エアバス系列のA³が開発した自動操縦の電動垂直離着陸機「バハナ」が実物大の機体による初の試験飛行に成功

バハナの開発から2年で都市型航空機の進歩が大きな節目を迎える

Vahana, the all electric, self-piloted aircraft from A³ by Airbus, today announced the successful completion of its first full-scale flight test. (Photo: Business Wire)

米オレゴン州ペンドルトン--()--(ビジネスワイヤ) -- エアバス系列組織のA³(エイ・キューブド)が開発した電動式の無人操縦垂直離着陸機バハナは本日、実物大の機体による初めての試験飛行に成功したことが発表されました。試験飛行でバハナは地上5mに到達し、安全に着陸しました。試験飛行は2018年1月31日にオレゴン州ペンドルトンにあるペンドルトンUAS試験場で行われ、太平洋時間午前8時52分に終了しました。53秒間に及ぶ初めての飛行は完全に自動操縦で、同機は翌日に2回目の飛行を終えました。

バハナのプロジェクト・エグゼクティブのザック・ラバリングは、次のように述べています。「本日、私たちは航空宇宙のイノベーションにおいて偉業を達成しました。ナプキンに描いたコンセプトスケッチから2年足らずで、バハナは実物大の自動操縦航空機へと進化し、初飛行を成功させました。私たちのチームはA³とエアバスのファミリー企業、MTSIやペンドルトンUAS試験場などのパートナーから受けたサポートに、心から感謝しています。」

バハナは、エアバスのシリコンバレーの組織であるによる開発プロジェクトです。A³は比類ない才能やアイデアとの出会いをもたらし、新しい提携の機会を発掘し、スピーディーな実現を可能にしています。バハナの目標は、電気推進、エネルギー貯蔵、マシンビジョンにおける最新技術の活用により個人向けフライトを一般に利用できるようにし、拡大し続ける都市交通のニーズに応えることです。

A³の最高経営責任者(CEO)で以前バハナのプロジェクト・エグゼクティブを務めていたRodin Lyasoffは、次のように述べています。「バハナの初飛行は、エアバスの代名詞である品質と安全において妥協することなく、意欲的なアイデアを迅速に遂行するエアバス独自の能力を示すものです。A³は、厳しいプロジェクト・スケジュールで有意義なイノベーションを実現できる能力を立証したことになり、エアバスに競争優位をもたらす力を示しました。今は精力的なバハナ・チームの成果を称えつつ、この偉業の勢いに乗って進んでいきます。」

バハナは無人で飛行する自動操縦能力を活用しています。ホバー飛行の成功を受け、チームは遷移飛行と前進飛行を含む、さらなる試験に取り組みます。

詳細については、こちらのリンクをご覧ください:vahana.aero

画像については、こちらをご利用ください:https://www.airbus-sv.com/media

エアバスのA³について

2015年5月に設立されたA³(エイ・キューブド)は、シリコンバレーにあるエアバスの先進的なプロジェクト組織です。A³は、スピード、透明性、献身という3つの特質を中心にプロジェクトに取り組み、製品化が可能なデモンストレーション機や説得力のあるサイズのデモンストレーション機の制作に注力しています。詳細については、www.airbus-sv.comをご覧ください。またソーシャルメディアのツイッターリンクトインでA³をフォローしてください。

プロジェクト・バハナについて

プロジェクト・バハナは自動操縦の電動垂直離着陸機の飛行を進歩させることに注力する機体プロジェクトです。シリコンバレーにあるエアバスの先進的プロジェクト組織であるA³(エイ・キューブド)により開発されました。詳細については、こちらのリンク(vahana.aero)をご覧になるか、またはツイッターでフォローしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

A³ by Airbus
Pilar Wolfsteller, +1-650-441-0513
press@airbus-sv.com

Contacts

A³ by Airbus
Pilar Wolfsteller, +1-650-441-0513
press@airbus-sv.com