの製品に関するお問い合わせ先:
ストレージプロダクツ事業部
Tel: 0570-005199
https://toshiba.semicon-storage.com/jp/contact.html

Contacts

報道関係の本資料に関するお問い合わせ先:
東芝デバイス&ストレージ株式会社
デジタルマーケティング部
長沢千秋
Tel: 03-3457-4963
e-mail: semicon-NR-mailbox@ml.toshiba.co.jp

Contacts

報道関係の本資料に関するお問い合わせ先:
東芝デバイス&ストレージ株式会社
デジタルマーケティング部
長沢千秋
Tel: 03-3457-4963
e-mail: semicon-NR-mailbox@ml.toshiba.co.jp