サクラホテルが外国人旅行者をもてなすために多文化対応型のサクラホテル日暮里をオープン

東京--()--(ビジネスワイヤ) -- 東京都新宿区に本社を置くサクラホテルが、東京都文京区の下町情緒あふれる谷中銀座の近くに、サクラホテル&ホステル・チェーンの5件目のホテルとなるサクラホテル日暮里を昨年オープンしました。5つのホテルはすべて年中無休24時間営業で、ゲストの85パーセントが外国からのお客さまであることから、多言語対応のスタッフが配置されています。

サクラホテルのスタッフは、他の施設ではあまりみられない高水準のサービスを提供します。すべてのスタッフが、ゲストからのあらゆるリクエストに応えることができるように研修を受けています。多くのホテルでは、明確な責任分担が行われています。一般的なホテルでは、例えばゲストが客室清掃係にお薦めのラーメン屋さんを尋ねた場合、たとえその客室係りがどこかお薦めのお店を知っていたとしても、ゲストは丁寧にコンシェルジュに案内されるでしょう。しかしサクラホテルでは、担当に関係なくすべてのスタッフが即座にゲストの疑問に答えることができます。

5つのサクラホテルは、サービスの質や国際色豊かな雰囲気という点で違いはありませんが、サクラホテル日暮里はいくつかの特徴を備えています。5階建てのホテルの建物は、以前は看護師寮でした。このため、部屋は畳の和室で、多くの旅館に見られる旅行者向けの装飾的な部屋ではなく、普通の住居のようなアパートタイプの部屋となっています。

サクラホテル日暮里の収容人数は300人です。オープンから6カ月間で100人を超える団体を2組受け入れており、お客さまの大半が70~80人の団体です。

また、サクラホテルには24時間営業のカフェが併設されており、ゲストは夜遅くや早朝に到着しても、わざわざ外出せずに国際色豊かな料理を楽しむことができます。

さらに、自国の名物料理のレシピを残してくれたり、スタッフに作り方を実際に教えてくれるゲストも多く、カフェの新しいメニューのヒントとして生かされています。また、世界のビールが豊富に用意されています。

サクラホテルの詳細については、https://www.sakura-hotel.co.jpまたはhttps://www.japantimes.co.jp/2018/02/02/special-supplements/hotel-welcomes-foreign-travelers-multicultural-offerings/#.WnQHBUxuKL8をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Sakura Hotel Co.
Masayo Namiki, +81-3-53304566
masayo@sakura-house.com

Contacts

Sakura Hotel Co.
Masayo Namiki, +81-3-53304566
masayo@sakura-house.com