マベニールがアーガイル・データを取得し、機械学習セキュリティースイートを強化

ビッグデータ解析と高度機械学習のプラットフォームがモバイルデバイスとIoTから得られる知見を高度化して保護を強化

米テキサス州リチャードソン--()--(ビジネスワイヤ) -- 通信サービスプロバイダー(CSP)のためのモバイルネットワーク経済の変革に傾注しているマベニールは本日、モバイルサービスプロバイダー/IoTネットワーク向けの異常検出と予測分析をリアルタイムで提供する初のビッグデータ/機械学習セキュリティープラットフォームとなるアーガイル・データを買収したと発表しました。その教師あり/教師なし機械学習アルゴリズムは最も厳しい条件のモバイル環境向けに設計されており、詳細で優れたネットワークトラフィック情報の取得と、モバイル音声/データプレーン上の包括的な不正行為の検出を可能にします。

機械学習解析は以前にも増して、モバイル通信事業者のネットワークの効率と収益性を向上させる重要ツールと見なされるようになっています1。5G技術の導入と、通信のための新しいパターンやアプリケーション、デバイスの拡大に伴い、新たな脆弱性が露呈しています。

ネットワーク接続されるIoTデバイスの数が増えるにつれて脅威ベクトルが広がるため、ハッキングの危険にさらされるデバイスが増え、個人データにアクセスされる危険にさらされたり不正行為の被害に遭ったりするユーザーが増えます2。2017年に世界中で270億台近くであったモノのインターネット(IOT)デバイスの接続件数は、2030年には1250億台に急増することになります3

ルールベースのバッチ処理システムでは不十分です。今日のCSPは教師あり機械学習および教師なし機械学習を使用して、不正行為、逆鞘、鞘取り行為にリアルタイムに対抗するための最新の拡張可能な手法を必要としています。適応型ビッグデータ解析という手法は、ワイヤレスネットワーク上の構造化データや非構造化データの量・速度・種類を管理する場合に理想的です。

アーガイル・データの技術は、機械学習解析により、毎秒テラバイトのさまざまなデータストリームとプロトコルをリアルタイムに解析できます。こうした解析により、事業者は詳細データに基づいて、不正行為を低減し、差別化サービスを提供することができます。

マベニールの社長兼最高経営責任者(CEO)を務めるパーディープ・コーリは、次のように述べています。「携帯電話やタブレットのようなモバイル機器とは異なり、IoTではセキュリティーが開発の最優先事項ではなかったため、内蔵の保護機能がほとんどされていないか皆無であるにもかかわらず、モバイルネットワークに接続されています。アーガイルのチームとプラットフォームが加わることで、5G、セキュリティー、シグナリング機械学習の分野における当社の既存スイートが強化され、モバイルネットワーク事業者とその加入者に次世代の収益保護機能を提供できます。」

「人工知能システムを実現するために構築された機械学習アルゴリズムだけが、これらの増え続けるデバイスに対応して、モバイルネットワークのゼロデイ脆弱性を検出することで、増大する金融リスクを防ぎます。」

マベニールのクラウドネイティブなセキュリティースイートには、メッセージングのスパムと不正行為に対する制御機能、機器識別登録簿(EIR)、シグナリングファイアウオール、セッションボーダーコントローラー(vSBC)、モバイルエッジゲートウェイが含まれ、事業者がネットワークセキュリティーを把握・監視・執行・維持できるようにします。このセキュリティスイートは、最先端を行くCSPが実現しているすべての通信サービスを含むコアモバイルネットワークに対する保護機能を完全に網羅しています。

マベニールについて:

マベニールは通信サービスプロバイダー(CSP)のためのモバイルネットワーク経済のあり方を変革することに専心しています。当社のソリューションは 100%ソフトウエアベースのエンドツーエンドのクラウドネイティブネットワークソリューションによって5Gへの道を開きます。マベニールはVoLTE、 VoWiFi、高度メッセージング(RCS)、マルチID、vEPC、クラウドRANにおいて他社に先駆けて達成した業界有数の成果を活用しながら、 130カ国以上のCSP顧客250社以上を対象にネットワーク変革を推進しており、世界の加入者の50%以上に貢献しています。

当社は俊敏性・柔軟性・迅速性を促進するための破壊的で革新的な技術アーキテクチャーとビジネスモデルを取り入れています。NFVの発展を促進してウェブ スケールの経済を達成するソリューションにより、マベニールは収益確保・経費削減・収益保護のソリューションをCSPに提供します。Mavenir.com

Mavenir、Mロゴ、CloudRangeはマベニール・システムズが所有する商標です。

Copyright © 2017 Mavenir Systems, Inc. All Rights Reserved.

1マッキンゼー・アンド・カンパニー

2 BIC report

3 IHSMarkit

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Media:
Mavenir
Maryvonne Tubb
pr@mavenir.com
or
Loren Guertin
mavenir@matternow.com
or
Hannah Locke
mavenir@hotwirePR.com

Contacts

Media:
Mavenir
Maryvonne Tubb
pr@mavenir.com
or
Loren Guertin
mavenir@matternow.com
or
Hannah Locke
mavenir@hotwirePR.com