ULLINKがLiquidMetrixとの提携によりMiFID II最良執行報告を実現

Ullinkのポストトレード・データ管理ハブのUL PUBLISHERを活用したソリューションの運用を開始

パリ--()--(ビジネスワイヤ) -- 金融業界向け電子取引・接続ソリューションを提供するグローバル企業のULLINK(ユーエルリンク)は、LiquidMetrixとの提携強化により、欧州の複数のセルサイドのお客さま向けにMiFID IIに準拠した最良執行報告を提供します。「UL PUBLISHER for Best Execution」と名付けられたこのソリューションは、ULLINKの完全に自動化されたポストトレード・データ管理ハブと、MiFID II最良執行報告のためのLiquidMetrix Workstationとの連携により運用されます。

MiFID II の規制技術基準(RTS)28では、セルサイドの機関と民間銀行が顧客および規制当局のために最良の執行報告を作成するための規則が定められています。各社は、自社の注文管理システム(OMS)から関連データを抽出し、派生・子注文を含め各顧客の注文の完全な履歴を再構築しなければなりません。ULLINKのソリューションは、ULLINKのハイタッチおよびロータッチOMSを含め、複数のフロントオフィス・システムからデータを収集、正規化、拡充するUL PUBLISHERの機能を活用しています。

「UL PUBLISHER for Best Execution」は、取引コスト分析(TCA)とULLINKの長期的な提携企業であるLiquidMetrixの最良執行サービスへの接続を提供します。すでにULLINKは、ULLINKのNYFIXコミュニティーの参加者向けのバイサイドのNYFIX TCAソリューションにおいてLiquidMetrixのサービスを活用しています。LiquidMetrixのゼネラルマネジャーを務めるマーク・フォードは、次のように述べています。「ソリューションの性能を判断する重要な要素のひとつは、ULLINKとの提携によりもたらされる統合の度合いと基本システムの関連データへのアクセスで、これにより私たちが提供するサービスの価値が高まることになります。」

ポルザンパルクの株式資本市場担当マネジングディレクターのビンセント・レサンは、次のように述べています。「セルサイドの企業にとって、統合されたソリューションは顧客の厳密なニーズや状況に対応できる柔軟なサービスを可能にします。」

DZ PRIVATBANKの総合執行サービス責任者のフランク・テュファースは、次のように述べています。「最良執行サービスを実現するために当行のULLINKとの接続性と取引インフラを迅速かつサービスを中断せずに強化することで、ULLINKとの長期的な提携関係の真価が著しく高まります。」

すでに、アラントラ・エクイティーズ、DZ PRIVATBANK、ポルザンパルク、ウニクレディトなどが「UL PUBLISHER for Best Execution」を使用しています。また、数多くの顧客が取引報告、取引監視、注文記録など、他の用途でUL PUBLISHERを活用しています。

ULLINKの最高商品責任者のリチャード・ベントレーは、次のように述べています。「MiFID IIの分析の初期段階において、私たちは集中管理とポストトレード・データの正規化が不可欠であると判断し、そのための専用の商品の開発を決定しました。データプロバイダーおよびLiquidMetrixなどのお客さまとUL PUBLISHERとの統合を容易にすることにより、お客さまにこうしたアプローチがいかに有効であるかを理解していただいています。」

-以上-

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

ULLINK
Mireille Adebiyi
Marketing & Communications Director
tel.: +33 1 49 95 30 00
mireille.adebiyi@ullink.com

Contacts

ULLINK
Mireille Adebiyi
Marketing & Communications Director
tel.: +33 1 49 95 30 00
mireille.adebiyi@ullink.com